物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)

  • 279人登録
  • 3.43評価
    • (9)
    • (26)
    • (58)
    • (3)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 岩根圀和
  • 中央公論新社 (2002年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016355

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スペイン史のハイライトをかいつまんである本。
    彼の国がどのように成り立ち、どんな性格を持つのかわかりやすく構成されていて面白い。
    章立ては以下の通り
    1. スペインイスラムの誕生
    2. 国土回復運動
    3. レパント海戦
    4. 捕虜となったセルバンテス
    5. スペイン無敵艦隊
    6. 現代のスペイン

    発行が2002年 2013年に10版を数えているので最終章には追記があるとよいかもしれない。

  • レパントとアルマダの2大海戦を中心としつつ、ムスリムのジブラルタル上陸からETAによるテロまでのスペイン史を物語的に描いた歴史本。

    レパントの海戦が1571年、アルマダの海戦が1588年、その間が黄金時代だとすると(一般的にはもうちょっと広く言われるが・・・)、あまりにも短く、そして華々しい歴史だったと思わざるを得ない。

    結果として主に中米以南に大きな影響力を残し、ハプスブルグの栄光に預かりながらも大きな汚名を着せられることにもなった、世界でも指折りの数奇な歴史であることは間違いない。

    後書きにあるように、元より網羅性を追求したスペイン史ではないが、その歴史が持つ魅力は十分伝えられているのではないかと思う。完成度というか、歴史本としてきっちり完結していて、読みやすさもあり、なかなかオススメできる本だと思った。

  • 史実から逸脱しすぎない程度に物語化されたスペイン黄金時代の本。しっかりとした歴史を求めるには足らない部分もあるが、把握さえできれば、という場合にはオススメ。言葉選びもよく、読みやすいと感じた。

  • スペインの歴史の中でも、イスラームが支配した時代から国土回復に至るまで、レパント海戦から無敵艦隊の敗北まで、そして時代が進んでスペイン市民戦争、さらに飛んで現代(といっても2000年頃)の情勢、バスクのテロ組織ETAの問題といったテーマに絞って叙述される。

    レパント海戦に兵士として参加したセルバンテスがトルコの捕虜となったエピソードに丸々一章割かれているが、セルバンテスが祖国に帰るため、本人やその周囲が苦心する様が印象的。

    タイトルに「物語」とあるように、単に歴史の流れを述べるにとどまらず、スペイン情緒を感じさせてくれる一冊。

  • 歴史を時系列に並べるのではなく、イスラムとの関係、ドン・キホ-テ作者セルバンテスと無敵艦隊というスペインにとって重要な事柄を写真や図と共に物語る。終章の現代スペインも含め、戦記物のような1冊。

  • スペインは好きだ。現代もいいがやはり動乱の中世がとても面白い。薄く広くではなく狭目に深目に描いてあるところが良い。

  • 第Ⅰ章 スペイン・イスラムの誕生
    第Ⅱ章 国土回復運動
    第Ⅲ章 レパント海戦
    第Ⅳ章 捕虜となったセルバンテス
    第Ⅴ章 スペイン無敵艦隊
    終章 現代のスペイン

  • ある程度スペインの歴史について学んでいる人向けの一冊です。複雑なスペインの歴史のダイジェスト…という内容です。
    あとがきに、物語性を意識したとありましたが、その「物語」が中途半端に感じ、あまりのめり込めませんでした。

  • 読了。

  • スペイン旅行の前に予習として読んだ。スペインの通史というよりは、国土回復運動やレパント海戦、スペイン無敵艦隊などの歴史的事件をピックアップして、物語調で紹介する形式。著者がイスパニア文学専攻ということもあり、歴史書というよりは、情緒的表現にあふれる文学的な本になっている。個人的には、もうちょっと歴史学的なものを期待していたこともあり、逆にあまり文章に惹きこまれなかった。
    トレドでキリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒が共存していたということは本書で知り、興味深かった。
    現在のスペインを理解するうえでは、スペイン現代史の部分をもうちょっと充実させてほしかったなと思う。
    本文よりも、コラムの「失敗しないワインの選び方」が一番印象に残り、実際の旅行でも役に立った。

全35件中 1 - 10件を表示

岩根圀和の作品

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)に関連する談話室の質問

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)の作品紹介

キリスト教国の雄スペインは、カスティーリャ、アラゴン両王国の婚姻により成立した。八世紀以来イベリア半島を支配したイスラム勢力を逐い、一四九二年、レコンキスタを完了。余勢を駆って海外へ雄飛し、広大な領土を得て「太陽の没することなき帝国」の名をほしいままにする-。国土回復戦争の時代から、オスマン・トルコとの死闘を制して絶頂をきわめ、宿敵イギリスに敗れて斜陽の途をたどるまでを流麗な筆致で描く。

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)はこんな本です

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)のKindle版

ツイートする