楊貴妃―大唐帝国の栄華と暗転 (中公新書)

  • 14人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 村山吉広
  • 中央公論社 (1997年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013484

楊貴妃―大唐帝国の栄華と暗転 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 楊貴妃についての史実と、伝説にどのようなものがあるか一覧することができてよかった。
    特に日本で生まれた、楊貴妃が熱田明神の化身だったという伝説には興味を惹かれた。
    現在は知られていないこの伝説が、江戸時代にはかなり知られていたというのも面白い。

    最後の章、「補遺」「余聞」なので、細かい話が列挙され、多少まとまりを欠くのはしかたがないものの…
    楊貴妃の図像について述べられているところについては、写真があると嬉しかったな。
    著作権の関係で難しいのかな、とは思うけど。

全1件中 1 - 1件を表示

楊貴妃―大唐帝国の栄華と暗転 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

楊貴妃―大唐帝国の栄華と暗転 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

楊貴妃―大唐帝国の栄華と暗転 (中公新書)の作品紹介

クレオパトラか楊貴妃か。世界の歴史上にかがやく絶世の美女の実像を求め、その残像をさぐる。大唐帝国をつくりあげた唐朝の栄華、大都長安にくりひろげられた玄宗と楊貴妃との絢爛たる生活、安史の乱によって一挙に暗転してしまった社会、その底に流れていたものは何であったのか。

楊貴妃―大唐帝国の栄華と暗転 (中公新書)はこんな本です

ツイートする