言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)

  • 500人登録
  • 3.41評価
    • (20)
    • (32)
    • (93)
    • (6)
    • (2)
  • 36レビュー
著者 : 酒井邦嘉
  • 中央公論新社 (2002年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016478

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
マーク・ピーター...
ウィトゲンシュタ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • チョムスキーの言語生得説と左脳優位性を中心に 「脳はどのように言語をつくるか」を論証した本。脳科学と言語学を整理しているので わかりやすい。とにかく面白い。人口知能、手話、失語症、バイリンガル、第二外国語 に至るまで 言語というカテゴリーを広げて 論証している

    言語生得説について。言語生得説とは 人は先天的に言語機能を持っているという説。赤ちゃんにも言語機能があるということになる

    言語化までの「脳→心→言語」というプロセスについて。言語は 脳から直接指示されるのではなく、心を通じる。言語は 心の一部であり、言語は 心から生まれ、再び心に返る。自然科学の本で 心が出てくることが意外

  • 2002年刊行。

     人間の脳はどのようにして言葉を生み出すのか。確かにこれは究極の難問の一つである。
     本書はチョムスキーの「ヒト特有の言語能力は脳の生得的性質に由来」との見解を押し進め、言語の問題、例えば言語の獲得・学習、普遍分法の存在、言語に関する脳生理機構の分析方法、文法処理・入力・獲得のメカニズム等を解説していく。

     確かに難易度は高いと思うが、専門書ほどは難しくなく、何度も味読する価値のある良書と思われる。議論の対象も広範囲で、新書としては十分。
     お勧めの一書である。

     著者は東京大学大学院総合文化研究科助教授。

  • 脳はどのようにことばを生みだすか、チョムスキーは、「言語は心の一部である。人間に特有な言語能力は、脳の生得的な性質に由来する」と主張している。しかし、これを裏付けるための脳科学からの証拠が未だ不十分なため、多くの誤解や批判にさらされている。
    言語の能力は一般化された学習のメカニズムでは説明できないユニークな特徴を持っており、その秘密は人間の脳にある。この特徴が原因で、古典的なアプローチだけではなかなか突破口が開けなかった。流体力学や統計力学、量子力学は、古典力学を見事に発展させた。言語についても同じで、言語の研究は、近年の認知脳科学の発展に伴っう欧米を中心とした急速な発展や、他の新しいアイデア、手法、それらの組み合わせによって、これからどんどん面白いことが分かっていくであろう。

  • チョムスキーの生成文法の理論を最新の脳科学と絡めて解説した本。著者は東大総合文化研究科助教授の方。

  • 言語を脳科学から捉える。社会学的、哲学的、心理学的など様々なアプローチがあるが、そうしたものを合わせて脳科学で改めて言語を考えてみと、言語知識の原型がすでに脳に存在しており、母国語の獲得に能力が活かされるなど、改めて人間の面白さに気づかさせられる。

  • 本書は1964年生まれの理学博士が2002年に刊行した、著者の研究と大学での講義をまとめた本で、生成文法の立場からおもに著者の関心の「文法」に着目している。感想は保留。

     大雑把な内容を示す部分を「はじめに」から引用する。
    “ 生得説を裏付けるための脳科学からの証拠が未だ不十分なため、チョムスキーの革新的な考えは、多くの批判と誤解にさらされている。本書は、チョムスキーに対する誤解を解き、言語の問題を脳科学の視点からとらえ直すことを目的とする。”

    【出版社の内容紹介】
    言語に規則があるのは、人間が言語を規則的に作ったためではなく、言語が自然法則に従っているからである――。こうしたチョムスキーの言語生得説は激しい賛否を巻き起こしてきたが、最新の脳科学は、この主張を裏付けようとしている。実験の積み重ねとMRI技術の向上によって、脳機能の分析は飛躍的な進歩を遂げた。本書は、失語症や手話の研究も交えて、言語という究極の難問に、脳科学の視点から挑むものである。

