社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)

  • 51人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (8)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 富永健一
  • 中央公論新社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016003

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 手軽な新書感覚では読めません。ある程度の予備知識は必要だと思います。反対にこの本を読んでから、気になるところを調べなおすのも1つの手かもしれません。エスピンーアンデルセンの福祉国家レジームに属さない日本の特徴から、日本の方向性を示しているところがポイント。市場で福祉がうまくいかない点もよく理解できました。

  • 著者は、社会の近代化による家族の機能喪失と解体傾向を指摘し、福祉国家の形成に向けての努力が喫緊の課題となっていると主張します。その上で、欧米や日本の福祉政策を理論的に分類し、福祉国家の多様性を明らかにするとともに、新自由主義の台頭によって理論的にも実際的にも福祉政策について考えなおす必要があると論じています。

    著者は、日本の福祉政策の歴史を概観し、そこには明白な理論的背景が欠けていたことを指摘します。しかし、高度経済成長の時代が過去のものとなり、日本の近代化の局面がウルリヒ・ベックの言う「再帰的近代」に入っていったことを受けて、従来の福祉国家のマイナス面を取り除きながら制度を改善されたものにしていく必要があると論じています。

    ベックの「再帰的近代」に関する議論は、鈴木謙介の著作などを通して触れていましたが、本書は福祉国家論というテーマに沿う仕方で「再帰的近代」を解釈しているような印象があります。そのために、本書の議論は非常に手堅く見通しのよいものになっているように思いますが、ややもの足りないような気がしてしまいます。

  • 論立ての参考として読んでみる。理論的前提を踏まえ、家族と国家、福祉国家の形成などについて論じる。

  • 福祉国家化というのを行政分野の拡大と筆者は定義。
    その上で福祉国家の拡大を肯定的に評価する。

    福祉国家を理論的に説明。

  • [ 内容 ]
    高齢化、少子化、そして女性の社会進出によって、家族に揺らぎが生じている。
    失われた家族の機能を代行しうるものとしては、地域社会やNPOとともに、やはり国家が不可欠である。
    本書は社会構造の多元性を確認しつつ、福祉、環境、社会資本を統合的にとらえる「総合的福祉国家政策」を提唱。
    社会的市場経済のドイツやコーポラティズムのスウェーデンなどの事例を参照しながら、日本の伝統を生かした福祉政策を考察する。

    [ 目次 ]
    第1章 理論的前提-近代産業社会の構造と機能
    第2章 家族と国家の関係-福祉国家はなぜ維持される必要があるか
    第3章 福祉国家の形成-起点から最盛期まで
    第4章 福祉国家の「危機」への対応-福祉国家の諸類型
    第5章 日本における福祉国家形成-世界におけるその位置

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • まだ読んでません。
    中公新書編集者O氏オススメの1冊。薦められて買ってから5年も経ってしまいました。

全6件中 1 - 6件を表示

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)の作品紹介

高齢化、少子化、そして女性の社会進出によって、家族に揺らぎが生じている。失われた家族の機能を代行しうるものとしては、地域社会やNPOとともに、やはり国家が不可欠である。本書は社会構造の多元性を確認しつつ、福祉、環境、社会資本を統合的にとらえる「総合的福祉国家政策」を提唱。社会的市場経済のドイツやコーポラティズムのスウェーデンなどの事例を参照しながら、日本の伝統を生かした福祉政策を考察する。

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)はこんな本です

社会変動の中の福祉国家―家族の失敗と国家の新しい機能 (中公新書)のKindle版

ツイートする