内部告発と公益通報―会社のためか、社会のためか (中公新書)

  • 27人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 櫻井稔
  • 中央公論新社 (2006年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018373

内部告発と公益通報―会社のためか、社会のためか (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    牛肉産地偽装、自動車メーカーのリコール隠し、警察の公金不正流用、建設業界の官製談合…官民問わずに不祥事が続いている。
    そしてこれらの事件の多くは、関係者による内部告発がきっかけとなって明るみに出ている。
    内部告発はどのようなメカニズムでなされるのか。
    告発者の心理、告発された組織からの報復等、そのプロセスを解説するとともに、2006年4月施行の公益通報者保護法が社会に与える影響を考察する。

    [ 目次 ]
    第1章 内部告発と公益通報
    第2章 いくつかの内部告発事件
    第3章 告発する側される側の攻防
    第4章 内部告発をめぐって
    第5章 公益通報者保護法の内容
    第6章 コンプライアンスと日本の法律

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • <pre><u><h4 Align="center">企業のはなし〜公器としての企業の行方〜</h4></u>
    <b>内部告発はどのようなメカニズムでなされるのか。告
    発者の心理、告発された組織からの報復等、そのプロ
    セスを解説するとともに、2006年4月施行の公益
    通報者保護法が社会に与える影響を考察する。
    </b>(TRC MARCより)

    資料番号:010915650
    請求記号:335.1/サ
    形態:図書</pre>

  • 内部告発の難しさは、それが社会的正義を実現するためとはいえ、宿命的に勇気ある告発者自身を「生け贄」にしてしまう点にあるように思われる。告発者は、一時は賞賛されるかもしれないが、その後に待っているのは良くて一生冷や飯を食わされ、悪ければ退職に追い込まれ、一家が路頭に迷うという暗い未来である。アメリカで行われた調査によると、内部告発者のうち「ほとんどが職を失い、17パーセントが家を失い、15パーセントが離婚をし、10パーセントが自殺をしている」そうである。
    http://d.hatena.ne.jp/hachiro86/20071229#p1

  • 分類=内部告発。06年3月。

全5件中 1 - 5件を表示

内部告発と公益通報―会社のためか、社会のためか (中公新書)の作品紹介

牛肉産地偽装、自動車メーカーのリコール隠し、警察の公金不正流用、建設業界の官製談合…官民問わずに不祥事が続いている。そしてこれらの事件の多くは、関係者による内部告発がきっかけとなって明るみに出ている。内部告発はどのようなメカニズムでなされるのか。告発者の心理、告発された組織からの報復等、そのプロセスを解説するとともに、2006年4月施行の公益通報者保護法が社会に与える影響を考察する。

内部告発と公益通報―会社のためか、社会のためか (中公新書)はこんな本です

ツイートする