新しい家族のための経済学―変わりゆく企業社会のなかの女性 (中公新書)

  • 23人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 大沢真知子
  • 中央公論社 (1998年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014368

新しい家族のための経済学―変わりゆく企業社会のなかの女性 (中公新書)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

新しい家族のための経済学―変わりゆく企業社会のなかの女性 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新しい家族のための経済学―変わりゆく企業社会のなかの女性 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新しい家族のための経済学―変わりゆく企業社会のなかの女性 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

新しい家族のための経済学―変わりゆく企業社会のなかの女性 (中公新書)の作品紹介

高齢化、少子化の進行に伴って生産人口が減少する一方で、女性の高学歴化は進み、就業意欲も高まっている。女性の労働市場参入によって、税収は増え、家計所得が増加し、社会保障負担も減少するにもかかわらず、なぜ女性は非正規労働、補助的仕事に就かざるを得ないのか。はたらく女性をめぐる家族関係、雇用制度、社会システムをアメリカと比較しつつ検証する。福祉政策を基盤とする新しいパラダイム構築に向けた具体的提言。

新しい家族のための経済学―変わりゆく企業社会のなかの女性 (中公新書)はこんな本です

ツイートする