月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)

  • 148人登録
  • 3.89評価
    • (20)
    • (19)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 的川泰宣
  • 中央公論新社 (2000年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121015662

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
遠藤 周作
宮部 みゆき
三島 由紀夫
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 宇宙への夢を実現するため、ナチス・ドイツでミサイルロケットを開発し、戦後はアメリカに渡り、NASAでロケット開発に尽力したフォン・ブラウン。「映像の世紀プレミアム」の科学者篇を見て、フォン・ブラウンの生き方に引っかかった。子どもの頃からの夢を実現した強固な意志は素晴らしいが、そのために立場は選ばなくていいのだろうか。私はすごく優秀な人間であればあるほど、十分気をつけて生きるべきではないかと思うので、手放しでフォン・ブラウンを素晴らしいとは思えなかったのだ。彼に葛藤はなかったのだろうか。もっと知りたくなって手に取った本。著者は日本の宇宙開発第一人者である的川泰宣さん。本書は、タイトルにある二人の科学者―フォン・ブラウンとコロリョフ―へフォーカスするより、米ソの宇宙開発競争を俯瞰して眺めており、私の知りたかったフォン・ブラウンの人物や心の動きはあまり伝わらなかった。一方、もう1人のソ連のコロリョフのほうはかなり詳しく描かれていて、内面描写がなくても何となく伝わってくるものがあった。的川先生はコロリョフにシンパシーを抱いていたのだろうか?フォン・ブラウンの生き方は、同じように宇宙への憧憬が強い的川先生にはたぶんあまり否定するものではないのかもしれない。また違う本を探しましょう。NHKの「コズミックフロント」という番組でやったBBCのドキュメンタリー「宇宙へ~冷戦と二人の天才~」がいちばん面白そうなんだけど。

  • 1957年、世界で初めて人工衛星(スプートニク)が打ち上げられた。旧ソ連の仕事だ。当時、冷戦中のアメリカは、技術力の差を見せつけられ大いにあせった。これをスプートニクショックと呼ぶ。このことは皆おそらく周知の事実だろう。ところで、ソ連のこの打上げで中心的役割を果たしたコロリョフという人物を知っている人はどれくらいいるだろう。さらに、当時アメリカでロケット開発の中心人物であり、後に人類初の月面着陸を成功に導いたドイツ人のフォン・ブラウンという人物を知っている人はいるだろうか。僕は2人とも全く知らなかった。ひょっとすると映画や何かテレビ番組などで知っている人も多いのかも知れないが、とにかく僕は初耳だった。この2人は直接の知り合いというわけではないが、どちらも「月へ人類を送りたい」という強い夢を持って、ロケット開発にいそしんだ。2人の夢は戦争に利用されたり、政治に利用されたりする。それでも、そのことによってまわりに批判されることがあったとしても、自分の夢のためにこの仕事を続けた。人工衛星ではソ連に先を越されたアメリカは、月への有人飛行では何としても先行しなければいけない。フォン・ブラウンへの要望は強くなる。急いだために大きな事故が発生。宇宙飛行士が亡くなっている。そんなことがあったということも、僕は知らなかった。たぶん、僕はものごころつき始めたころ、テレビで人が月面に降りるのを見たのだと思う。それは録画を見たのか、リアルタイムで見ていたのか、その辺が定かではない。フワー、フワーとスローモーションのように歩いている姿と星条旗が月面に立てられていたのをうっすらと覚えている。そこに至るまでに、いろいろなドラマがあったのだということを本書を通して知った。宇宙開発には莫大なお金がかかる。そこには批判がつきまとう。でも、それはロマンであることには間違いない。みんなは宇宙飛行士になりたいという夢を持ったことがありますか?僕には残念ながらそういう思いにかられたことは一度もないのだけど、そういう夢を抱かせるような環境は大切だろうなあと漠然と考えています。(追記)1986年1月スペースシャトルチャレンジャーが爆発事故を起こした。真っ青な空に炎が舞い上がった。その映像を何度見たことだろう。あんなものはできれば2度と見たくない。

  • ナチスのスポンサードでV2ロケットを開発したウェルナー・フォン・ブラウンと、流刑にあいながらも不屈の精神でソ連の宇宙開発をリードしたコロリョフ。ふたりのオッサンの夢競争。

  • 先日観たBBCドラマ「SPACE RACE 宇宙へ~冷戦と二人の天才」
    の原作といった趣きでとてもおもしろい。コロリョフに惚れるね。

    ドラマでは描かれなかった、アポロ計画後のフォン・ブラウンの苦悩に涙。最後にも。

    そしてプロローグを読み返し、あいまみえることのなかった二人の天才が、わずかのタイミングですれ違っていたという運命のいたずらに感心、またふたりの元で働いた人物がいたことにも改めて驚いた。

    amazonのレビューで誰かが書いてたが、これだけいろんなエピソードがあると新書一冊では足りず、たしかにそれぞれのエピソードがあっさりし過ぎの感は否めない。もっといろんなドラマがあったはずでもっと読みたい!

