「超」文章法 (中公新書)

  • 1033人登録
  • 3.31評価
    • (37)
    • (66)
    • (204)
    • (21)
    • (7)
  • 92レビュー
著者 : 野口悠紀雄
  • 中央公論新社 (2002年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016621

「超」文章法 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教養として、とっかかりとして付き合って行こうと思う。
    ただ、ちょっと論調が怖い。おっさんの説教じみた感じが否めない。センスがあるかといえば−1☆。

  • うーむ。いまいち。

  • 具体的な文章作成のコツが凝縮している。要点のみを流し読みだけでも十分事足りる。

  • 文章を書く際には参考にしたい。

  • 良書として有名、正確な文章を書くための方法が文章の構想~校正まで一貫して論じられている。しかし、なぜか内容が頭に入ってこない、精読が必要

  • 読みやすい。メッセージがもっとも大事なことを痛感。

  • *わき道にそれる場合、最低限接続詞を示すべき。
     「なお」、「ところで」
    *パソコンを活用し、作業量の8割を占める部分を減らす。
    *まず始める。
    *文章は一次元
    *150文字、1500文字(A4 1枚)、15000文字

  • 「伝えたいことをどう書くか」について書かれた本。

    超文章法というタイトルをつけてるだけあって、読みやすく、すっと内容が入ってくる。
    著者独特の皮肉っぽい?言い回しがついついクセになって、堅い内容なのに読み進めてしまう。
    各章まとめが章末にあるので、「各章まとめ読んで、興味があるところだけ本文を読む」読み方でも、普段文章を書きなれてない人には十分参考になる。

  • 「文章を書く」ということについて、さまざまな角度から解説した一冊。文章の仕上げ方等を具体的に示すのはもちろん、文章を書く「前」にするべきことまで説明。

    文章術の本は、てにをはやボキャブラリーなど、表面的なことを解説するものが多い。この本でもそうしたことは解説しているけれど、前提として「表面的な文章が整っていても仕方がない」「メッセージがない文章は意味がない」などと主張していたのが面白かった。「何のための文章なのか」を考えるきっかけになると思う。

    後半の表面的な文章術の部分は、時代遅れだったりかなり私見が入っていたりする箇所が多かった。日本語的に正しくない言葉、がいくつか挙げられていたけれど、中にはもう完全に市民権を得ているものもあったので。

  • 最近文章を書く仕事が多いので本書を購読。本書は新書の中では名著の一つに数えられるでしょう。自分が文章を書くとき悩んでいることに対する解決策がよく書かれている。大変参考になった。
    ・何を読者に伝えたいのか、が大事。その解決策は考え抜くしかない。しかしはこれは内面のプロセスに過ぎない。これ以外には、他者との会話の中から見つかることもあるし、また自分の得意分野を糸口に見つけることもできる。
    ・文章の骨組みの作り方。対立概念をあげて自分の主張したいことに説得力をつける。
    ・文章に説得力をつける。比喩、具体例、引用を示す。しかし、フランスでは、経済学では、アメリカでは、などいう読み手を見下ろすような「出羽キツネ」文章は極力避ける。
    ・複文は避ける。接続詞を使って文章を分けたほうが読みやすい。主述ねじれシンドロームと主語述語失踪事件に注意する。「その理由は、日本語の文法が特殊だからだ。」はおかしい。「その理由は、日本語の文法が特殊なことだ」が正しい。「私はこの部分が本書の最重要箇所だと思っているのだが、わかりにくい」はおかしい。わかりにくいの主語は、この部分は、であるはず。最初の文の節中文の主語として現れてはいるものの、正確には繰り返さなければならない。そうしないと私はわかりにくいことになってしまう。
    「複文では、主語と述語が離れることが多いので、意味をとりにくい。例えば、次の文章のように・・・」
    ・推敲の段階で、いらない文章は削りに削る。曖昧接続の「が」はパラグラフで2個まで。小生、僕というのはやめる。殿は目下の人に対するもの。「さらなる」はつかわない。メモを頻繁に取る。

全92件中 1 - 10件を表示

野口悠紀雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
ジェームス W....
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

「超」文章法 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「超」文章法 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「超」文章法 (中公新書)の作品紹介

企画書、評論、論文など論述文の目的は、伝えたいメッセージを確実に伝え、読み手を説得することだ。論述文の成功は、メッセージが「ためになり、面白い」かどうかで決まる。それをどう見つけるか。論点をどう提示するか。説得力を強めるために比喩や引用をどう用いるか。わかりやすい文章にするためのコツは。そして、読み手に興味を持ってもらうには。これまでの文章読本が扱ってこなかった問題への答がここにある。

ツイートする