いい学校の選び方―子どものニーズにどう応えるか (中公新書)

  • 34人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉田新一郎
  • 中央公論新社 (2004年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017604

いい学校の選び方―子どものニーズにどう応えるか (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 2004年刊。学校選択制が採用されることを見越し、その選択にあたり、親としてなすべき情報収集法・学校への関わり方などについて解説する。本書は、大瀬英昭校長を中心として創出してきた神奈川県茅ヶ崎市浜之郷小学校を理想モデルとしている感がある。もちろん、個人的には浜之郷小学校はいい学校と思う。しかし、彼の学校が採用してきた方法論が、他の一般的な公立学校に般化できるかは疑義があるところ。また、選択制が下火になりつつあることからして、本書の意義が、中高受験における偏差値以外の学校選択の基準の提示に矮小化したのでは。

  • [ 内容 ]
    これまでの義務教育は、多くの場合、定められた学校に送り込まれた生徒に教壇から教師の声が降り注ぐ、というのが普通であった。
    しかし、少子化が進み、教育メソッドの進化も著しい現在では、学校ごとに生徒のニーズにあった学びの場が工夫されてきている。
    どんな施設が必要か、校長の仕事とは何か、生徒に何をさせているかなど、学校選びの場面で何を基準に教えればよいのかを明示する。
    判断用チャート多数収載。

    [ 目次 ]
    1 いい学校とは?(二一世紀の学校と教育;子どものニーズを明らかにする)
    2 いい学校の選び方(学校を評価する;学校訪問時のチェックリストと質問項目;選択にあたって)
    3 いい学校のつくり方(子どもの学びをサポートするために教師にできること;子どもの学校での学びをサポートするために親ができること;評価;教師と親の継続的な学びをつくり出す)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

いい学校の選び方―子どものニーズにどう応えるか (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いい学校の選び方―子どものニーズにどう応えるか (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いい学校の選び方―子どものニーズにどう応えるか (中公新書)の作品紹介

これまでの義務教育は、多くの場合、定められた学校に送り込まれた生徒に教壇から教師の声が降り注ぐ、というのが普通であった。しかし、少子化が進み、教育メソッドの進化も著しい現在では、学校ごとに生徒のニーズにあった学びの場が工夫されてきている。どんな施設が必要か、校長の仕事とは何か、生徒に何をさせているかなど、学校選びの場面で何を基準に教えればよいのかを明示する。判断用チャート多数収載。

いい学校の選び方―子どものニーズにどう応えるか (中公新書)はこんな本です

ツイートする