大航海時代とモルッカ諸島―ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易 (中公新書)

  • 23人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 生田滋
  • 中央公論社 (1998年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014337

大航海時代とモルッカ諸島―ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    インドネシアのスラウェシ島の東、ハルマヘラ島の西側にモルッカ諸島がある。
    ここは丁字(クローブ)の産地であり、中世の香料貿易の中心地の一つであった。
    一四九四年にポルトガルとスペインはトルデシリャス条約を結び、世界を二分割して自国の勢力範囲を定め、丁字の島をめざした。
    本書は十六世紀前半のモルッカ諸島を舞台とし、丁字貿易をめぐるポルトガル、スペイン、テルナテ王国などモルッカの諸王国の対立抗争をえがく。

    [ 目次 ]
    序章 トルデシリャス条約とポルトガル、スペインの海外進出
    第1章 「丁字の島」を求めて(香料の島々 フランシスコ・セランの生と死)
    第2章 マルコの島々(マゼランとその船隊 マルコ諸島の政治と社会)
    第3章 ポルトガル、スペイン、マルコ(要塞の建設 スペイン船隊の奮闘とサラゴサ条約)
    第4章 「植民地支配」の試みとその挫折(「征服者」トリスタン・デ・アタイデ アントニオ・ガルヴァンとその運命)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

生田滋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

大航海時代とモルッカ諸島―ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大航海時代とモルッカ諸島―ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大航海時代とモルッカ諸島―ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

大航海時代とモルッカ諸島―ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易 (中公新書)の作品紹介

インドネシアのスラウェシ島の東、ハルマヘラ島の西側にモルッカ諸島がある。ここは丁字(クローブ)の産地であり、中世の香料貿易の中心地の一つであった。一四九四年にポルトガルとスペインはトルデシリャス条約を結び、世界を二分割して自国の勢力範囲を定め、丁字の島をめざした。本書は十六世紀前半のモルッカ諸島を舞台とし、丁字貿易をめぐるポルトガル、スペイン、テルナテ王国などモルッカの諸王国の対立抗争をえがく。

大航海時代とモルッカ諸島―ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易 (中公新書)はこんな本です

ツイートする