OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)

  • 31人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 村田良平
  • 中央公論新社 (2000年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121015136

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • OECDの存在がわからず調べていたら見つけた本。歴史と日本との関係の部分だけでも十分勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

村田良平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サミュエル・P....
スティーヴン・D...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)の作品紹介

戦後欧州復興のため発足したOEEC(欧州経済協力機構)を母体として、1961年9月設置されたOECD(経済協力開発機構)は、先進国の国際機関としていまや世界最大のシンクタンクであり、各国の経済政策調整、途上国援助、エネルギー・環境問題等取り扱う課題も多彩である。六四年に加盟して以来有力な一員として任務を果たしてきた日本の政策当事者であった著者が、その歴史、活動実態、そして日本の果たすべき役割を示す。

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)はこんな本です

ツイートする