カラー版 絵の教室 (中公新書)

  • 209人登録
  • 3.55評価
    • (11)
    • (18)
    • (25)
    • (5)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 安野光雅
  • 中央公論新社 (2005年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018274

カラー版 絵の教室 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • my listにあり

  • 新書文庫

  • S720.7-チユ-1827 000452623

  • 安野光雅の新書、しかもカラー版。手に取ってみて、すぐに購入に至った。ところがしばらく、積ん読になっていた。本棚にあるときは、読んでほしいという気持ちが、背表紙を通して伝わってきていた。こちらも期待感が募った。

    果たして、読んでみて、どうだったのか。絵とは、創造性のなせるものである。遠近法を使った対象物の写し取りの実験が示されている。反証である。絵は、画家が感じたことが投影される。写真には、その余地が無い。自画像の実験でも、同じことが言える。人物像とは、瞬間、瞬間の記憶の総合が描いている。このため、光の明暗などにこだわり過ぎる必要は無い。

    創造性の最たる例として、著者はゴッホを挙げる。荒れ模様の空を舞う烏と麦畑、では、麦畑に触発された画家の情熱が、荒々しいタッチという筆跡として残された。表現されているのは、ゴッホの心象なのである。

    かくいう私の感想もまた、おおげさに言えば、私の創造が込められている。単なる著作内容の抜粋ではなく、私というフィルターを通して、語られている。それでいいのだと、感じさせてくれるメッセージが本著にはちりばめられていた。

  • 渡邊十絲子さんおススメの一冊。
    絵と写真とは何がどう違うのか、この本を読んでよくわかりました。
    また、ふだんよく目にしているものも、「じゃあ絵で描いてみましょう」と言われると、少しもその細部が浮かんでこない、つまりはそのくらいにしかきちんとものを見ていないということも、よくわかりました。
    ものをよく見ないということは、物事もよく見ていないということでありましょう。
    反省しないといけません。

  • 上手に描けないから絵を描くのはニガテと思っている人、是非。

  • 著者の語り口の感じでなのか、絵を描くのに、そんなに肩肘張らなくていいのかなと思える本だった。
    絵を描くのに苦しんでいる人が読んだら、少し楽な気分になれるんじゃないかと。

  • 2012/06/18

  • 「想像力・創造力を人が身に付けてきたのは子供の頃の豊かな時代だ、その点をとれば大学生の時代よりも小学生の頃のほうが大切なのだ」という考えがとても好き。

  • んー。ほんとうに初めて絵を勉強したい、という人には最適なのかもしれないが。まぁ私も最初の演習実践中だけど。
    多少学んだ人からすると物足りない。
    自然界と想像力が彼のキーワードみたい。

全23件中 1 - 10件を表示

安野光雅の作品

カラー版 絵の教室 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラー版 絵の教室 (中公新書)の作品紹介

たとえば、天使がラッパを吹きながら空を舞う名画は、技術の蓄積だけでは描けなかった。目には見えないその姿を描く画家は、人体のデッサンに習熟し、想像力に助けられて、絵画という世界を構築していったのだろう。この本ではクールベやゴッホなどのたくらみや情熱の跡を辿り、美の宇宙の源泉へ旅してみたい。描く技術、鑑賞する感性を会得するには、近道も終着点もないが、創造の歴史には「絵の真実」が現われてくる。

カラー版 絵の教室 (中公新書)のKindle版

ツイートする