教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)

  • 685人登録
  • 3.45評価
    • (26)
    • (72)
    • (127)
    • (13)
    • (2)
  • 69レビュー
著者 : 竹内洋
  • 中央公論新社 (2003年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017048

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
遠藤 周作
フランツ・カフカ
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  •  本書は,大正時代の旧制高校以来,日本の大学にみられた教養主義とその没落を追究する。教養主義とは,哲学,歴史,文学など,人文学の読書を中心にした人格形成をめざす主義を意味する。この学生文化は,古典の読書に限らず,高い知性を誇った総合雑誌や単行本の購読を通じて培われてきた。教養主義は,1950年の旧制高校廃止でも滅びることなく,アンチ軍国主義の象徴として,マルクス主義とともに60年代半ばまで生き延びる。対照的に,新制高校出身で都市ブルジョア文化に育った石原慎太郎は,教養主義の刻苦勉励的心性に対する生理的嫌悪を,当時の作品の中で示していた。
     教養主義に軋みが出てきたのは,1960年代後半からである。筆者はその理由として,貧しく寂しい農村の消滅,日本の高等教育におけるエリート段階の終了とマス段階の開始,そして大卒のグレーカラー化の3点を挙げる。企業に経営幹部として期待されるわけでもなく,大量に採用されるサラリーマン予備軍にとって,教養は無用なものとなる。大学紛争世代による教養知識人への執拗な糾弾も,ただのサラリーマン予備軍への不安と憤怒に由来したのではないかと,懐古する。
     筆者は,教養の機能として,人間の環境や日常生活への充足をはかる「適応」,効率や打算,妥協などの実用性を超える「超越」,自らの妥当性や正当性を疑う「自省」の3作用の必要性を説く。1970年代以降の教養機能では,「適応」の肥大,「超越」と「自省」の急速な衰退によって,3作用のバランスが失われてしまった。筆者は,旧制高校的教養主義の復活を時代錯誤として一蹴しながらも,いまこそ旧制高校的な教養主義を通じてその意味や機能を考えるチャンスだと述べる。大正時代の教養主義は,印刷媒体とともに,教師や友人などの人的媒体を介して培われてきた。戦後の大衆教養主義がそれを著しく希薄化させただけに,今後教養を培う場としての対面的人格関係の重要性を主張している。
     これまで,齋藤孝『なぜ日本人は学ばなくなったのか』講談社,2008年と,小林哲夫『高校紛争 1969-1970』中央公論新社,2012年を読んできた経験が,本書における教養主義やそれに関する価値観に対する理解を可能にしてくれた。おそらく筆者が最も言いたかったのは,終章の部分だろう。それだけに,序章~5章の200頁を割いて綴られてきた教養主義の栄光と,たった1章の間に崩壊してしまった教養主義の成れの果てが,対照的に描かれている。おりしも,全共闘世代から絶大な共感を得た吉本隆明が昨日死去した。これも,教養主義を再評価するひとつのタイミングだと言えるのかもしれない。

  •  旧制高校を中心とした、“教養主義”に関する歴史と考察。筆者の懐古趣味も多分に感じられる。基本的に文系の世界のことなので、理系な自分には半分くらいしか共感できないが、あれは古き良き時代、なのか。

     自分が学生だったのは本書の中で最も新しい時代分類に属するが、その時代の学生の読書状況には恥じ入るばかりだ。あの頃、もっと本を読んでおくべきだった。それは確かだ。

  • ルナール にんじん
    芥川短編集
    三太郎の日記
    善の研究
    夏目漱石 こころ
    1930 総合雑誌を読む=知識人の最低限のこと
    森戸事件
    第一次共産党事件

    ハビトゥス=態度・姿勢
    アリストテレスの概念「ヘクシス」をスコラ哲学者がラテン語に翻訳したもの
    社会学者ピエール・ブルデューによって、主観主義(主体の哲学)と客観主義(構造主義)を統合した社会分析(ポスト構造主義)のための方法概念として洗練された。

