瀬戸内海の発見―意味の風景から視覚の風景へ (中公新書)

  • 27人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 西田正憲
  • 中央公論新社 (1999年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014665

瀬戸内海の発見―意味の風景から視覚の風景へ (中公新書)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

瀬戸内海の発見―意味の風景から視覚の風景へ (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

瀬戸内海の発見―意味の風景から視覚の風景へ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

瀬戸内海の発見―意味の風景から視覚の風景へ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

瀬戸内海の発見―意味の風景から視覚の風景へ (中公新書)の作品紹介

明治後期、日本人の眼に映る風景は大きく変化した。それは、山や海や都市そのものが変化したというよりも、見えるものをどう認識するかが変化したのである。日本の伝統的風景とは、歌枕の地や故事・伝説に由来する名所旧跡そのものであった。それを、欧米人の客観的で科学的な視線の影響で、自然景や人文景といった近代的風景として見るようになったのである。本書は瀬戸内海を素材に、日本人の景観認識の変化を辿るものである。

瀬戸内海の発見―意味の風景から視覚の風景へ (中公新書)はこんな本です

ツイートする