イスタンブールの大聖堂―モザイク画が語るビザンティン帝国 (中公新書)

  • 57人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (7)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 浅野和生
  • 中央公論新社 (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016843

イスタンブールの大聖堂―モザイク画が語るビザンティン帝国 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 聖ソフィア大聖堂の成りたちとその特異性を、歴史面、宗教面、芸術面で語る。なかなか分かりやすかったが、自分の関心の問題が。ビザンツ帝国はなかなか入り込めないところがあったので、断片的にだけでも知る機会になったかな。

    13/12/1

  • キリスト教とイスラム教の要素が含まれる
    不思議な大聖堂。
    この大聖堂はオスマン・トルコ帝国の侵入により
    キリスト教としての建造物の役割を
    終えることとなりました。

    確かにその後は寛容だったのですが
    やはり宗教差というのは
    なかなか溝が埋まらないもの。
    そのために現在もそういった
    確執は続いているのです。

    もし人が、欲に駆られなかったら
    こんなことも起きなかったと思うと…

    建造物の内部には
    多くの謎が未だに残されています。
    人が生きた歴史、
    本当に神秘的なものです。

  • 【資料ID】80382
    【分類】209.4/A87

  • 著者のおしゃべりを聞いているように感じる本。モザイク画にまつわるエピソードと歴史の動きが語られる。モザイク画作成の経緯が推理小説のように解釈されてゆくのだなあとわかって面白い。

  • トルコのもう一つの顔に引き続いてトルコ旅行の予習に買って見た本。しかし、アヤソフィア(聖ソフィア大聖堂)の来歴を辿りながら、ビザンツ帝国の歴史を眺めていくという本でそこまでトルコは関係なかったりした罠。まぁアヤソフィアを訪れるのが楽しみになったしよしとしよう

  • 行く前にぜひ。特に、意外と行くまで知られていないアヤソフィアについて学ぶべき。

  • 聖ソフィア大聖堂のモザイクを話題の中心にビザンティン帝国の歴史を描き出す本。痒いところにまで手が届き、優しくわかりやすく丁寧に解説してくれる。行き届いた親切さに勝手に、著者は女性だと思っていたが、男性である。新書の鏡のような良書。

  • <a href="http://www.bk1.co.jp/product/02289947"><B>イスタンブールの大聖堂</B>モザイク画が語るビザンティン帝国</a><br>(中公新書 1684)<br> 2003.2<br><br><br>現在のイスタンブルに残るビザンティン時代の遺構を巡った後、<br>聖ソフィア大聖堂を中心に、建築様式やモザイクについて述べている。<br>ビザンティン帝国時代の話メインなので、カテゴリーは「地中海」で。<br><br>この時代のモザイクは、ローマ時代のそれに比べて<br>「レベルが落ちる」というのが定説だが<br>ここの聖ソフィア大聖堂やカーリエ博物館のそれは当てはまらないと思う。<br>また目立たないけど、ヒッポドロームの南にモザイク博物館があって<br>ビザンティン時代の大宮殿のモザイクが展示されてます。<br>お時間があれば是非訪れてみて下さい。ちっこくってカワイイ建物です。

全8件中 1 - 8件を表示

浅野和生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

イスタンブールの大聖堂―モザイク画が語るビザンティン帝国 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イスタンブールの大聖堂―モザイク画が語るビザンティン帝国 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イスタンブールの大聖堂―モザイク画が語るビザンティン帝国 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イスタンブールの大聖堂―モザイク画が語るビザンティン帝国 (中公新書)の作品紹介

西洋と東洋が交錯する町、インスタンブール。ブルーモスクとともに市中に聳える聖ソフィア大聖堂は、六世紀、ビザンティン帝国のもっとも格の高い聖堂として建てられ、皇帝の戴冠式をはじめとする数々の儀式が行われた場所である。大聖堂の建築様式と堂内に飾られた壮麗なモザイク画を豊富な写真で紹介しながら、千年の栄華を誇った大帝国がオスマン・トルコの征服によって滅亡するまでの運命を読み解く。

イスタンブールの大聖堂―モザイク画が語るビザンティン帝国 (中公新書)はこんな本です

ツイートする