ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)

  • 611人登録
  • 3.05評価
    • (20)
    • (44)
    • (163)
    • (35)
    • (17)
  • 81レビュー
著者 : 正高信男
  • 中央公論新社 (2003年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017123

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • メル友からの意味のないメッセージに、意味のない返事をするヒトの行為は、存在を知らせるためのサルの鳴き声と何ら変わらない。

    いやまさにその通り。

    だが時代は変わった。
    スマートになったのだ。ヒトではなくケータイが、である。
    ついにヒトはケータイにライフスタイルを支配されるようになった。

  • ≪読書会紹介図書 2016.3.1≫
    テーマ:いちばん衝撃を受けた本

    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=10301164

  • 自分の家庭や職場に照らして考えると、なるほどと思えてくる。サルの生態から現代の社会の問題を論じるのは大変面白く、妙な説得力がある。

  • 最初はキャッチーで、題名から携帯批判かと思っていましたが、人類学的に現代の日本人の生活習慣を批判しているに留まっています。

  • 著者はもともとサルの研究者だけれども、子どもの成長や老人のことにも興味を持って取り組まれている。どの本を読んでも、よくまあこんな実験するなあ、と思われるようなことを次から次へやっている。今回は、著者が用事でたびたび渋谷の街に訪れるようになったのがきっかけで出来上がった。電車の中でも平気で床に座り込んでいる高校生。夏でもルーズソックスをはいて暑そうな女子高生。電車の中で化粧をしたり、ケータイで大声で話したり、常にメール交換をしている若者。いったいこの人種は何者なのだ。と、そのとき著者は気づいた。自分はサル学者だ。動物の行動を研究するのが自分の仕事ではないのか。こんなおもしろい対象が目の前にあって放っておく手はない。そして出来上がったのが本書である。電車の中で化粧をしたりベタッと床に座ったりするのと、引きこもるのとは同じ現象だと著者は考える。自分の世界に入り込んでしまう。それが外に出るか内にこもるかの違いだけだというのだ。メル友が100人いたからと言ってそれが本当の友人と言えるのだろうか。他人と関係を持つことができない、コミュニケーションがとれない人が増えていると言われている。少し長くなるが実験を紹介しよう。メル友300人以上の女子高生(ケータイ族)とケータイを持っていない女子高生(非ケータイ族)に集まってもらう。そこで2人1組でこういうゲームをする。2人の最初の所持金は5000円ずつ。第1のプレーヤーは第2のプレーヤーに賭けるか賭けないか2つの方法が選べる。第2のプレーヤーも同じ。賭けると自分の5000円を支払うため自分の所持金はなくなるが、相手には新たに10000円が渡される。つまり相手のプレーヤーの所持金は15000円となる。第2のプレーヤーも賭けるか賭けないかを選べる。4つのパターンが考えられるのが分かるだろうか。①2人ともが双方に賭ける。すると、2人の所持金はそれぞれ10000円ずつとなる。②第1のプレーヤーが相手に賭けたにもかかわらず、第2のプレーヤーは賭けない。すると、1人目は手持ちがなくなり、2人目が15000円もらうことになる。つまり抜け駆けということ。③これはあまり起こり得ないが、第1のプレーヤーが自分に賭けてくれなかったのに、第2のプレーヤーはお金を出すという場合。1人目は15000円が手に入り、2人目は手持ちがなくなる。2人目の人はちょっと「おひとよし」ということ。④2人とも賭けない。この場合は2人とも所持金は5000円のまま。どうだろう、自分ならどうしますか。①のパターンが2人の所持金合計を加えれば最も有利ということになる。でも、自分のことだけを考えれば②を選んでしまうことになる。さらに2人ともが双方に関係を持ちたくなければ、④になる可能性が高いだろう。さあこのゲームをケータイ族と非ケータイ族に別れてやってもらう。結果は想像がつくだろうか。詳しくは本書の4章をお読み下さい。非ケータイ族では①のパターンが多いけれども、③になることもあるというからおもしろい。情けは人のためならず。5章にもおもしろい実験がある。その説明はできないけど、ぜひ自分でもやってみてほしい。世の中豊かになり、どんどん便利になっていく。しかしそれが本当の幸せに通じているのだろうか。著者はそんな問いかけを読者にしている。そして今世紀中頃には日本人はもっとサル的(?)になっているのではないかと結んでいる。