  • あまり好きじゃないがヨーロッパでも日本でも各国の上流階級が持っている文化はフランスのものに近いという言説には納得。

  • 私はつい最近まで「教養」というものを大変軽く考えていた。大学では教養課程と専門課程があるが教養課程というものは専門課程にいたるための準備くらいにしか考えていなかった。学生の頃は幅広い教養なんてものにかかわずらっているより特定の分野の深い知識を身につけた方がいいと能天気に考えていた。昔の学生はむしろ教養の方を上位に位置づけていたようだ。当時の学生はまぎれもなくエリートであり明日の日本を背負って立たなければいけないという自覚を持っていた。目指すところは洗練された西洋文化であり後ろを振り返るとそこには自分たちが後にしてきた貧しい農村の姿があった。切実な上昇志向と使命感が教養主義を形作っていったのではないかと思う。だから教養主義は同じ西洋志向でも使命感の有る無しで「ハイカラ」と対立するし、同じエリート志向でも西洋に源泉をもとめるのかこれまでの伝統的なものに根ざしているのかによって「修養主義」と対立する。従って伝統的で町人文化に根ざした「江戸趣味」は教養主義の対極に位置する。

  • 図書館勤務時代、最近の若い者(学生)は本を読まん…とかいう老教員の嘆きを耳タコで聞いてきたが、それってどういうことだったんだろう…ということを何となく理解(ぉ

  • 1942年(昭和17年)生まれの社会学者で、自ら“プチ教養主義者”であったと語る竹内洋氏が、大正時代の旧制高校を発祥地として、約半世紀に亘り日本の大学において主流であった“教養主義”について、その変遷と没落の過程を綴ったものである。
    本書の内容を時系列に整理すると概ね以下の通りである。
    ◆大正時代に、阿部次郎や和辻哲郎らが教養主義文化の伝道者となり、阿部の『三太郎の日記』や和辻の『善の研究』などが刊行され、旧制高等学校を主な舞台に“大正教養主義”が定着する。
    ◆しかし、ほどなく知的青年の文化はマルクス主義へと変化し始め、大正時代の終りには、マルクス主義本を読んで理解しない学生は馬鹿であり、読んで実勢しない学生は意気地なしとされるようになる。しかし、マルクス主義が読書人的教養主義的であるかぎり、両者は反目=共依存関係にあり、だからこそ従来の教養は「古い教養」で、マルクス主義こそ「新しい教養」ともみなされた。
    ◆昭和10年代に入ると、マルクス主義への弾圧が強まり、それを埋める形で河合栄治郎らが主導する“昭和教養主義”が復活する。マルクス主義をかいくぐった昭和教養主義は、大正教養主義が内面の陶冶を目的としていたのと異なり、社会に開かれた教養主義であった。
    ◆第二次世界大戦後は、1950年(昭和25年)に旧制高校は廃止されたものの、教養主義やマルクス主義の抑圧が戦争につながったとの考えを背景に、教養主義は甦り、かつマルクス主義と著しく接近した。こうして教養主義が復興・存続し得たのは、庶民やインテリが明確な階層文化を伴って実体的に存在していたことが大きい。
    ◆その後、1960年代後半に大学進学率が上昇しはじめたことに伴い、学歴エリートとしての教養知は必要なくなり、教養主義文化は駆逐されていった。
    私は1960年代生まれで、本書に描かれた時代は全く経験しておらず、“教養主義”という言葉に実感としてはポジティブな感情もネガティブな感情も持ってはいないが、著者の「わたしのほうは、旧制高校的教養主義をもういちどそのまま甦らせるべきだなどという気持ちはないにしても、読書による人間形成というそんな時代があったこと、いまでも学生生活の一部分がそうであっても当たり前だ、と思っている」という言葉には世代を越えて共感するし、平均学歴が上がったからといって、教養知が不要になったなどとは全く思わない。
    “教養(主義)”が輝いていた時代を知ることができる一冊である。
    (2014年5月了)

  • 最近、反知性主義というものがキーワードになっている。欧米の反知性主義は神を信ずるが故に知性を軽んじるようなものらしい。一方、日本の場合は宗教的な原因はあまりないだろう、果たしてなぜだろうかと思っていた。そんなとき読んでみたのが本書だった。
    各年代で日本での教養とは何を象徴するものだったのかを知り、自分が教養をどう見ているかということを考えながら読んだ。社会史のなかでの自分を客観視することができて面白かった。

