ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿―科学者たちの生活と仕事 (中公新書)

  • 26人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (1)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 佐藤満彦
  • 中央公論新社 (2000年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121015488

ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿―科学者たちの生活と仕事 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    遠くギリシャ人が先鞭をつけた自然研究の伝統は、十数世紀にわたる中断・停滞の後、ルネサンス期によみがえる。
    しかしその担い手となった天才たちは科学を職業とすることができたわけではなかった。
    パトロンを求めて自薦状をしたためたダ・ビンチやガリレオ、聖職者だったコペルニクス、放浪の旅を続けたパラケルススら、現代につながる科学の土台を築き、科学が自立する道を拓いた先達の生活と仕事を描く。

    [ 目次 ]
    第1部 パトロンに仕える科学者たち(ルネサンス期の科学者たち;数学者たちのなりわい;天文学の開拓者;物理学の曙光;医学の世界)
    第2部 パトロンから独立する科学者たち
    第3部 職業科学者への道(科学者たちの職業;フランス革命とエコール・ポリテクニク;王立研究所)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 数字に弱いので、途中で図表が出てくると先が読めなくなるという困った本。読んでる分には面白いんだけど、いまだ読了せず。

  • 研究職で食べていくのが難しいのは今に始まったことではないのかもしれない。

    レオナルドのパトロンへの自己推薦状にはびっくりする。ある意味、現代の就活生に自己PRの見本としてもらいたい程の前向きさだと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿―科学者たちの生活と仕事 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿―科学者たちの生活と仕事 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿―科学者たちの生活と仕事 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿―科学者たちの生活と仕事 (中公新書)の作品紹介

遠くギリシャ人が先鞭をつけた自然研究の伝統は、十数世紀にわたる中断・停滞の後、ルネサンス期によみがえる。しかしその担い手となった天才たちは科学を職業とすることができたわけではなかった。パトロンを求めて自薦状をしたためたダ・ビンチやガリレオ、聖職者だったコペルニクス、放浪の旅を続けたパラケルススら、現代につながる科学の土台を築き、科学が自立する道を拓いた先達の生活と仕事を描く。

ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿―科学者たちの生活と仕事 (中公新書)はこんな本です

ツイートする