    とにかくおもしろかった。こんなにも壮大でドラマチックな話しがはあるだろうか。手塚治虫か浦沢直樹がマンガ化すれば、もっと世の人々が知るところとなるのになあ。

  • 50年代から60年代にかけて行われたアメリカとロシアのロケット開発競争.その競争を引っ張ったのは,アメリカのフォン・ブラウンと,ロシアのコロリョフの2人の技術者.熱い.僕はコロリョフ派です.

  • 宇宙開発において最も熱かったスプートニク計画からアポロ計画について…宇宙開発を今後してゆく人は是非読んでおくべき本だと思います。
    この本で宇宙開発の流れがざっとわかります。

    個人的な感想としては、フォンブラウン(ロケット工学の神様)の生き様が凄く興味深く思いました。

  • 冷戦下のソ連とアメリカによる壮絶な宇宙開発競争。コロリョフとフォン・ブランのふたりは生涯顔を合わせることはなかったが、ふたりが同じプロジェクトにいたら人類はもっと早く宇宙に行っていたかも知れぬ。

  • 宇宙に魅せられ、紆余曲折を経ながらもロケット開発への情熱を貫徹した2人の科学者の物語。
    1人は、ウクライナで生まれ、「スプートニク」を打上げ、「ヴォストーク」でガガーリンを宇宙に送り出したソ連の科学者コロリョフ。もう1人はドイツで生まれ、大戦終結の中でアメリカに渡り、「アポロ計画」に携わり「サターンV」ロケットを生み出したフォン・ブラウン。
    この2人の生涯を、米ソの宇宙開発競争へという時代の流れの中で描いた一冊。
    2人の科学者の物語としても十分に読み応えがあったし、宇宙開発の歴史に詳しくない人が、歴史を知るのにも良い本だったと思う。
    宇宙に興味を持っている方は読む価値あり!

  • ソ連のコロリョフとアメリカのフォン・ブラウン。対照的な生き方をしながらもロケットに心を奪われた科学者たちの数奇な運命をメインとしたそれなりに読みやすい内容。大きなプロジェクトを成し遂げるにあたっての組織構造はやはりアメリカが勝っていただろうし、だからこそコロリョフ亡き後の迷走があったり(それだけが理由じゃないだろうけれど)。
    人類は火星に有人飛行したくないんだろうか。やっぱりしたくないのかもなあ、なんてアポロ計画の終わりのあたりを読んで思いました。わたしは行きたい。見たい。

  • 米ソの宇宙開発、コロリョフとブラウンの2人の生い立ち、時代背景などがよくわった。たまに専門的で難しく感じた。

  • 洋の東西に分かれはしたが、同じ時期に同じ夢を追い求め、
    同じ高みへ駆け上ろうとした二人の科学者 
    - 戦後アメリカに渡ったドイツ人、フォン・ブラウンと、
    ソ連のセルゲイ・パヴロヴィッチ・コリョロフの物語。
    文章は平易で読みやすいが、丁寧に書き上げられた前半に比べ、
    きっと締め切りに追われて慌てたのだろう、
    やや書き飛ばしたような感のある後半が残念。

  • これを読んで真面目に勉強して、僕の様に道を踏み外さなければ宇宙に行けると思う。

  • 単に同じ時代に同じ事をしたってだけのような…
    この時代だからこそ出てきた人たちだろうし、対比させるのはわかるけれど、わざわざ「ライバル」にする意味がわからない。

  • これがきっかけで

  • (2006.03.17読了)(2006.01.26購入)
    副題「アポロとスプートニクの軌跡」
    アメリカの宇宙ロケットの開発を指揮した人は、ドイツからアメリカに渡ったフォン・ブラウンである事は、よく知られているけれど、ソ連(ロシア)の宇宙ロケットの開発を指揮した人は誰なのか知りません。
    ソ連当局が彼の暗殺を恐れたため、存命中その存在は公にされなかったためということです。セルゲーイ・パーヴロヴィッチ・コロリョフと言う人です.
    この本の半分は、フォン・ブラウンについて、残りの半分は、コロリョフについて書いてあります。ソ連の崩壊に伴い、宇宙ロケットについての情報が公開されたので、やっとこの本が書けるようになったということです。

