物語 中国の歴史―文明史的序説 (中公新書)

  • 149人登録
  • 3.45評価
    • (6)
    • (12)
    • (19)
    • (5)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 寺田隆信
  • 中央公論社 (1997年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013538

物語 中国の歴史―文明史的序説 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地域史

  • 読了。

  • 中国4000年の歴史を一冊の新書にってのは無理な話で、ってことは作者自身もまず認めた上で、文学史に焦点を当てて、かつ清王朝までで締められている。王朝の変遷を辿るだけでも膨大な量になるから、必然的に文学史も超メジャーどころのみの抜粋がなされているにとどまる。でも、大国の長い歴史を俯瞰するという意味では、バランス感覚バッチリだと思った。中国史好きで、小説もかなり色々読むけど、どこまで史実でどこから空想なのか、ってのがその都度気になっていた。でもこれを読むとある程度、その辺りはクリアカットになる。細かい部分の確認は出来んけど。300ページくらいだけど、読み通すのにだいぶ時間かかりました。

  • 和図書 222.01/Te43
    資料ID 2012200222

  • 必要に迫られて読んだのだけれど、教科書のような無味乾燥なものではなく退屈せず読めました。
    物語…というのは少し難しい気がするけれど、初心者向けの通史と考えればとてもよくできていると思う。ただ、清までしか記述されていないので、その後の近代の部分は他のもので補わなければいけません。

  • 中公新書から出ている「物語~」の中国史編。「物語」と銘打っているわりには、世界史の教科書を詳しく、かつ読みやすくしたような代物なので、精通している人にとっては無味乾燥なのかもしれませんが、自分みたいに中途半端に世界史勉強した人にとってはかなり楽しめる1冊になっていると思います。

  • 中国の歴史を俯瞰できる。 勃興→隆盛→腐敗→滅亡、歴史は繰り返す。高い倫理観がリーダーには不可欠。

  • [ 内容 ]
    中国の遠い祖先が黄河の中流域(中原)に創始した文明は、時とともに周辺各地に拡がり、また子孫たちの手に継承され発展をつづけ、断絶することなく現代にいたっている。
    中国の人々は数千年来、一貫して文明の歴史の現役でありつづけている。
    この事実こそ、中国の歴史と文明が他国のそれと決定的に異なる特徴である。
    本書は文明をキー・ワードにして、文明のかたちを中心に、『史記』が描く五帝の時代から清朝滅亡までの歴史を叙述。

    [ 目次 ]
    第1話 伝説と歴史の間
    第2話 文明のかたち
    第3話 偉大な皇帝たち
    第4話 古代から中世へ
    第5話 索虜と島夷と
    第6話 長安の春夏秋冬
    第7話 近世とよぶ時代
    第8話 草原に吹く嵐
    第9話 紫禁城の光と影
    第10話 王朝体制の終焉

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ん~ページ数的に嫌な予感はしてたけど、やっぱりあそこで終わりか・・・
    中身は普通の通史でした。まあまあよくまとまっているとは思ったけど・・・

  • 司馬遷『史記』が描く五帝の時代から、清朝滅亡までを「文明」のかたちを中心に叙述。
    ※好きなんです、中国の歴史。学校の世界史では習わなかった、歴史の面白さがあります。

全13件中 1 - 10件を表示

寺田隆信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

物語 中国の歴史―文明史的序説 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

物語 中国の歴史―文明史的序説 (中公新書)の作品紹介

中国の遠い祖先が黄河の中流域(中原)に創始した文明は、時とともに周辺各地に拡がり、また子孫たちの手に継承され発展をつづけ、断絶することなく現代にいたっている。中国の人々は数千年来、一貫して文明の歴史の現役でありつづけている。この事実こそ、中国の歴史と文明が他国のそれと決定的に異なる特徴である。本書は文明をキー・ワードにして、文明のかたちを中心に、『史記』が描く五帝の時代から清朝滅亡までの歴史を叙述。

物語 中国の歴史―文明史的序説 (中公新書)はこんな本です

物語 中国の歴史―文明史的序説 (中公新書)のKindle版

ツイートする