  • タイトル通り、人間と猿との違いを例に挙げながら、行動学なども織り交ぜた、現代人へ警鐘を鳴らすないようだと思う。実験や様々なデータを基に、著者の考えがまとめられている。
    「ひきこもり」「ケータイ依存症」「少子化」「社会性の欠如」など、便利なツールであっても、使い方次第で人間性が失われていくのだと感じた。

  • もう締切が迫って迫ってしょうがないレポートをやっつけるためにサクサク読めそうな駄本を探したのはいいものの、これじゃレポート倒せないかもしれない……締切に追われたときにこそ急がば回れですね。駄本すぎてもうだめ……

    ※激しく遠慮のない批判が並んでいます。本当にごめんなさい。

    1章:
    無理があるからー! いろんなところで無理があるからー!
    (1)ニホンザルの世界は果たして本当に狭いんですか! 日本の農村社会も外部との接触などほとんどなく、著しい工業化だの近代化だののおかげで外部との交渉が増えたわけで、それってここ1世紀ちょいの話なんですよね! 要するに人類の歴史3000年のうち、わずか1/30の時間に起こったことを、人類の偉大なる理性の軌跡……とか言われましても! そりゃ知識の蓄積はあるでしょうが、その著しい発露はめっちゃ最近の話だし、そもそも大多数の人は狭い世界で生きていたはずで、しかもその狭い社会の中に厳しすぎる社会の掟があったわけなのです。村八分とか被差別部落とか! だから世界の狭さと狭い世界の中の環境の厳しさって別に相関関係にないと思うんだけどなー! 完全にオッサンが年食って、過去の業績で得た地位にあぐらかいて適当な妄想垂れ流してるだけじゃないですかー! ちゃんと実証しろ! という1章でした……中公新書ってこんなエッセイ出していいとこだったっけ!?

    (2)アメリカとアフリカと日本とサル(!)の事例を出しているわけですが、なんで日本≒アフリカ≒サルだとヤバくて、しかもアフリカ<日本<サル の順でヤバいんだろう……というかそもそも、理性的って言葉を、「規律に従う」という狭い意味で捉えすぎだろ。若者にとっては集団で暮らしたほうが規模の経済的な意味でコストがかからないんだから、パラサイトというのはいろんな意味で合理的なのだよ、衣食住、精神面、そして社会生活を営む上でも! とするとこれは合理的rationalなのです! そして理性的rationalは、合理的rationalも内包する言葉なのであってな……みたいな細かい話はともかく(だいたい人にって定義違うしな)、日本のパラサイトシングルだのなんだのの議論は、そもそも若者の経済状況と切り離して語ることが愚かだって、山田先生が「パラサイトシングル」って言いだしたころから批判があった気がするんだけどもー……山田先生が本出して4年後の本なのに、これいかに。というか母子がしっかり幼児期に愛着関係結んどけば、その後の自立がスムーズなので良いって本もたくさん出てるわけで、安心できなければ人間は自立さえできないっていうのが結構実証されてたような。あと子どもが親に依存していて、それを親が許す、というのはあまりにも家庭に対して理解がなさすぎる。家庭関係の勉強一切せずに家庭を語るなよと言いたい。でも子育て関係の本もいろいろ出してるんだよなあこの人……いったい家庭というものに対してどういう勉強の仕方したらそういう結論が出るんだ。本の好き嫌いし過ぎなんじゃないのか? ではなくて、母子密着の子育てがそれなりに合理的だからサルも人間もやってるのであって、アメリカ式子育てもそれはそれで問題視されてた気がするんだけども、っていうのと、ラクするってのは合理化の極みで、ラクするために知恵を絞ってきたのが人間の歴史だと思うのよね。そして生まれた環境が厳しかった奴ほど、厳しい環境を乗り越えるために知恵を振り絞ってどうにか人生を切り開いてきたから、より難しい状況にも対処できるようになってるってのはわかる。そしてそういう奴が世の中で結果的に重宝されることはあっても、不必要な苦労に押しつぶされそうになりながら生きている奴を極力減らせば、そっちのほうがずっとハッピーなんじゃないの? 居心地がいい環境でぬくぬくできることをバカに... 続きを読む

  • 随分前に流行った本です。この著者の本は様々な論者に引用されているのを見たことがあります。だから気になっていたのかな。

    はっきり言ってヒトに関する研究、特にカテゴリー分けが荒すぎます。サル学に関しては専門外なので、まぁそんなこともあるのかなと思いましたが、それと現代の若者がサル化しているという議論との繋がりは、類比だとしてもお粗末です。

    人間とサルを同次元に考え過ぎですよ。霊長類としてのヒトが今抱える問題と、モバイル環境を含めデジタルな社会環境下での人間の抱える問題とは、やはり、はっきり扱い方を区別して考えるべきです。

