オールコックの江戸―初代英国公使が見た幕末日本 (中公新書)

  • 63人登録
  • 3.83評価
    • (6)
    • (8)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 佐野真由子
  • 中央公論新社 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017109

オールコックの江戸―初代英国公使が見た幕末日本 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  •  江戸時代末期に英国公使だったラザフォード・オールコックの人生を切り取った本。英国公使の視点で見ることで日本史で習った幕末の違った見え方を知ることができる。オールコックという人物をこの本を読むまで知らなかったが日本の歴史に水面下で大きな影響を与えている。教科書では直接歴史を動かした事件、人物で一杯一杯になっているから歴史の裏舞台を知ると今までの歴史観が変わる。
     オールコックと幕府の外国奉行とのやりとりを見ると、幕府はただ外国に押されてばかりではなかったのだということが分かる。特に神奈川を開港する条約を結ばされて横浜村を埋め立てて神奈川と言って通したのは面白い。外国人商人をうまく利用して政府代表の口を閉じさせた見事な手腕を持つやり手が幕府の中にもいたのだ。最近だと「竜馬伝」で幕府は外国の言いなりで攘夷派の敵というイメージが強かったが、実際には国を守るために奮闘していたようだ。
     オールコックは日本の治安、幕府に対して不満を通り越して怒りを覚えることもしばしばだったが一方で日本の生活様式、自然、工芸品などに魅せられていた。著者は「オールコックの強みは、何か一つの面についての不満や怒りが、他のすべてを否定的な色で包んでしまうことがないところにある。」と述べている。
     この時代の特徴として通信手段が発達していなかったことが挙げられる。スエズ運河までは電信が通っていたがそこより東は船で手紙を運んでいた。日本から英国には片道2か月を要したという。この「時間差」は様々な事件に関わり、時代の流れを左右する重大なファクターだっただろう。
     さて1861年、幕府は新潟、江戸、大阪、新潟、兵庫の開港開市の延期を求めていたが当初オールコックはこれを拒否していた。しかし老中との秘密会談が実現したことで当時の幕府の置かれている状況を正確に理解し開港開市の延期を容認する姿勢に変わった。オールコックはこの時の秘密会談に非常に大きな感慨を感じたようである。
     時を同じくして英国で万国博覧会が開催され日本の参加の可否を問う手紙が届いた。オールコックは日本を国際舞台でアピールするのと開港開市の延期の交渉を同時にやろうと考えた。様々な困難を乗り越えた末この計画は概ね成功したと言えるが日本に帰ってきた遣欧使節団を待っていたのは幕末の動乱だった。幕府はその時遣欧使節団の報告に耳を傾ける余裕などなかったのである。
     もし攘夷運動が盛り上がるのがもう五年遅かったなら遣欧使節団の経験がいかに生かされたであろうかと想像してしまう。歴史とは常にそういったタイミングの交錯の繰り返しなのだろう。改めて今ある社会の成り立ちを知ることが大切だと感じた。
     

  • 初代駐日公使として1859年から1862年まで日本に滞在した
    オールコックを紹介する一書。
    作者のオールコックに対する思い入れが伺え、
    時に行きすぎでは、想像しすぎではと感じる場面もあるが
    全体的に読みやすく、内容をすっと読み込める。

    オールコックの果たした役割を分かりやすくまとめており
    日本に対して実際に国際社会に関わりを持たせる、
    自覚を得させることで、日本国内における
    政治的駆け引きとしての「外交」から解き放ったという説明は、
    なるほど読んでいて合点がいくものであった。

  • 初代イギリス総領事オールコックの書簡などから彼が幕末激動の日本で総領事として どう幕府と交渉したのか、どう庶民と接したのか、どう長崎/江戸/横浜で過ごしたのか、日本人をどう思ったのか、がわかって面白い。
    やっぱり攘夷での襲撃にはかなり不安だった様子。通行の自由は欲しいものの、襲撃から保護するためにも居留地区に押し込めようとする幕府への反発。権利にはリスクも伴う という現実的な例。

  • 初代英国公使、ラザフォード・オールコックの江戸在勤時の暮らしぶりや、彼の仕事、その上での喜びや苦悩が小説調で綴られる。
    西欧人にとっては「未開の地」に等しかった日本。
    そこで過ごす彼の目線から見た、幕末日本の様子が新鮮。

  • 初代駐日公使ラザフォード・オールコック

全6件中 1 - 6件を表示

オールコックの江戸―初代英国公使が見た幕末日本 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オールコックの江戸―初代英国公使が見た幕末日本 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

オールコックの江戸―初代英国公使が見た幕末日本 (中公新書)の作品紹介

一九世紀半ば、江戸‐ロンドン間の文書のやりとりに蒸気船で半年近くを要した時代、一人の外交官が担う責任は、今日とは比較にならないほど大きかった。そんな時代、日英関係の仕事は、初代駐日公使ラザフォード・オールコックの手に完全に託されていたといってよい。本書は、一八五九年から六二年まで、日本の外交にとって決定的に重要だった三年間の彼の思考と行動を、在外史料を駆使していきいきと描いた幕末物語である。

オールコックの江戸―初代英国公使が見た幕末日本 (中公新書)はこんな本です

ツイートする