  • 「知識人」と呼ばれる人にあこがれがある。
    教養主義とは少し違うが、「経済学部でした」と言うと、「今の学生はマルクスなんて学ぶのかな?」とおえらいさんから問われてまともに答えられず恥じ入ることが多い。
    全く勉強せず「レジャーランド」的なキャンパスライフを送っていたが、恥ずかしながら読書にめざめたのは社会人になってからだし、難しい本を読んで人格を形成する「教養主義」なるものに何か憧れを感じるようになったのもここ数年のこと。あと50年はやく生まれていたら、どんな学生生活を送っていたのだろうか。

    あくまで比較での話だが、教養主義にはまる学生のイメージ(身体とハビトゥス≒出自から来る価値観)はこうだ。農村的で貧困で、スポーツ嫌い、不健康。就職先は教員に限られ、将来裕福になる望みは小さいが、プライドが高く、本を熱心に買っては身の助けにもならない勉学に勤しむ。
    大正、昭和に隆盛期を迎えた教養主義はある種、新興の山の手文化から見た下町文化、知的エリートから見た団塊の世代という階級間の劣等感を埋めるための着ぐるみだったようだ。
    だから1960年代、「高等教育がエリート段階からマス段階」になり、農村文化が衰え、目に見えていた階層が消えて中間層が形成された時期に、かつて分厚かった教養主義の着ぐるみはペラペラのコートになってしまい、学生紛争を経て衰退していく。

    1つの切り口に過ぎないが、教養主義の役割や隆盛、衰退の過程が見えた。納得。教養主義の意義が低下した現代において、自分は今、どんな着ぐるみを求めているのだろうか。
    余談。中公新書の販促で佐藤優氏お薦めの4冊。「文化人類学入門」と「アーロン収容所」「詭弁論理学」にこの本。最後はキャンペーンにのせられて買ったわけだが、残る3冊は過去に読んでいて、本を選別する眼が鍛えられてきたと実感できた。

    ・大正教養主義はマルクス主義を呼び、マルクス主義が弾圧されると再び、昭和教養主義が息を吹き返した。
    ・就職転向 成長志向の企業文化と生活民主主義の企業組合文化は調和関係になるが、それらと急進運動化する学生文化の相違が鋏状に開いていく
    ・教養主義の本堂を旧制高校とすれば、帝大文学部は、その奥の院
    ・岩波茂雄 一高を中退し、東京帝大文化大学専科修了だという・・・こうした境界人ポジションは、岩波と執筆者の間に了解圏と距離化の二重性をもたらした
    ・秀才文化が教養である。秀才文化は既存文化の享受者か、せいぜいが批判的教授である。破壊的・再構成的でない
    ・文化の生産者を対象とし、公衆と公共圏を創出する純粋文化界は、正統的正統化の市場であるのに対し、文化の消費者を対象とし、既存の公衆と公共圏によって創られるマス文化界は大衆正統化の市場であるが、岩波文化はその中間領域にポジショニングすることによって民間アカデミズムの地位を獲得した。
    ・教養主義と修養主義 克己や勤勉などによる人格の完成を道徳の中核とする精神・身体主義的な人格主義
    ・西欧文化への志向があるかないか、武士・農民文化か、町人文化か、という要素で成る、教養主義、ハイカラ、江戸趣味、修養主義のチャート図(P179)
    ・山の手文化は新参者の地方出身者が生粋の江戸っ子である下町文化(粋)に対抗するための文化戦略(ハイカラ)だった。下町から山の手に対して反価値として繰り出される「野暮(不粋)」に対して、山の手は下町に対して「下品(下卑ている)」を繰り出した。粋と上品。
    ・教養主義についての知見、すなわち西欧文化の刻苦勉励的な習得であり、そうした志向と態度は地方出身者の知的青年のエートスと親和性を持つ
    ・教養の理想は高貴な生まれという生得的地位(ascribed status)に代わる業績的地位(achieved status)の証
    ・マルクス主... 続きを読む

  • この本を読んで思ったのは自分は戦前戦後における大学においての教養主義に憧れを持っているのだなということである。モラトリアムを十二分に満喫した読書至上主義は今のアルバイトや就活に明け暮れる大学生活とは大きく異なるものである。もちろん本書で語られているのは東大という最高学府における大学生活とはであるが。