     【簡易目次】
    はじめに (i-v)
    第01章 脳‐心‐言語 003
    第02章 獲得と学習――人間はチンパンジーとどこが違うか 025
    第03章 モジュール仮説――言語はどこまで分けられるか 057
    第04章 普遍文法と言語獲得装置――言語学とは何か 091
    第05章 言語の脳科学――言語はどのようにして調べられるか 125
    第06章 言語の機能局在――言語に必要な脳の場所 153
    第07章 言語野と失語――左脳と右脳の謎 169
    第08章 自然言語処理――人工知能の挑戦 195
    第09章 言語入力の脳メカニズム――単語から文へ 219
    第10章 文法処理の脳メカニズム――文法は脳にある 239
    第11章 手話への招待――音のない言葉の世界へ 255
    第12章 言語獲得の謎――言葉はどのようにして身につくか 275
    第13章 感受性期とは何か――子どもは言語の天才 297
    おわりに 326
    索 引  340


    【詳細目次】
    第01章 脳‐心‐言語 003
    01-01. 究極の難問
    01-02. 何を明らかにすべきか
    01-03. 認知科学
    01-04. 言語と心の関係
    01-05. 言語は心の一部である
    01-06. チョムスキーという人
    01-07. チョムスキー革命
    01-08. 言語はサイエンスの対象
    01-09. 自然言語と人工言語
    01-10. 言語の曖昧さと普遍性
    01-11. 母語と第二言語
    01-12. 文字の発明
    01-13. 言語の特徴
    01-14. 言語の定義

    第02章 獲得と学習――人間はチンパンジーとどこが違うか 025
    02-01. 言語機能は解明できるのか
    02-02. 手話は別の言語体系ではない
    02-03. 類人猿の「言語」?
    02-04. 類人猿の「言葉」には語順がない
    02-05. 人間は特別か
    02-06. 言語の進化?
    02-07. 「言語野」の起源?
    02-08. ミラー・ニューロンの功罪
    02-09. 行動主義の終わり
    02-10. プラトンの問題
    02-11. 言語獲得の三つの謎
    02-12. コロンブスの卵
    02-13. 乳児は確率に敏感である
    02-14. 獲得と学習の総合的比較
    02-15. ピアジェの誤り

    第03章 モジュール仮説――言語はどこまで分けられるか 057
    03-01. 形式と内容
    03-02. 文法と意味の違い
    03-03. サピアとウォーフの仮説
    03-04. 意味論とは
    03-05. 哲学的意味論とパラドックス
    03-06. 翻訳の不確定性と発話傾向
    03-07. 生成意味論ま... 続きを読む

  • 一応読み終わったけれど・・・あまり理解できていない。
    こんなに理解できなかった箇所が多い本は久しぶり。

    著者はチョムスキーの普遍文法の理論を擁護する立場のようだ。そしてそれを近年技術的にも発達を遂げた脳科学の手法で解き明かそうとする試みについて、述べられていた。
    分かっていないことはまだまだ多い、とのことだった。
    特に、文法が脳のどの部分で、どのように処理されていくかについては、個人的にも興味が惹かれる。

    この本が出たのが2002年。
    それから十年経っている。
    ということは、相当この分野の研究が進んだのではないかと思われるが・・・
    現在はどんなところまでわかったのだろう。

    さらに余計な一言。
    私はこの本を最近古本屋で買ったのだが、配偶者は新刊の頃買って持っていた。
    同じ本が家に二冊・・・。
    本の内容とは全く関係のないことながら、そんなことが妙に悲しい。

  • 今まで名前は知っていたものの、いまいち漠然としていた生成文法や言語学。この本は、タイトル通りではあるが、脳科学からそのようなものに触れている。言語学とはどのようなものなのか、脳科学にはどのような手法があるのかなどがまとめられているのはわかりやすい。

    ところが筆者の主張、というよりも筆者の意見に反する研究例に関しては、その批判がどこか曖昧な感じがした。私自身あまり本を読まないので、こういうものなのかとも思ったけれども、「方法が単純」など、少し単調な印象が残っている。「科学的にないと言うことは出来ない」と筆者が本書で述べている言葉であるが、そのためでもあるのだろうか。

