オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)

  • 88人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (8)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 御厨貴
  • 中央公論新社 (2002年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016362

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本におけるオーラル・ヒストリー「公人の、専門家による、万人のための口述記録」の先陣を進む御厨先生が、オーラル・ヒストリーについて広く浅く平易にまとめてくれたもの。わりと古くてもう13年も前の本ということになる。オーラル・ヒストリーのハウツー本かと思って読み始めたら、そういう内容ではなかった。さすが御厨先生で、オーラル・ヒストリーというなじみのないもの、せいぜい成果物の読み手にしかならないであろうものについて、とてもわかりやすく様々な側面からまとめてくれている。途中で退屈するかと思ったが、そんなことなく面白く読み通せた。
    公人たるもの、自分の活動のせめて総決算として公的な口述記録を残すべきであり、それが担保されている社会がデモクラティックな社会だという論には賛成。
    何も即時的に公表されなくてもよいのだが、一定の時間がたったとき、たとえば政治的な転換点に関わった公人たちが、当時どのように考え、その転換をなしたのかということは、記録として残るべきだろう。もちろん、政治が潔癖すぎる必要はなく、清濁併せのんだりしながら行われてしかるべきものだとも思うが、とはいえ、記録にも残せないようなことはしないでくれというその歯止めのような役目も果たすのがオーラル・ヒストリーということか。
    インタビューのしかた、話の聞き方、記録のしかたなど紹介されている小技も、いろいろコミュニケーションに使えそう。

  • 歴史研究では文献資料(いわゆる史料)を用いるのが基本であるが、近現代に入ってくるとどうしても階層によっては史料が限られ、不明な事柄が多い。
    そういった事柄を補ってくれるものとして近年研究手法として注目されているのがオーラル・ヒストリーである。

    本書は、オーラル・ヒストリーの手法や事例を具体的に紹介している。御厨氏は、オーラル・ヒストリーは単なる資料としてだけでなく、自己評価のきっかけとなり、且つ説明責任を果たしうるものとしてデモクラシーとの関わりにおいても必要なものであるとしている。
    そういった意味で、御厨氏の定義した「公人の、専門家による、万人のための口述記録」は至極本質をついている。

    日本では自民党の一党優位体制の下で、一つの官僚組織や企業などが強固な一枚岩であった筈が、体制の崩壊とともに組織が割れて弱体化していった。
    そうした状況下で、従来とは異なり、組織の中における自分を客観的に見るゆとりが発生する。これが日本のオーラル・ヒストリーの展開に影響を与えた。

    欧米に比べるとまだまだ遅れているが、本書の事例や手法の検討を進めることで、オーラルの資料的な精度を上げていくことができるだろう。

  • <閲覧スタッフより>
    経験や歴史をインタビュー形式で記録するオーラル・ヒストリー。個々の意思や想いまで抱合するこの形式は、資料として以上の特殊な歴史的価値を持っている。その意義から、準備・実践・まとめまで、具体例を交えた解説書となっています。
    -------------------------------------
    所在番号:新書||210.7||ミク
    資料番号:10143938
    -------------------------------------

  • 例えば、公共事業など巨大プロジェクトの検証や調査を行う際に、関係した人々にインタビューをとることがある。インタビューデータからは、数値資料だけでは見いだせない、プロジェクトの裏側や成功や失敗の要因などを知ることができる場合があり、様々な分野でインタビューによる調査が行われている。そのような調査を行う前に、ぜひとも読んでおきたい1冊が本書である。オーラル・ヒストリーやインタビュー調査に関する書籍は近年様々出版されているが、本書はその中でも大変読みやすい。調査の意義や方法もコンパクトにまとまっていて、実践する際にも大変参考になる。卒論や実習などで、インタビュー調査を考えている人たちには、参考文献の手がかりの1冊としてぜひお薦めしたい。
    (2012ラーニング・アドバイザー/シス情SATO)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1240803&lang=ja&charset=utf8

  • 公開フォーラム「震災の記録をどう活用するか―膨大な映像記録を中心に」
    2012年11月24日、東京大学福武ホール
    http://cidir.iii.u-tokyo.ac.jp/
    http://cidir.iii.u-tokyo.ac.jp/_userdata/event/20121124.pdf

    中央公論新社のPR
    「個人や組織の経験をインタヴューし、記録を作成して後世に伝えるオーラル・ヒストリーは、歴史資料としてばかりではなく、意思決定のケース・スタディーとしても利用価値が高い。著者らは、政治家、官僚、実業家への聞き取り調査を蓄積し、政策決定プロセスの解明を目指している。本書は、オーラル・ヒストリーの準備、実施、速記の整理から、資料としての利用法までを具体的、実践的に手ほどきするものである。 」

