インド人の論理学―問答法から帰納法へ (中公新書)

  • 34人登録
  • 3.78評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 桂紹隆
  • 中央公論社 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014429

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
ウィトゲンシュタ...
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
キェルケゴール
有効な右矢印 無効な右矢印

インド人の論理学―問答法から帰納法へ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 古代インド人の思考方法を、緻密な文献学に基いて論じたもの。
    論理学がギリシャだけのものでなく、古代インドでも重要な地位を占めていて、体系化がなされている。
     本文の内容もも去ることながら、世界中で活躍する著者の姿をみて、仏教学がこんなに国際的な学問だったんだと感動もした本。

  • 読了日不明。龍樹の空論について勉強していた頃、目次の"帰謬法――ナーガールジュナの反論理学"という言葉にそそられ購入。そしてこれが大当たり。インドにおける論理学の変遷と内実を知りたければ、この一冊で充分。アリストテレスに端を発する演繹法的論理学が神話の否定によって成立したのに対し、インドの帰納法的論理学が仏教教義の拡張解釈・補強材料として機能している点、大変興味深い。

  • [ 内容 ]
    インド人の思考法の基本は、観察から法則を導き出す帰納法にある。
    それがギリシャのアリストテレスが創造した演繹法的論理学との最大の違いである。
    彼らの帰納法的な思考の淵源は、インド文法学の伝統と、さらにさかのぼってブッダの「縁起」の教えにあると推測される。
    本書は、インドにおいて、どのような論理的思考が、いかにして発展していったか、インドの人々の考え方の基本を、歴史的に明らかにしようとする試みである。

    [ 目次 ]
    第1章 インドに哲学はあるか?
    第2章 インド論理学の構造
    第3章 インドにおける討論の伝統
    第4章 帰謬法―ナーガールジュナの反論理学
    第5章 インド人の思惟方法―帰納法

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 新書なのに十分で易しい内容。

全4件中 1 - 4件を表示

インド人の論理学―問答法から帰納法へ (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

インド人の論理学―問答法から帰納法へ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インド人の論理学―問答法から帰納法へ (中公新書)の作品紹介

インド人の思考法の基本は、観察から法則を導き出す帰納法にある。それがギリシャのアリストテレスが創造した演繹法的論理学との最大の違いである。彼らの帰納法的な思考の淵源は、インド文法学の伝統と、さらにさかのぼってブッダの「縁起」の教えにあると推測される。本書は、インドにおいて、どのような論理的思考が、いかにして発展していったか、インドの人々の考え方の基本を、歴史的に明らかにしようとする試みである。

インド人の論理学―問答法から帰納法へ (中公新書)はこんな本です

ツイートする