  • 「教養」とは何か?
    これを読んでおけば、「教養人」という共通理解は、僕たちの世代にはほとんどないのではないか…
    本著は、大学院の講義を担当し、教育社会学(歴史社会学)の魅力を教えてくださった竹内洋先生の代表作。
    大正から戦後に至るまでの「教養」のあり方を読み解く。

  • 大正時代から昭和までの教養主義の流れを紹介する本。
    教養主義の欠片もない世代の私にとっては、教養主義のにおいを感じることができる一冊である。
    この本に示された、1950年代の京都大学における学生生活風景(p,67)の、学生の気品があふれた雰囲気に驚きを隠せなかった。

  • 私はこの文中でもときどき言及されている某大学の生徒なのですが大学生活を送っていても今までより教養というワードが話者の意図した様々な意味合いで使われているので、そもそもどういう意味・由来なのかと疑問に思ってこのほんを取ってみました。
    実際にそのような内容は必要以上にもりだくさんで、どちらかというと中高年の大学紛争などの時代を生きた方向けに書かれた書籍だなと感じました。とはいえ若い人でもおおよその雰囲気を知ることは十分できる上にこのような分野で新書のように概要を知ることのできる本もあまり見当たらなかったので、そういう意味合いではありなのかなとは思います。

  • 教養そのものの在り方を見つめ直す契機となる一冊。

    「教養」とはかつて、一種のステータスであり、また同時に世を善くしようための、人格形成の一要素と認識されていた。
    しかし、1960年代の新中間層の発生に伴い、かつての教養主義は大衆的なもの、いわば大衆教養主義へと陥った。
    1970年代になると、好景気の煽りを受け、企業の大量採用が開始された。これは専門知・教養知の不必要を意味した。

    こうしてかつて教養を担った大学生は「サラリーマン予備軍」と化した。
    「サラリーマン」文化の蔓延と覇権こそ、教養主義の終わりをもたらした最大の社会構造と文化であったのだ。

    では、我々は何故教養を求めようとするのか?
    解説にて、井上俊は教養に関しての三つの要素を挙げる。

    1.適応
    2.超越
    3.自省

    つまるところ、生きることにおいて「善き生き方」を模索し続ける、その態度こそ教養ではないだろうか。

  • なんだかせつない。

  • 日本で言われていた「教養主義」の歴史的経緯や
    その背景についての本。教養主義というのが
    マルクス主義と絡んで成立していくのは意外だった。

    大正ロマンを受けて田舎くさい教養主義の没落は
    切ない。

  • 戦前は古本屋店主・岩波巌男が夏目漱石の心を出版したことから、教養主義の代表としての岩波文化が登場。講談社とのその後の歴史を分けた経緯。「小川三四郎」の1906年頃の学生文化。そして戦前の教養マルクス主義の全盛。戦後には左翼文化人として世論をリードした丸山眞男たち。石原慎太郎、大江健三郎、そして高橋和巳の僅かの生まれた時期の差が、旧制高校文化の有無への影響。そして60年安保頃の関西大学生の読書・雑誌のレベルの高さ。それが、今では東大・京大生も漫画本に変わっていった歴史の変化。80年代の京大・経済がパラ経(パラダイス経済学部)と言われたことに見られるような学部別の父親の職業・社会階層の関連性分析。教養主義が衰退し、現在の大衆主義に以降していくその歴史の分析が非常に鋭く、ちょうど狭間の世代であった自分自身の過去とも結びつけながら楽しく読みました。全共闘学生がなぜ丸山眞男を攻撃し、吉本隆明を崇拝したのか、かれらの出自の分析から、その屈折した心情を抉り、確かに「サラリーマンとして平凡な人生を歩む予感からくる恨み」のようなものが、デモに参加する学生たちの心にあったことは事実だと思います。

  • 半分くらいで萎える。なぜだ。
    『高校生のための哲学入門』を本屋で見かけたときに思い出した。最近の大学生がいかに教養を軽視しているか、そして昔の大学生がいかにして教養主義に飲まれていったかなんて構造が浮き彫りに。なんとなく底に文系の就職率低き学生だってがんばってお勉強してるんだ!みたいな、意思のようなものがチラと見えた気がした。自分が就活生だから僻んで読んでしまうのかも。いかん

