日本の都市は海からつくられた―海辺聖標の考察 (中公新書)

  • 22人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 上田篤
  • 中央公論社 (1996年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013194

日本の都市は海からつくられた―海辺聖標の考察 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 各章ごとに、
    「ほぉ」とうなってしまうようなことが登場する。
    新しさというよりは当たり前で見過ごしていることにめを向けさせてくれるといった感覚。
    日本とは、日本人とは、日本人の自然観とは
    そういうことをずっと昔までさかのぼって語る。


    時にその理論の危うさを感じないでもないが、
    最後まで読者をひきつけ続けるというのは
    なかなか容易なことではない。
    日本人であることが嬉しいとおもう私は、
    著者の観点が好きだ

  • 中学受験の「読んでおけ」リストに入っていたなァ。結局そのときは読まなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

日本の都市は海からつくられた―海辺聖標の考察 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の都市は海からつくられた―海辺聖標の考察 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の都市は海からつくられた―海辺聖標の考察 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の都市は海からつくられた―海辺聖標の考察 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の都市は海からつくられた―海辺聖標の考察 (中公新書)はこんな本です

ツイートする