本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)

  • 47人登録
  • 3.04評価
    • (1)
    • (2)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 歌田明弘
  • 中央公論新社 (2000年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121015624

本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 電子書籍が既に現実のものとなっている今、10年ちょっと前はまだまだ実験的段階だったんだなぁ、って感慨を抱いたくらいでした。

  • ハイパーテキスト、バーコード、電子書籍、電子ペーパー

  • [ 内容 ]
    本の文化は地球の知的環境を根底から変えた。
    しかし、それを支えてきたグーテンベルクの印刷革命が、新たな革命によって乗り越えられようとしている。
    デジタル技術の発展が、本の価値をラディカルに相対化しつつあるのだ。
    膨大な文書を回遊するハイパーテクスト技術がいかなる発想で生まれ、電子ペーパーや仮想現実、着装型コンピュータなどの最新技術とどのように交錯しているかをたどり、本を超える記憶装置のかたちを探る。

    [ 目次 ]
    1 本の未来を指し示すもの
    2 本はいかにして消耗品になったか?
    3 野生のなかのハイパーテキスト
    4 メディアの呪縛を超えて
    5 未来のメディア
    6 知覚と感覚のデジタル操作
    7 新たな記憶技術の時代へ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ユビキタスがAmazonを超える検索システムを作り出すことを心から望んでいる。

全6件中 1 - 6件を表示

本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)を本棚に登録しているひと

本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)の作品紹介

本の文化は地球の知的環境を根底から変えた。しかし、それを支えてきたグーテンベルクの印刷革命が、新たな革命によって乗り越えられようとしている。デジタル技術の発展が、本の価値をラディカルに相対化しつつあるのだ。膨大な文書を回遊するハイパーテクスト技術がいかなる発想で生まれ、電子ペーパーや仮想現実、着装型コンピュータなどの最新技術とどのように交錯しているかをたどり、本を超える記憶装置のかたちを探る。

本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ (中公新書)はこんな本です

ツイートする