  • 「公人の、専門家による、万人のための口述筆記」を、後世のための記録としてまとめていく、オーラル・ヒストリーについて、目的やノウハウや注意点、そして多彩なエピソードを含めて綴る。新書だけあって、非常に読みやすく、興味深いエピソードも満載で、とてもお得な感じのする良書だ。
    ただ、読みやすいがお手軽な本ではないので、何かを学び取ろうという気持ちで読んでいく必要はある。噛めば噛むほどおもしろい骨太の内容なのだが、語り口は非常に淡々としているので、漫然と読んでいると面白さを見失ってしまうおそれがありそうだ。
    学術的な部分に興味がない人は、第2章や第3章などの、具体的なオーラル・ヒストリーのエピソードが色々出てくる、御厨の現代史考察なども含めた部分から読むといいだろう。「政治とは何か」「政治家とはどういう資質を持つべきか」といった、重いテーマも投げ掛けてくれる。
    新書の宿命で、今は品切れで手に入りにくいのが非常に惜しい。再販を心待ちにする次第である。

  • 欧米にオーラルヒストリアンという仕事があることは感心した。
    訴訟社会、勤続年数が短いこと、育成観の違いなどの欧米社会の特徴を考えれば当然?

    また、パブリックヒストリアンと欧米の会社におけるオーラルヒストリーの使われ方(どの商品にも訴訟リスクがあるので、当時の担当者などの証言をとって保存し、訴訟時の証拠にする)が興味深かった。

    そしてインタビューと違い、こちらの思い込みがなるべく反映されないようにしているというのがオーラルヒストリーの特徴などそれなりに具体的な手法も具体例と共に書かれていた。


    たしかにこうして集められた証言は自分の行為を省みる時や後に生じた類似の事案についての処理方法のヒント(官僚や教員の世界など手法が書き残されることが少なく、口伝により担当者や聞いた後輩にしか伝わらない世界において)になると思う。


    さらに政策担当者はその行為について、オーラルヒストリーにて証言を残し、後世の歴史法廷にて当否を裁かれる…という覚悟の下で職務に当たるべきではないかと考えた。

  • コピーしたんだけど(どの程度コピーしたのかはナイショ♪全部コピーは『ダメ、ゼッタイ』らしい。なんにせよ表紙はコピーしてないので合法的な資料複製だ。)、たぶん本物買うより高くついてしまった。今月飲み会とかで苦しいというのに。
    対象の言動の中から答えを導き出す方法について書かれてある。たとえば調査対象が話を誤魔化したり嘘をついたりしたら『何故、そこでごまかす必要があったのか?嘘をつく必要があったのか?』を考えていかなくてはならない。そのためにはその人と長い時間をすごさなければならない。が、だからといって親密になっても駄目。感情が入りすぎると調査者としての倫理を失う。なんだか推理小説の解法のような話である。
    前のディスカッションで山田ゼミ先輩が「アマゾンの書評で『人間の言ってることなんて嘘かホントか分かりりやしない。インタビューした人がみんな嘘をついていたらどうするんだ。そんなのを真面目に参考にする社会学って・・・・。』ってのがあったんだけども、どう反論したらいいんだろうか?」という議題を持ってきてたのだけど、その書評にひとつの回答を与えることができるだろう。『人間は正確なことを言わないことがあるかもしれない。しかし機械のように正確に不正確なことを言ったりもしない。だからこのオーラル・ヒストリーって手法を使えば、いつか真実にたどりつける。・・・かも。』
    まぁこっから先(正確に不正解なことを言わないことの根拠を求める問)は心理学だとかそういう話になってくるのだろうけど、ユングをちょっとかじった身としては、対話による対象研究ってのには魅かれるものがある。対象から引き出された一見無関係そうに見える言動を、つなぎ合わせて検証してみると、そこに解決方法が隠されていたりする。だからこそ、前にも書いたけど、何故うちの大学は心理学と社会学のキャンパスを別々にしたのだ!?って感じ。
    とにかく明日の議論が楽しみ。今回のは薄いから人多いでしょ。

  • オーラル・ヒストリーの方法論を定式化させようとする試み。

全10件中 1 - 10件を表示

オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)の作品紹介

個人や組織の経験をインタヴューし、記録を作成して後世に伝えるオーラル・ヒストリーは、歴史資料としてばかりではなく、意思決定のケース・スタディーとしても利用価値が高い。著者らは、政治家、官僚、実業家への聞き取り調査を蓄積し、政策決定プロセスの解明を目指している。本書は、オーラル・ヒストリーの準備、実施、速記の整理から、資料としての利用法までを具体的、実践的に手ほどきするものである。

オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)はこんな本です

ツイートする