中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)

  • 61人登録
  • 3.41評価
    • (0)
    • (8)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 松尾剛次
  • 中央公論社 (1997年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013927

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)の作品紹介

源頼朝に始まる鎌倉幕府が滅亡すると、鎌倉は急速に衰退しゴーストタウンとなったと考えられがちだが、実態は違っていた。京都室町に幕府が移った後も、鎌倉は東国を管轄する鎌倉府の所在地として十五世紀半ばまで繁栄を続けた。武家の首都として誕生し、幕府滅亡後はほとんど知られることのない都市鎌倉とはいかなるものだったのか。源氏、北条氏、足利氏、上杉氏の足跡を寺社や史跡に尋ねながら、謎に包まれた鎌倉の中世を歩く。

中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)はこんな本です

中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)のKindle版

ツイートする