    アンケート調査に関しても、著者自身の考えに都合がいいように取って、解釈しているきらいがある。こういう本は直ぐに批判されて、今となっては反駁し尽くされているんじゃないでしょうかね。そうであって欲しいと思います。

    ただし、かと言って全く示唆がないわけでもないように思いました。特に、「子ども中心主義」(私はこんなタームを作らずとも「母親の過保護・世話の焼き過ぎ」で良いと思うのですが)を貫き、子どものためと過剰な愛情表現を振るう親が自立を妨げたり、親子間の対立や苦悩の原因だという見方は現在でも通用すると思います。40代以降の衰えについても、心理学や脳科学の分野でも実証されたら面白い。ただ、終始の議論にサルがどう貢献出来ているかは微妙ですが。

    何分、ゼロ年代の雰囲気が濃厚なので、「ケータイ」が持つイメージも、ルーズソックスに始まる女子高生の習性についても、それに対するおじさんたちの目の一人である筆者の目も、ちと古いのは許してあげていいと思いますよ(笑)

  • 少し前に流行った一冊。
    私的な空間と公的な空間のリミナリティーが結局重要なのねってことを具体例を出して理詰めしている。
    話もとても分かりやすい。
    なかなかもっともらしいことを主張しているが、個人的には問題提起で終わっているものは嫌いなのでマイナス1点。

  • 高名なサル学の研究者が書いたトンデモ本だという話を聞いて、興味本位で手に取りました。

    著者は、現代の若者は人間らしさを捨ててサル化しつつある、と述べていますが、これは一種のレトリカルな表現だと理解しました(コジェーヴ=東浩紀の「動物化」だって、生物学的な意味での「動物」を意味しているわけではありませんし)。そのように受け取るならば、人間の社会的行動を、社会的な近接要因をすっとばして生物学的な要因に還元してしまうような議論ではないので、竹内久美子のような本式のトンデモ本といっしょに扱うのは酷だという気がしました。だからといって、本書がおもしろいとは思いません。まあ、オヤジの愚痴でしょうね。

    たとえば、母子密着の「家(うち)のなか主義」が広がっていると述べている第2章で、サルどうしの毛づくろいの時間についてのデータと、子に対する経済的な投資額の多寡のデータを並べて議論をしていますが、この2つのデータからただちに現代人の「サル化」という結論を引き出すことの乱暴さを、この本の著者が承知していないというのは、少し信じがたいように思います。

    もし本気だったら、と考えると、ちょっと反応に困ってしまいますが。

  • 読書レポート:ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊 | デジたろうとピアノ http://digitaropiano.luna.ddns.vc/digitaropiano/?p=3798

  • 大学のレポートのために読んだが、これはひどい。

    論拠は粗雑だし、完全に筆者のなかで「若者=サル」の図式が完成していて、それを主張したいがためにこの本を書いた、という感じ。飛躍が多すぎる。

    そもそもルーズソックスってそれだけの理由ではなく、「流行り」だから履いている高校生も多かったのでは…?

  • ブクログ登録日以前の読了の為レビュー無しです
    ※興味グラフ表示させる為に入力してあります

  • この筆者は若者と女性に何か恨みでもあるんだろうか……?

    電車の中、携帯で大きな声で電話してるのは若者に限ったことじゃないし。

    問題定義だけで解決策がなかった。
    じゃあどうしろっていうねん!
    とつっこみたかった

  • 人間のコミュニケーションが猿っぽく(単純かつ内向き)なってる、その原因として、専業主婦うんぬんって話があって、まあその主張自体は同意できないものでもない。
    とりあえず、自分は猿っぽくなりたくないな、というのが率直な感想ですね。
    ケータイメール以上に簡単なコミュニケーション手段が増えているので、それらにとらわれないように気を付けないと。

  • なるほどな、と思いました。今まで自分の中で感じていたことに上手い説明を加えてくれた感じですね。

    「自立できていない親が増えている」からモンスターペアレンツが増えている、ということなんでしょうね。

  • 以前読んでたなぁ(^^;
    面白そう!と、借りちゃって再読。

    コミュニケーション力が退化してサル並になっている…と。
    ごもっとも!!と、思う反面、月9の最終回で、
    「ベルは、なんで電話を作ったんだ?真相は解らないけれど、遠くに居る恋人の声が聞きたかった。心配性の母を安心させたかった。そんな事だ。」
    「ITの中心には、いつも人が居るんだ。」
    って発言が脳内リピート。
    「どんなに離れてても、いつでも隣に居る」みたいにする技術。
    とっても素敵な事なんだと思う。
    それを、ある程度のレベルに達していないウチから常用する事に問題がある。

