からだの中の夜と昼―時間生物学による新しい昼夜観 (中公新書)

  • 28人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 千葉喜彦
  • 中央公論社 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013156

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

からだの中の夜と昼―時間生物学による新しい昼夜観 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]
    第1章 定年になってわかったこと
    第2章 夜
    第3章 白夜時代
    第4章 生物の自転
    第5章 生物時計の性質
    第6章 薄明と薄暮
    第7章 夜行性と昼行性の進化
    第8章 人の時計
    第9章 昼寝
    第10章 リズム変調―正常と異常のあいだ
    第11章 生物時計の実体

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

からだの中の夜と昼―時間生物学による新しい昼夜観 (中公新書)はこんな本です

からだの中の夜と昼―時間生物学による新しい昼夜観 (中公新書)の単行本

ツイートする