旅行ノススメ―昭和が生んだ庶民の「新文化」 (中公新書)

  • 36人登録
  • 4.13評価
    • (4)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 白幡洋三郎
  • 中央公論社 (1996年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013057

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

旅行ノススメ―昭和が生んだ庶民の「新文化」 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 私たちは意識せずとも旅と旅行を使い分けている。

    日本の観光業の歴史は興味深き。開国し、世界に日本をアピールするため当初の観光は外交的側面が強かったという。自分の興味ある外国人誘致がこんなに昔から行われていたのは驚いた。ターゲットは賓客なので異なるが。
    これが昭和に入りビジネスとして発展していく。

  • 本書のまえがきは非常に印象的である。ベルリンの壁と旅行の自由化の関係を例に挙げており、著者の言葉を引用すると「旅行のもつきわめてちっぽけな印象と、その重大な影響力とのあいだの落差を、鋭く指摘」している。個人的に旅行というものにはあまり重苦しい雰囲気を感じたことがなかった。だが最近旅行や観光をキーワードにメディアを見ていると、スイスの自殺ツーリズムのように議論を呼ぶような旅行の形が存在することに気が付くようになった。本書で挙げられている戦争ツアーも例に漏れない。旅行の秘めた社会
    的威力を常に考慮に入れながら、明治以降の旅行・旅の変遷を知ることができ、深みをもってその流れを知ることが出来たと思う。

  • [ 内容 ]
    庶民のための旅行が出現したのは昭和に入ってからのこと。
    交通機関の発達、国立公園の誕生と併行して普及し、新婚旅行、修学旅行も盛んになる。
    戦争による中断ののち、戦後間もなく復活、今や海外旅行者数は1500万を突破。
    個人的楽しみである旅行を角度をかえて眺めると、社会、歴史、世界を変える大きな力を有している。
    「旅行ノススメ」は新たな「教養ノススメ」でもあり、新しい時代の生き方の宣言として旅行を捉え直す。

    [ 目次 ]
    第1章 旅から旅行へ―旅行業成長史
    第2章 ディスカバー・ジャパンの系譜―国内旅行隆盛の背景
    第3章 不幸な旅行の時代
    第4章 国民的行事「修学旅行」
    第5章 新婚旅行の文明論
    第6章 団体旅行―日本人の旅行特性
    第7章 海外旅行―エリート体験から庶民体験へ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • お伊勢参りくらいしか想像してなかったが、修学旅行が日本にしかないとは知らなかった…ホントに日本人は旅行が好きなんだな…http://bit.ly/cbU87I

  • 旅と旅行は何が違うのか.今では,川と河川,道と道路,などなど,役立っています.白幡先生の好奇心旺盛な楽しい筆致が大好き.呼んで楽しくためになる一冊.

全7件中 1 - 7件を表示

旅行ノススメ―昭和が生んだ庶民の「新文化」 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

旅行ノススメ―昭和が生んだ庶民の「新文化」 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旅行ノススメ―昭和が生んだ庶民の「新文化」 (中公新書)はこんな本です

ツイートする