幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)

  • 57人登録
  • 3.73評価
    • (6)
    • (4)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 野口武彦
  • 中央公論新社 (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016737

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書という手に取りやすい形で、幕府陸軍について書いて下さっただけでも拝みたい気分。比較的分かりやすく纏まっていると思う。
    日本の身分制度は、近代的な軍隊には馴染まないのだなあと感じた。手探り状態での軍制改革という印象。
    薩摩や長州の軍制改革がどのように進んでいたのかを調べて、比較してみるのも面白いかも。

  •  幕末の幕府歩兵隊について書かれた本です。有名な人はほとんど出てきません。

     よくまとまっていてわかりやすいと思います。有名な人に焦点が当てられがちな幕末の中で、無名な人たちの集団である歩兵隊を扱った本は少ないので良いと思います。
     武器の性能についても細かく書いてありますし、特別な知識がなくてもいけます。
     私が良いと感じるのは、やはり幕末の身分や格差社会に目が向けられている事です。
     ただ、著者の想像によって書かれているところも多く、また著者の好き嫌いで扱いに差があり、深く検証せずに結論を出している箇所もいくつか見受けられました。幕末の社会についてももう少し深くほしかったなと思いますが、まあこちらは紙幅の都合などありますので………

     個人的には大鳥圭介が伝習隊を結成した時の記録に笑ってしまった。大鳥さん、貴方の身長はいったいいくつだったんですか(笑)

  • 野口武彦著。

  • [ 内容 ]
    幕府歩兵隊をご存じだろうか。
    幕末の徳川幕府には近代装備の兵士がいた。
    水戸の天狗党とたたかい、長州の奇兵隊とたたかい、薩摩の小銃隊とたたかい、幕府瓦解の後は、関東・東北・北海道を転戦し、全官軍を向こうにまわして最終ラウンドを飾った。
    幕末の歩兵は、サムライでもなく帝国陸軍の兵隊でもなかった。
    この歩兵隊という特定の視界から幕府倒潰の秘密に迫る回路を探り、彼らを歴史の主役に抜擢する。

    [ 目次 ]
    第1章 幕府歩兵隊へのファン・レター
    第2章 歩兵組の創設まで
    第3章 歩兵の社会学
    第4章 長州戦争と幕府歩兵隊
    第5章 慶応の兵制改革
    第6章 鳥羽伏見の戦
    第7章 戊辰戦争と歩兵隊

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

野口武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)に関連するまとめ

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)の作品紹介

幕府歩兵隊をご存じだろうか。幕末の徳川幕府には近代装備の兵士がいた。水戸の天狗党とたたかい、長州の奇兵隊とたたかい、薩摩の小銃隊とたたかい、幕府瓦解の後は、関東・東北・北海道を転戦し、全官軍を向こうにまわして最終ラウンドを飾った。幕末の歩兵は、サムライでもなく帝国陸軍の兵隊でもなかった。この歩兵隊という特定の視界から幕府倒潰の秘密に迫る回路を探り、彼らを歴史の主役に抜擢する。

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)はこんな本です

ツイートする