    しかし、この本には様々な研究例が紹介されており、また、一つの章の中でもたくさんのトピックに分けられていて読みやすく、索引もついておりとても読みやすい使いやすい本となっている。私自身心理学を専攻しているので、参照のもとにしたい。内容的には少し難しい部分もあるが、全体としては比較的読みやすかった。

  • チョムスキーの生成文法理論、失語症、モジュール仮説の話は体系的にまとまっており読みやすかった。
    単純な文・理の区別だけでは割り切れない分野の話であり、これからの発展に胸が膨らむ。
    ただ、本書の半分ほどが結論のはっきりしない実験の羅列であり、文系の私がただ読み進めるのはかなり骨の折れる作業であった。

  • 言語については、-今も大部分はそうであるが―大学では人文学科がその役割を担ってきた。
    しかし、現在はMRI等の非侵襲的かつ定量的な手法が開発されており、理系分野の領域ともなっている。
    文系であろうが、理系であろうが中心的な課題は同じで、脳はどのように言語を理解し、学習しているのだろうか、ということである。

    本書はどちらかと言うとMRI等の知見から得られた結果をもって、過去の症例をあわせて脳の機能を解説している。

    が、MRIからの結果から、○○の理解は脳の△△の場所が活性化しているので、ここが担っている可能性が高いという議論が後半の大部分があてられている。
    正直、ウェルニッケ野といわれてもピンとこない。
    やはり、言語を学習するという人間独自の能力は後天的なものなのか、先天的なものなのかという論点を絞って、それらに対する過去の実験結果を示し、考察を述べてほしい。
    本書は内容は豊富であるが、反面、中心的な議論がぼやけているように思える。

  • これも学生時代に読んだものを再読。
    言語について「脳科学」的に分かっていることと、
    分かっていないことが分かりやすくまとめてあります。
    ちょっと古くなりましたが、その間にこの分野において、
    劇的な進歩もさほどありませんので、学生が今読んでも大丈夫だと思います(笑)。

    著者の主張はその経歴からも分かる通り、チョムスキー言語学に基づいています。
    私自身もチョムスキーの主張は概ね賛成ですが、
    私の同業者(言語臨床家)の中には、そうでもない人がけっこういる気がします。
    そしてその気持ちもけっこう分かります。

    著者が盛んに唱える科学的アプローチというのは、複雑なものから、余分なものを省いて単純化する作業なわけですが、
    実際の臨床の場面では、その余分なものにこそアプローチする必要があったりするからです。

    脳の働きを含む生命の働きには、不可逆的な時間軸の中で、
    同時並行的に物事が起こるわけですが、
    それをできるだけ単純化して調べる作業は、
    実際の生きた脳の働きから遠ざかってしまう危険性もあるわけです。

    脳科学的アプローチにはかなり期待していますが、それだけでもダメなことは事実だと思います。
    著者があとがきで書いているように、これからは文系、理系と別れていないで、「人間科学」の発展を目指すべきです。

    私自身も、知識の幅を広げる必要性を改めて感じました。

  • 人は生まれた時にすでにあらゆる言語の文法を理解するためのベースとなるような普遍的な文法を持っていて、環境などの外部からの刺激によって言語を司る脳の機能が最適化されていくと。
    普遍的な文法のようなものを持っていないとすれば、赤ん坊が言語を獲得できていく説明がつかない…という話だったかな。

