シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)

  • 14人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河原忠彦
  • 中央公論社 (1998年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014047

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツヴァイクの生涯。各作品を思い浮かべながら読むと、背景もわかってくる。

  • 第一次世界大戦前から大戦後にかけて
    平和主義運動を邁進するも
    時代が時代で 挫折に終わってしまった
    シュテファン・ツヴァイクの伝記ものです。
    登場人物はとても多いです。
    裕福な家庭に育ち
    当時の様々な文学者たちとの関わり
    信頼していたロマンロランとの関わり
    ナチスドイツからの亡命、亡命する前後の混沌としたヨーロッパのこと
    結構ことこまかに書いてあって
    まさに激動の20世紀を生きた
    文学人のリアルな実話。
    面白いんだけど
    結構読むのに時間がかかります。

全2件中 1 - 2件を表示

シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)を本棚に登録しているひと

シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)の作品紹介

十九世紀末ウィーンに生まれ、ユダヤ系資産家の両親を持ち、華やかな文学的交流の中心に位置していたツヴァイク。第一次大戦勃発に際し、ロマン・ロランを先達として平和主義運動に邁進したが挫折に終わり、戦後のナチス台頭により亡命を余儀なくされ、第二次大戦中に亡命先のブラジルで自殺を遂げた。しかし彼がもろくとも貫き通したヒューマニストの姿勢は、彼が作品に描いた悩める歴史的人物像とともに今なお人の心をうつ。

シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)はこんな本です

シュテファン・ツヴァイク―ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 (中公新書)のKindle版

ツイートする