アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)

  • 59人登録
  • 3.74評価
    • (4)
    • (6)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岩崎育夫
  • 中央公論新社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121015822

アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • この本は韓国、台湾、インドネシア、マレーシア、シンガポールの5つのアジア国家について書かれている。

    この5カ国に共通するのが「国家統合」→「開発独裁」→「民主化運動」というバックグラウンドである。

    アジアを先見しようとするならば、この5カ国の背景は頭に入れておくべき。

    内容も充実しており非常にいい本だと思う。

  • 開発主義国家は、植民地支配を脱却して政治的、経済的自立を目指す東アジア諸国にとり、政治体制、経済政策、社会管理が一体になったトータルな国家体制であった。

  • [ 内容 ]
    二〇世紀後半のアジア諸国の政治を眺めると、七〇年代に始まる開発独裁の時代と、民主化運動の爆発や民主的政権交替が起こった八〇、九〇年代との対照が際立つ。
    なぜ、アジアに開発独裁政権が生まれ、その多くが八〇年代後半以降に終焉を迎えたのか。
    「市民」はどのような役割を果たしてきたのか。
    韓国、台湾、インドネシア、マレーシア、シンガポールの政治と社会の構造的変容を概観し、アジア政治の今後を展望する。

    [ 目次 ]
    序章 現代アジア政治への視点
    第1章 韓国―軍事独裁から民主化へ
    第2章 台湾―国民党一党独裁から政権交替へ
    第3章 インドネシア―スハルト開発主義国家の崩壊
    第4章 マレーシア―揺れるマハティールの開発主義国家
    第5章 シンガポール―開発主義国家維持の懸命な努力
    第6章 開発主義国家をめぐる問題
    第7章 市民社会をめぐる問題
    終章 現代アジア政治の行方

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 第3章「インドネシア スハルト開発主義国家の崩壊」

全4件中 1 - 4件を表示

アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)の作品紹介

二〇世紀後半のアジア諸国の政治を眺めると、七〇年代に始まる開発独裁の時代と、民主化運動の爆発や民主的政権交替が起こった八〇、九〇年代との対照が際立つ。なぜ、アジアに開発独裁政権が生まれ、その多くが八〇年代後半以降に終焉を迎えたのか。「市民」はどのような役割を果たしてきたのか。韓国、台湾、インドネシア、マレーシア、シンガポールの政治と社会の構造的変容を概観し、アジア政治の今後を展望する。

アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)はこんな本です

アジア政治を見る眼―開発独裁から市民社会へ (中公新書)のKindle版

ツイートする