物語 イタリアの歴史〈2〉皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで (中公新書)

  • 124人登録
  • 3.74評価
    • (9)
    • (12)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 藤沢道郎
  • 中央公論新社 (2004年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017710

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

物語 イタリアの歴史〈2〉皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 人物伝を中心にイタリア史を語る本の第二巻。本書ではローマ皇帝ハドリアヌス(76-138)、教皇グレゴリウス(540?-604)、マローツィア夫人(890-932/937)、異端者アルナルド(?-1155)、教皇ボニファティウス8世(c.1235年-1303)、ロレンツォ・デ・メディチ(1449-1492)、航海者コロンボ(c.1451-1506)、画家カラヴァッジョ(1571-1610)が扱われる。

    取り上げる人物がこちらはなかなか渋い。面白さで言えば前巻の方に軍配は上がる。それぞれの人物がイタリア史のその時代の特徴をなし、また転換点となっている。ハドリアヌス帝はローマを人治から法治に転換させた(p.14f)。教皇グレゴリウスによるキリスト教的清廉性、その精神性の整備は、最後まで残っていたローマ古代文化の消滅を意味する(p.44f)。教皇庁を舞台にしたマローツィア夫人の権力欲丸出しの跋扈は、カトリック教会が世俗権力も担ったとき、すでに予定されていた腐敗と抗争が、骨肉の争いとなって具現化したことだ(p.67)。

    他にはコロンボ(コロンブス)を取り上げるのに、彼がアメリカ大陸の到達の航海に出るにあたっての資金繰りに焦点を当てているのが面白い。これは一見、どちらかというとスペインの話に見えるのだが、コロンボのジェノバ出自、資金の最終的な出元(ジェノバの銀行やフィレンツェの商人)、航海の根拠となる天文学的知識(トスカネッリ)からして、イタリアがほぼ主役とも言えることを示しているのだろう。

  • 1ほどの面白さは感じなかった 著者ではなくほかの人の手による再編集的なものだからか?

  • まさに「物語」。現在の歴史的理解とは異なる部分もあるが、読み物として面白い。サンタンジェロの歴史を知らず、ただ観光して景色の良さを楽しんでいたが、今後は違う。古代ローマより、この永遠の都の歴史を見続けてきたのだと思うと、その歴史的重みが違う。

  • カステル・サンタンジェロこと天使城をモチーフとして、八人の人物に焦点をあててつづるイタリアの歴史にして人物列伝。副題の通りだが、古代のハドリアヌス帝からバロック期のカラヴァッジョまでを扱っている。列伝的な記述(著者本人にこの意図があったわけではない)で人物中心ということで、イタリアの歴史といっても各人物の間におきた歴史的出来事などは、あくまで概略的。学術的な論文ではなく、元々はテレビのイタリア語講座向けに書かれたエッセイで、著者の死後に前著の『物語 イタリアの歴史』を踏まえて出版されたとのこと。堅苦しいところは微塵もなく、知識のない初心者にもわかりやすく面白く読める。『物語 イタリアの歴史1』も読んでみたい。

  • 1991年の『物語イタリアの歴史』に比べ、単純化・図式化してるような気がしたが、元々第2弾として書かれたものではなく、別媒体に連載していたエッセイを著者没後『Ⅱ』として出したものだとか。きっと本人が健在なら、本にまとめる時点でいろいろ練り直したことだろう。
    また、前作に比べローマに偏っていると思ったが、それも元来違うものをまとめたためという事情によるようだ。
    この本が編まれるに至った経緯を述べた武谷なおみのあとがきが、故人への尊敬の念にあふれていてよい感じ。

    ハドリアヌスとかグレゴリウス1世とか、エネルギーも能力も常人の何倍も持ってる人なんだなーと思った。
    ダンテに地獄に落とされたボニファティウス8世、教皇でありながら「イエスもただの人なのじゃ。しかも自分の身さえ救えなかっただめな人なのじゃ。そんな男が、どうしてお前を助けてくれようぞ」と言っていたとは、なんて面白いヤツなんだ!

  • [ 内容 ]
    ローマ、テーヴェレ河畔に威容を誇るカステル・サンタンジェロ(聖天使城)は、紀元二世紀に皇帝ハドリアヌス自らの陵墓として築かれて以来、数々の歴史的事件に立ち会ってきた。
    本書はハドリアヌス帝、大教皇グレゴリウス、ロレンツオ・デ・メディチ、画家カラヴァッジョら八人をとおして、古代ローマ帝国の最盛期からバロック文化が咲き誇った十七世紀までの千五百年を描く、もうひとつの「歴史=物語」である。

    [ 目次 ]
    第1話 皇帝ハドリアヌスの物語
    第2話 大教皇グレゴリウスの物語
    第3話 マローツィア夫人とその息子たちの物語
    第4話 異端者アルナルドの物語
    第5話 教皇ボニファティウス八世の物語
    第6話 ロレンツィオ・デ・メディチの物語
    第7話 航海者コロンボの物語
    第8話 画家カラヴァッジョの物語

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • グレゴリウス1世、カラヴァッジョ目当てで購入。
    6世紀末、敬虔な修道僧であったグレゴリウスが教皇就任後、なぜ世俗権力の拡大を図ったのか。
    バロック美術の扉を開けたカラヴァッジョは、大きな才能を授かったが壮絶な人生を送った興味深い人物。

    この物語シリーズは大変読みやすく、世界史が苦手な方にもオススメできると思います。

  • 古代ローマから17世紀まで前作と同様時代ごとに人物をピックアップして語られるイタリアの歴史物語です。
    今回の舞台はローマの聖天使城(カステル・サンタンジェロ)です。超イタリア行きたい。

    前作『物語 イタリアの歴史(1)』も良作でしたが、これも凄く良い本でした。
    読みやすい文章と程よい情報量で歴史が苦手でも飽きずに最後まで読めます。
    もちろん(1)から読むのがお勧めですが、これ一冊でも十分興味深くて面白いです。
    (1)に比べて今回取り上げられている人たちはあまりメジャーではない人が多かったのも良かった。
    カラヴァッジョについては実はこの本を読むまで知らなかったのですが、読後にテレビで取り上げられているの
    を何度か見て思わずにやりとしました。
    オススメ!!

  • 1があんなに面白かったんだし…読みたいなー。

全10件中 1 - 10件を表示

物語 イタリアの歴史〈2〉皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

物語 イタリアの歴史〈2〉皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

物語 イタリアの歴史〈2〉皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで (中公新書)の作品紹介

ローマ、テーヴェレ河畔に威容を誇るカステル・サンタンジェロ(聖天使城)は、紀元二世紀に皇帝ハドリアヌス自らの陵墓として築かれて以来、数々の歴史的事件に立ち会ってきた。本書はハドリアヌス帝、大教皇グレゴリウス、ロレンツオ・デ・メディチ、画家カラヴァッジョら八人をとおして、古代ローマ帝国の最盛期からバロック文化が咲き誇った十七世紀までの千五百年を描く、もうひとつの「歴史=物語」である。

物語 イタリアの歴史〈2〉皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで (中公新書)はこんな本です

物語 イタリアの歴史〈2〉皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで (中公新書)のKindle版

ツイートする