歴代天皇総覧―皇位はどう継承されたか (中公新書)

  • 254人登録
  • 3.27評価
    • (5)
    • (14)
    • (52)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 笠原英彦
  • 中央公論新社 (2001年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016171

歴代天皇総覧―皇位はどう継承されたか (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 圧巻。これだけの内容をよくぞ新書でまとめた。
    日本史を読むときは辞書的に手元に置いておきたい。

    「天皇不親政論」
    古代よりこのかた、天皇が政治的権力を掌握することは極めて稀で、実権を握っていたのは臣下であった。これが日本特有の権力の二重構造である。実権のなかった天皇は政治責任を負う立場になく、結果として天皇制が存続してきた。

    女性天皇。
    古代に6人八代【推古・皇極/斉明・持統・元明・元正・孝謙/称徳】
    近世に2人【明正・後桜町】
    なお、明治時代以降の皇室典範は皇位継承資格者は男系男子に限定されている。

  • 2017.12.3 読了

  • 125人中、何人が神?(笑)

    文字ビッチリで一見、読みにくくて分かりにくそうなのに、読みやすかった! 面白かった。
    125人を1冊にまとめているので、1人を細かく描写はされていないのだけれど、それまで全然、天皇を人として捉えたことがなかったので、この本で面白い人たちがいっぱいだと知って楽しかった。

    読みながら思ったことは、当時、天皇が在位していた時は、みんなどう呼んでいたんだろう? と。
    今上?
    帝?
    陛下?
    ↑もっとぴったりな呼び名があるような気がする。

    読んでて思ったこと。
    聖徳太子は早死にしすぎた。(←ってーか推古天皇、生き過ぎ……)
    藤原頼通はどうして娘をどんどん入内させなかったのか?
    ってことかな?

    それでも天皇は人民の父である自覚を普通に持ってるってところが凄いなぁ、と思わされたと同時に、
    やっぱ、人間じゃないんじゃない?(=神じゃね?) と思っちゃわないでもない。


    天皇万歳。(右の人なので字面通りに受け取ってくださっても可/笑)

  • 歴史小説を読むためのツールとして読んだ。

    全124代の天皇の生涯、治績が簡潔に纏められている。
    ロングセラーも納得。

    最大の障害、名前の読み(かんやまといわれひこのみこと みたいなやつ)はスキップして読む。

  • 歴代の天皇の功績と生涯を簡潔にまとめた本。
    神武天皇から昭和天皇まで皇位継承はどのように行われたのか、天皇と摂政・関白、将軍、執権といった権力との関わりはどう変わっていったのかが解説されている。

  • 歴代天皇事典とでも言いましょうか、歴代の天皇の功績とその生涯が簡潔に紹介されている。大河ドラマを見て、歴史小説を読んで天皇が登場した際にさっと引ける。新書でこのスペックはすごく役に立つ。

  • NHK大河ドラマ「平清盛」には天皇家の方々が多く登場するので、この本を参照しながら観ると非常に参考になる。

  • 「平清盛」を観ていて院政期の天皇について調べたくなったので。

  • [ 内容 ]
    天皇は古代より連綿と代を重ねてきた。
    壬申の乱、承久の乱、南北朝動乱などの激動を乗り越え、その系譜は千年以上にわたって続いている。
    皇位継承はどのように行われ、どう変質をとげたのか。
    摂政・関白、将軍、執権といった時の権力との関わりはいかなる推移をたどったのか。
    記紀に記される初代神武天皇から昭和天皇に至る百二十四代と北朝天皇五代すべての生涯と事績を丹念に叙述する。
    巻末に系図、索引を付す。

    [ 目次 ]
    神話時代の天皇(神武天皇 綏靖天皇 ほか)
    古代の天皇(応神天皇 仁徳天皇 ほか)
    中世の天皇(後鳥羽天皇 土御門天皇 ほか)
    近世の天皇(後水尾天皇 明正天皇 ほか)
    近現代の天皇(明治天皇 大正天皇 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 歴代天皇の略歴を即位順に並べている。
    古典や歴史小説などを読んでいるときに、辞書的によく見る。

全16件中 1 - 10件を表示

笠原英彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

歴代天皇総覧―皇位はどう継承されたか (中公新書)に関連する談話室の質問

歴代天皇総覧―皇位はどう継承されたか (中公新書)の作品紹介

天皇は古代より連綿と代を重ねてきた。壬申の乱、承久の乱、南北朝動乱などの激動を乗り越え、その系譜は千年以上にわたって続いている。皇位継承はどのように行われ、どう変質をとげたのか。摂政・関白、将軍、執権といった時の権力との関わりはいかなる推移をたどったのか。記紀に記される初代神武天皇から昭和天皇に至る百二十四代と北朝天皇五代すべての生涯と事績を丹念に叙述する。巻末に系図、索引を付す。

歴代天皇総覧―皇位はどう継承されたか (中公新書)はこんな本です

歴代天皇総覧―皇位はどう継承されたか (中公新書)のKindle版

ツイートする