    ●セルゲーイ・パーヴロヴィッチ・コロリョフ
    1907年1月12日、ウクライナのキエフの近くジトミールで生まれた。
    父親は、キエフの高校の国語教師。母親は、コサックの古い家柄の出身。
    セルゲーイが3歳のとき、両親は離婚し、母親と母親の両親の元で育てられた。
    1913年、6歳の時、近くの原っぱで飛行機が飛行するのを見た。
    1916年11月、母親は、再婚した。
    セルゲーイは、キエフ工科大学の航空学部に入った。「前ソ連グライダー・ラリー」に参加するために、グライダーの建造に夢中になる。
    1926年7月、モスクワ高等技術大学への入学許可を受け、その秋、モスクワへ旅立った。(13頁)
    ソ連では、1929年までにロケット・エンジンの製作やロケットの発射テストも行われていた。
    1931年8月6日、セルゲーイは、キセーニヤ・ヴィンセンチーニと結婚した。
    1933年8月17日、ソ連最初の液体燃料ロケット「ギルド09」が発射された。コリリョフも大きな役割を果たした。
    ●ヴェルナー・フォン・ブラウン
    1912年3月23日、ドイツのポーゼン地方のヴィルジッツで生まれた。
    父親は、男爵で、ヴィルジッツの行政官をしていた。農業食糧大臣を務めたこともある。
    母親は、貴族の家に生まれ、6ヶ国語を自由にしゃべる。アマチュア鳥類学者、アマチュア天文学者だった。1920年ベルリンに居を構えた。
    10歳過ぎから兄や友達と一緒にロケットを作り、廃品投棄場から持ってきた部品から組み立てたポンコツ車につけて走らせたりした。13歳になった年に、母より天体望遠鏡をプレゼントされた。天体望遠鏡で見た月や火星が、いつか月や火星に飛ぶロケットを作ってみたいという夢を燃え上がらせた。
    中学生の時、「惑星空間へのロケット」という一冊の本に出会った。数学の苦手なヴェルナーには、この本の中に頻出する方程式の意味を理解することができない。必死の努力によって、彼はめきめきと数学の力を伸ばした。(15頁)
    1928年、ドイツ宇宙旅行協会に高校生の「分際で」入会し、ロケットへの道を踏み出した。(17頁)
    1930年、ベルリン・シャルロッテンブルク工科大学に進学した。
    1930年8月、ロケット打ち上げのための液体燃料による燃焼実験を行った。
    1932年11月、陸軍兵器部に入って大型ロケット開発を始めた。フォン・ブラウンは20歳になっていた。(31頁)
    1933年1月、フォン・ブラウンの設計した水冷式のロケットの燃焼実験が行われた。
    ●セルゲーイ・パーヴロヴィッチ・コロリョフ
    1938年6月27日ドイツにおける反ソヴィエト団体と共謀していると疑われ連行された。10年の刑を言い渡された。1945年の春に開放された。6年間の囚人生活だった。

    ●ヴェルナー・フォン・ブラウン
    1937年4月、ロケット実験場はクンマースドルフからペーネミュンデに移った。
    1937年9月グライフスヴァルダー・オイエで発射実験が行われた。A-3ロケット。
    193... 続きを読む

  • ちっさい頃、宇宙飛行士になりたかった。
    この2人のおかげで今の宇宙事業がある。偉大な2人。

  • フォン・ブラウンとコロリョフ。恵まれた家庭と、かたや苦労人というドラマチックな対比に当てはめやすい二人を軸に、宇宙開発が回ってゆく。
    二人は交わる事なく、しかしまっすぐに宇宙へ向かう意識を持っていたようだ。
    時に政治に翻弄されつつも技術屋として生きた二人の生涯をかけた情熱の物語に感動。

  •  かつて冷戦の象徴だった米ソ宇宙開発競争。両国の宇宙開発を率いたのは、それぞれ一人の人間だった!
    <br>
    <br>
     宇宙開発が好きなら、知らないハズがないフォン・ブラウンとコロリョフ。彼らはアメリカとソ連が、かつて自国の威信をかけて挑んだ宇宙開発競争のトップに立っていた人間です。彼らはライバルでありながら、一度も顔を合わせたことが無く、それぞれ自分の夢の実現=自国の宇宙開発の勝利を目指して、ひたすら走り続けました。
    <br>
     彼らは超人でした。両者とも、第二次世界大戦を生き延び、大勢の人間を率いて宇宙に挑んだのです。そのリーダーとしての能力は羨ましい限りです。
    <br>
     この本は、フォン・ブラウンとコロリョフの伝記でありながら、史実を描いた歴史書であり、そして次世代の宇宙計画に向けたメッセージが含まれています。
    <br>
     特に日本ではフォン・ブラウンやコロリョフに関する本が少ないので、この本はかなり貴重です。
    <br>
    <br>
     彼らの後を追う以上、彼らを超える必要はあるかといえば、そうではないでしょう。少なくとも、自分が持つ目標が現実になれば、それは彼らと並んだ事になります。
    <br>
     私にとって、彼らは偉大な先駆者であり、憧れであり、そしてライバルであります。ロケットに対する想いでは、彼らに負ける気がしません。あとは、実行するのみです。

全19件中 1 - 19件を表示

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)に関連する談話室の質問

的川泰宣の作品一覧

的川泰宣の作品ランキング・新刊情報

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)の作品紹介

宇宙開発競争をくりひろげた冷戦期の米ソは、それぞれ稀有な才能を擁していた。ソ連には、粛清で強制収容所に送られながら、後に共産党中央委員会を「恫喝」して世界初の人工衛星スプートニクを打ち上げたコロリョフ。アメリカには、「ナチスのミサイル開発者」と白眼視されながらも、アポロ計画を成功に導いたフォン・ブラウン。遠く離れた地にありながら、同じように少年の日の夢を追い、宇宙をめざした二人の軌跡。

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)のKindle版

ツイートする