ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)

  • 31人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 本村凌二
  • 中央公論社 (1996年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013224

ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • (2003.01.21読了)(2002.02.01購入)
    落書きに刻むローマ人の素顔
    (「BOOK」データベースより)amazon
    七九年、ヴェスヴィオ山の大噴火によって火山灰の下に埋もれたポンペイの市街地には、競技場の塀、民家の壁など至る所に落書きが描かれている。文字を学び、記した人々は何を伝えようとしたのか。落書きの分析・解読を通じて、選挙運動に奔走する人、剣闘士の闘いに熱中する人、酒場で戯れる人など、様々な生活風景が姿を現す。ローマ帝国の下で繁栄をきわめたポンペイの実像に迫り、その社会と文化を言葉と文字の視点から捉える。

  • 紀元79年8月24日朝、突然のヴェスビオ火山の爆発により、地中に埋もれたポンペイには数多くの落書きが残っているというが、その落書きを読むことによって当時の文化風俗を探る。政治家、剣闘士、売春婦、そして文字を学ぶ子供たちの世界。俗っぽい落書きの数々がイタリア文字で書かれると格調高く見えていたのが不思議です。やはり人間の本質は変わらないと改めて思うと同時に、2000年前が昨日のように蘇ってくることに大きな新鮮な驚きを感じます。なお、噴火に先立ち紀元62年2月5日に大地震が襲い、大きな被害があったとのことですが、その後17年を経て滅亡がある日突然襲ってくるということもドラマティックな伏線ですね。

  • 一夜にして火砕流に覆われ都市が滅んでしまった。現代の人からすると、おかげで、古代都市が先程まで息をしていた当時のまま現存するため、ありがたい。落書きから様々な仮説を立てて想像する文章。このため当時の生き生きとした生活が頭に描き出されてくる。

    現代も古代も関心ごとに共通点を発見できる点に何か安堵できる。

    現地を訪れる前に読んでおくと、良いと思いました。

  • ポンペイがあっという間に滅亡したおかげで残った壁の文字(選挙あり広告あり落書きあり)からみる古代の人たち。

    識字率や公職のありかたも興味深いんだけど、なんといっても庶民の落書きが面白い。
    「リア充爆発しろ」的なものや中高生カップルが観覧車に書く「ずーっといっしょv」的なものや「忘れないで」「こっちを見て」「あいつなんかクソ」みたいなものまで、なにこの2ch状態。
    喧嘩しているようなものまである。落書きで喧嘩ってどういう状況だ。

    公的な選挙用や闘技大会の広告に使われる略字がイニシャルにとどまらず「wktk」並みのすさまじさだったり、「○○が××へごきげんよう」という挨拶がたくさんあったりするのが可愛い。

    ポンペイの印象が「完璧な形で出土した石の遺跡」から「かつて人の住んでいた場所」に変わった。人自体はそう変わらないんだな。

  • ポンペイ遺跡に刻まれてる「落書き」についての本。なかなかの名言ぞろいでおもしろい。

  • ポンペイで見つかった落書き(グラフィティ)から当時のポンペイ社会を考察した著作。歴史におけるリテラシー(識字率・文字の果たす役割など)の視点を考えさせる。

  • 恋愛に関する落書きが一番面白かった。
    もっと色々な落書きを見てみたい。

全7件中 1 - 7件を表示

ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)に関連する談話室の質問

ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)の作品紹介

七九年、ヴェスヴィオ山の大噴火によって火山灰の下に埋もれたポンペイの市街地には、競技場の塀、民家の壁など至る所に落書きが描かれている。文字を学び、記した人々は何を伝えようとしたのか。落書きの分析・解読を通じて、選挙運動に奔走する人、剣闘士の闘いに熱中する人、酒場で戯れる人など、様々な生活風景が姿を現す。ローマ帝国の下で繁栄をきわめたポンペイの実像に迫り、その社会と文化を言葉と文字の視点から捉える。

ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)はこんな本です

ツイートする