    ケータイを持たせたら、節度なく使うだろう…人は、普及しだした時に臭いで解った。
    なにが足りていないのか…。
    そこが問題だ。

  • 久々に再読。

    捕食されるリスクを回避するために
    協力や交渉を避けるニホンザルと
    ニホンジンの社会性との相関を指摘した
    第4章がとくに興味深い。

    社会性をもつことで傷つくことを恐れている(成熟した大人になるリスクの回避)場合に、必要なものはなんだろう?

    << 4章概要 >>
    サルは危険が迫っても声をあげて仲間に知らせない。それは、自分も捕食者になる可能性が高くなるからである。ヒトはサルとは違って「情けは人のためならず」の交渉能力をもつはずで、それに基づけば「あっちはあぶないよ」と【知らない人】にも知らせてあげることが可能であるにも関わらず、それを駆使せずサル同様「見て見ぬふり」の行動パターンにはまりがちではないか?というもの。
    意欲的に交渉をしても相手がそれに答えてくれなかったり、裏切られたりする恐れに耐性がないとヒトは社会性を発揮しなくなる。これは教育に起因すると筆者は結論付けている。
    このようにしてサル化したヒトが子どもを育てるとどんどんサルが量産されていくぞという警鐘と、そもそも育児のリスクをも回避して少子化が益々すすむぞという警鐘。

  • 若者が公共の場でルーズに過ごすこと、引きこもること、その現象をどっちも「家のなか主義」という考えで説明したところはすごくおもしろかった。でも後半はだらだらしてて微妙でした。あと、現代の若者に対してものすごく批判的なので、読んでてあまり気分はよくないです(笑)

  • おもしろい考察だった。ただ、少し弱いなと感じたのは自然科学者らしく実験、調査のデータをもって自論の援用を行なうのだが、どこか我田引水な印象に思えてしまう点である。霊長類の違いによる社会形成の差

  • 今となってはmixi中毒になったサルとかでも良さそうです。
    個人主義的思想が薄い日本ではきっとこうなる傾向が強いんでしょうね。

  • こんな見方があるということを知った。流行った本。

  • キャッチーなタイトルに、普通の内容。
    残念なほどに記憶に残らなかった。

  • 内容は若者とサルを関連付けて批判的に書いてるものです。
    個人の主張なのでとやかく言いませんが、例えば携帯を持っている人を「ケータイ族」と呼ぶのはいかがなものか・・・
    ルーズソックスにしろ携帯にしろ、やや統計と主張が時代遅れの感がします。まあ5年前くらいの本なので。

    だめ出しするなら改善策を出して下さい。

  • タイトルから、おっさんが若者を憂いて、ピントはずれな文句を言ってるのかと思いいろんな知見でも知っておくかと思ってよんでみたら、説得力と洞察力にびっくりした。
    昨今の特に自分も含め、20代の、オフィシャルな場への敬意の払わなさ、引きこもり、その根本が、行過ぎた子供中心主義の子育てにある。それはサルのコミュニティに近い、という話。
    社会に対する敬意みたいなものが、人間社会をサルと区別して特別にしている、ゆえに価値がある。その社会を蔑ろにする若者は、サルと同等だ、と批判している。しかもサル的な価値観は、社会全体の利益にならないという主張。まぁサルと違えばいいのか、全体で利益が上がれば幸せなのかというのはあるにしても、それを差し引いてもビシバシささる言葉がある。
    自分を振り返っても、責任感を10~20代前半で意識した覚えがない、社会なんてクソだし、まぁ楽しければいいんじゃないみたいな感覚は間違いなくあったし、それが正しいとは思えない。
    2003年に書かれたこの本、今読んでも、考えさせられる。

全81件中 1 - 25件を表示

正高信男の作品一覧

正高信男の作品ランキング・新刊情報

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)の作品紹介

「ひきこもり」など周囲とのコミュニケーションがうまくとれない若者と、「ケータイ」でいつも他人とつながりたがる若者。両者は正反対に見えるが、じつは成熟した大人になることを拒否する点で共通している。これは「子ども中心主義」の家庭で育った結果といえる。現代日本人は「人間らしさ」を捨て、サルに退化してしまったのか?気鋭のサル学者による、目からウロコの家族論・コミュニケーション論。

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)はこんな本です

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)のKindle版

ツイートする