    いろんな具体的実験の内容や、脳の専門的な話は難しかったが、失語症や手話の話など分かりやすい内容もちょくちょく挟まっているので何とか読み終えられた。。

  • 孤独なんかじゃない。

  • 「脳がどのようにことばを生み出すか」というよりは「脳科学からみると言語というものはどう見えるか」といった感じ。ちょっと視野が広がる。

  • わりと絶賛されていたので読んでみた。
    そして、絶賛されているのは納得。

    ただし、生成文法やチョムスキーが苦手な人は辛いかも。
    そして、言語学プロパーというよりは語学屋な人も楽しめないかもです。

    あと philo-「愛」+ physics「自然学(物理学)」じゃ「言語物理学」にはなりません。

  • [ 内容 ]
    言語に規則があるのは、人間が言語を規則的に作ったためではなく、言語が自然法則に従っているからである―。
    こうしたチョムスキーの言語生得説は激しい賛否を巻き起こしてきたが、最新の脳科学は、この主張を裏付けようとしている。
    実験の積み重ねとMRI技術の向上によって、脳機能の分析は飛躍的な進歩を遂げた。
    本書は、失語症や手話の研究も交えて、言語という究極の難問に、脳科学の視点から挑むものである。

    [ 目次 ]
    脳‐心‐言語
    獲得と学習―人間はチンパンジーとどこが違うか
    モジュール仮説―言語はどこまで分けられるか
    普遍文法と言語獲得装置―言語学とは何か
    言語の脳科学―言語はどのようにして調べられるか
    言語の機能局在―言語に必要な脳の場所
    言語野と失語―左脳と右脳の謎
    自然言語処理―人工知能の挑戦
    言語入力の脳メカニズム―単語から文へ
    文法処理の脳メカニズム―文法は脳にある
    手話への招待―音のない言葉の世界へ
    言語獲得の謎―言葉はどのようにして身につくか
    感受性期とは何か―子どもは言語の天才

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 大いに感銘を受けた。
    ここからピンカーの本、チョムスキーの生成文法などのマイブームへと繋がっていった。

  • 5冊目です。

    いったい人間はどのように言葉を覚えていくのだろう、そもそも人間はなぜ言葉を覚えるのか―
    そんな素朴な疑問に答えてくれるのが本書「言語の脳科学」です。

    この本の面白いところは一般の人が思っているよう様な言語に関する理解と真っ向から対立していて
    そこがユニークでありおもしろいところでもあります。
    例えば「なぜ人間だけが言語を覚えるの?」と言われたら普通の人は「人間は言語を獲得していったからだよ。つまり成長するにしたがって
    言語能力が成長していったからさ。」と答える人が多いとも思います。ところが実際はそのような必要性から習得したのではなくもとから人間が言語を話す能力を有していたというのです。なぜかといえばこのような考え方(人間が言語を獲得していくこと、これを「学習説」と言うそうです)では
    「プラトンの問題」という難題を解決できないからです。「プラトンの問題」というのは簡単にいえば「なんで幼児は誰からも言葉を教わったわけでもないのにあんなに短時間でかつ大量に言葉を覚えていくのか」という疑問のことを言いますがもし学習説の立場をとるならば
    誰かに教わったわけでもないのに短時間のうちに言語を習得していくのは困難ということになります。また、言語能力が成長していくならば
    年をとるにつれ言語習得能力が上がっていくわけですが実際はむしろ衰えていきます(英語を習得する時の難しさを思い出していただければ良いと
    思います)。この疑問は言語を学習していくのではなく最初から人間に備わっていたのだ(これを生得説といいます)、と考えれば解決できます。

    もうひとつ本書のカギになるのは言語とはなにか、ということです。本書では言語を「文法をもった言葉」としています。
    ではなぜそのような定義になるのでしょうか?もし言語をただ単に言葉と定義してしまうと動物の鳴き声などまでもが
    言語に含まれてしまうわけです。したがって本書では前者のような定義をとるわけです。また、よくテレビなどで猿が言葉を覚えた
    とか言いますが、あれはただ単に言葉の羅列を覚えただけであって規則をもってなにかの意図を伝えたという例はありません。
    こういった間違いも回避できることがこの定義の利点でもあります。