  • 「教養主義」とは?大正時代から1970年代までにキャンパスの規範文化であった教養主義。

    ここでいう教養主義とは、歴史、哲学、文学などの人文系の書籍の読書を中心として人格を形成するために読書をすることをいう。

    『善の研究』『三太郎の日記』『ウィルヘルム・マイスター』『ファウスト』『ツァラトゥストラはかく語りき』『純粋理性批判』『実践理性批判』

    自慢ではないが上記の本は1冊も読んだことがない。(『純粋理性批判』は積読状態)この本から教養主義時代の読書なるものを垣間見た気がする。高度な文学に触れると人間は無力化するという。 その文学や哲学によって人格を形成する世代。 高度経済成長期を支えたおじいちゃん世代。 かなり尊敬の念を抱く。

    しかし、教養主義は1970年代からNOを突き付けられる。 特権的身分の喪失、技術学の到来、農村の消滅などで。

    教養主義時代の学生は、毎日図書館に通いつめ、上記の本を読みあさったらしい。といっても、大学生で上記の本を読み漁るような強者は、全体の20%にも満たなかったらしいが、今の学生で教養主義時代のように本を読む割合は、2~3%だと言われている。

    現在、プチ古典ブームだったり、教養主義復活の潮流がおこっているのか。

    さて、教養主義が学生達を魅了した背景と衰退した理由が興味深い。

    まず教養主義が盛んになった背景は、西欧文化の取得。明治天皇が華族(日本の皇族・財閥家系をはじめとする貴族)を集め、積極的に西欧化するように求めたことから、徹底的に西欧文化の吸収を目指した。

    西欧文化の取得に学歴エリートが加わるが、日本人にとって西欧文化は伝統的身分文化ではないから、どのような階級からも遠い分かだった。どのような階級からも遠いところということは、障壁は階級間で平等だということであった。そのため、教養という名の西欧文化が加速度的に取り入れられていったのか。

    西欧文化に触れた知識人。学校の教壇で、ドイツ語でかかれたドイツ文学の本を持ち、哲学の難解な解釈を述べる先生がいれば、田舎の学生は西欧文化に強烈な憧れをもつ。著者がいうように、教養主義が盛んになった理由として、親が農業従事者である地方出身学生が教養主義にはしった。 対象時代には、学生の教養主義をさらに加速させたのが、岩波書店という文化装置。 当時、帝大教授の中心的な仕事は、欧米学者の学説研究と欧米事情の紹介研究であった。翻訳中心の岩波書店が共振していた。夏目漱石や森鴎外などの本もあったが、中心は西欧文化の本が中心であった。

    1960年代の大学紛争時代あたりから教養主義の衰退がみられる。

    教養主義の大きな原因は大学進学率上昇による特権的身分の消滅である。

    高等教育は該当年齢人口の15%までの進学率の段階がエリート段階で、15%を超えるとマス段階になるという説がある。

    実際に、卒業後の進路はそれまでの幹部社員や知的専門職でなく、ただのサラリーマン予備軍になりはじめていた。

    「大学紛争後の大学生はこう悟った。学歴エリート文化である特権的教養主義は知識人と大学教授の自己推薦や自己拡張にのせられるだけのこと、大衆的サラリーマンが未来であるわれわれが収益を見込んで投資する文化資本ではない、と」

    「大学紛争は大衆的サラリーマン像を鑑に、教養知の特権的欺瞞性を喧噪のなかで白日の下に晒したが、実は、その前にサラリーマン社会は、テクノクラート型ビジネスマン像を鏡に、専門知(機能的な知識人)への転換による教養知(教養人)の無用化を静かに宣言したいた。」

    教養主義は、大学紛争や技術学の到来によって解体されていった。

    現代の大学生の人間形成の手段は?

    従来の人文的教養ではなく、友人との交際を選ぶ傾向が強く、同時にかつての文学書と思想書をつうじての人文的教養概念が解体している... 続きを読む

全69件中 1 - 25件を表示

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)の作品紹介

一九七〇年前後まで、教養主義はキャンパスの規範文化であった。それは、そのまま社会人になったあとまで、常識としてゆきわたっていた。人格形成や社会改良のための読書による教養主義は、なぜ学生たちを魅了したのだろうか。本書は、大正時代の旧制高校を発祥地として、その後の半世紀間、日本の大学に君臨した教養主義と教養主義者の輝ける実態と、その後の没落過程に光を当てる試みである。

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)はこんな本です

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)のKindle版

ツイートする