アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)

  • 270人登録
  • 3.59評価
    • (12)
    • (31)
    • (36)
    • (2)
    • (2)
  • 35レビュー
著者 : 野中郁次郎
  • 中央公論社 (1995年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012722

アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旧日本軍は思考のシステムにおいて、米軍に勝ることができなかった。
    組織の存在価値を常に問い続けることが、私たちにできるのだろうか。
    コア・スキルの共有という概念を初めて知る。

  • 失敗の本質の野中さんの本ということでアマゾンに薦められて購入。組織論自体は公共組織なので営利組織にはそのまま転用できないのかもしれないと思ったが、勉強になる。こんどはSEALの本を読んで比較してみたい。

  • 「蒙がを開かれる」とはこのことだ。道に迷っている場合ではない。本書は著者の代表作『失敗の本質』と対で読まれなければならない。日本軍の「失敗の本質」はマニュアル君がそこかしこに跋扈したせい。一方、海兵隊が時代の荒波に揉まれながらも前線に立ち続ける理由は「無頼漢」気風を持ち続けているからだ。両者の大きなちがいは「官僚化するか否か」である。官僚機構は平時に発達する。日本軍は誕生も遅く「日清日露」以来、存亡の危機に立たされることがなかったので、形式主義や前例主義に頼ることになり、臨機応変に対処する考えを失ってしまった。かたや海兵隊はつねに「そもそも必要なのか」と疑義を挟まれ続ける組織だったために、存在意識を先鋭化させざるをえなかった。「生存の危機」こそが発明の母。『ピーターの法則』で言及される「無能状態に陥らないためには過剰適応しないことだ」というテーゼをそのまま地でいっている。そして、忘れてはならないのは、システム上の問題だけでなく気概の面でも、日本軍は海兵隊に太平洋で完敗していた点だ。タラワや硫黄島での日本軍を忘れてはならないが、海兵隊は勝つことに執着しており、あらゆる方法を駆使することを厭わなかった。やっぱり前のめりでいかないと。うまく思いをかたちにできないので再読します。

  • 常に自らを再定義することの出来る組織

  • 組織の存在意義、革新、機能を問う。
    細部に宿る本質の探究がすごい。

    ・陸海空軍との一線を画する存在、仕組み

    ◯組織が過剰適応に陥らず絶えず革新への挑戦を行なっていくためには、組織が基本的なものの見方、認知枠組み、思考前提を日常的に創り変えるプロセスを制度化していることが重要。
    ◯海兵隊司令官が推薦図書を公表し、隊員全員に議論のきっかけを提供する伝統
    ◯海兵隊将校向け月刊誌で自由投稿の紙面を中心に構成、毎号10前後の論文が、軍事理論、戦略、戦術、戦闘技能などを論じながら、海兵隊のあり方をさまざまな視点から絶えず見直している。

    1.「存在理由」への問いかけと生存領域の進化
    環境、使命、技術、組織からドメインを見出す。時間軸の変遷。

    2.独自能力-「有機的集中」を可能にする機能配置
    ミッションないしコンセプトを具現化する能力
    組織の持っている資源(ヒト、モノ、カネ、知識、情報)を機能として、この資源配分のデザイン

    3.「分化」と「統合」の極大化の組織
    論理的に不可能な同時達成について、時と場所によって、組織のリーダーが力関係の強い方を選び推進する。

    4.中核技能の学習と共有
    例 ブーツ・キャンプ

    5.人間=機械系によるインテリジェンス・システム
    敵、競合の情報

    6.存在価値の体化
    全人的コミットメントを引き出すもの

  • 海兵隊の歴史を知り、The Pacificを見ると理解が一層深まる。

  • 組織の生き残りのために的確に状況を認識し、変えていくというのは、いろんなものに当てはまると思う。

    先輩に薦められて読んだけど、いい本だった。

  • 新書文庫

  • 石黒経済産業審議官(当時)から勧められた本。アメリカ海兵隊の成り立ちや、レゾンデートルを問われ続けたが故に、水陸両用作戦等の柔軟な戦術や実行力を兼ね備えた最強組織に進化することができたことなど興味深い。経済産業省の在り方を考える上でも非常に参考になる。

  • 自ら「楽な仕事は陸海がやればいい」と歌い、地獄の黙示録で知られる苛烈なキャンプをくぐった選ばれしメンバーで構成されるアメリカ海兵隊を知る一冊。

    セルフリニューイングオーガナイゼイションし自称する組織の中の個に、一番求められるのは「本物の矜持」ではないだろうか。

全35件中 1 - 10件を表示

野中郁次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ジェームス W....
野中 郁次郎
ルイス・V・ガー...
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)の作品紹介

1775年に英国を模して創設されたアメリカ合衆国海兵隊は、独立戦争以来、2度の世界大戦、朝鮮・ベトナム・湾岸戦争などで重要な任務を遂行し、遂にはアメリカの国家意志を示威するエリート集団へと成長した。はじめは海軍内でとるに足りなかったならず者たちが自らの存立を懸けて新たな戦術を考案し、組織の自己革新をなしとげたのである。本書は、その戦績をたどりながら、「最強組織」とは何なのかを分析する試みである。

ツイートする