    以上のこと以外にも多くの新しい知見を得られるのなかなかおすすめの一冊です。























  • 言語に規則があるのは、人間が言語を規則的に作ったためではなく、言語が自然法則に従っているからである―。こうしたチョムスキーの言語生得説は激しい賛否を巻き起こしてきたが、最新の脳科学は、この主張を裏付けようとしている。実験の積み重ねとMRI技術の向上によって、脳機能の分析は飛躍的な進歩を遂げた。本書は、失語症や手話の研究も交えて、言語という究極の難問に、脳科学の視点から挑むものである

  • 言語が脳でどう処理されているかを扱った一冊。筆者はチョムスキーの下で学んだだけあり、L1獲得では生成文法的な立場を取っている。それだけで馴染みの薄い分野なのに、脳科学という更に馴染みのない学問が加わり、個人的には新書というよりは学術書に近い難解さだった。しかし脳科学と言語学の融合は魅力的な分野であり、その基礎知識を得るには良い本なのではないか (11/26読了)

  • おれがぴちぴちの高2のときNHKかなんかが「大学の講師に高校生相手に講義させよう」って番組を企画、それに行ったときの講師がこの酒井邦嘉さん、んで彼がただで配ったのがこの本。
    言語学は文系、脳科学は理系に分けられる今の日本の研究のあり方を憂えてらっしゃる。チョムスキーの言語生得説を推してる。
    中盤ちょこちょこと素人には難解な医学(?)用語満載だったけど、全体としては読みやすい。
    とにかく言語と脳ってのはおもしろいものだと思う。研究する上でいろんな制約はあれどこれから開拓される分野だろうし。
    ピジンやクレオール、人工知能の話、手話が自然言語だったり。

  • 脳科学とくに認知の専門書でちょっと敷居が高い本。特に中間あたりは難解。しかし言語習得のための臨界期(感受性期)、早期教育、幼児は言語の天才といわれる所以を知りたい方にはもってこいの本です。12章『言語獲得の謎―言葉はどのようにして身につくか』13章『感受性期とは何か―子どもは言語の天才』は、DWEの営業マンが言ってることに対する科学的根拠の裏づけになるような内容で面白いです。

    この本を読むならば、12章、13章から読み始めて、必要とあらばそれ以前の章を参照するという読み方がおすすめです。

    これにあわせて読むのにオススメな本は赤ちゃんと脳科学や早期教育と脳です。

    脳科学の視点から行き過ぎた早期教育に警鐘を鳴らす本です。また幼児へのテレビの影響が気になる方にもおすすめです。この2冊で脳科学からの幼児教育へのアプローチはうまくバランスがとれると思います。

  •  チョムスキーという人が、普遍文法という説を唱えてらっしゃるそうで、それは「文法」というものは元々人間のもつ能力なのであって、後天的に得るものではない…という説らしいです。で、じゃあ文法をつかさどる脳のモジュールなり遺伝子なりがあるのかって話ですが、それはどうも将来的な話のようです。
     結局、チョムスキーの言うことが正しいのかどうか、正しいとして実証する方法があるのかどうかについては雲を掴む感じで、ド素人の私にはわかりませんでした。少なくとも、本を読んだ限りでは「脳はどのようにことばを生みだすか」は未だほとんどわかっておらず、文法に関しては言葉以上にわかっていない状況があるというのはわかりましたが、だとすると少しこの本のタイトルは問題があるでしょう。バイリンガルの失語症の話などはおもしろかったですが、お茶を濁された感じが否めません。全体としてフェアじゃないな、と思いました。

全36件中 1 - 25件を表示

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)に関連するまとめ

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)の作品紹介

言語に規則があるのは、人間が言語を規則的に作ったためではなく、言語が自然法則に従っているからである-。こうしたチョムスキーの言語生得説は激しい賛否を巻き起こしてきたが、最新の脳科学は、この主張を裏付けようとしている。実験の積み重ねとMRI技術の向上によって、脳機能の分析は飛躍的な進歩を遂げた。本書は、失語症や手話の研究も交えて、言語という究極の難問に、脳科学の視点から挑むものである。

言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか (中公新書)はこんな本です

ツイートする