科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))

  • 447人登録
  • 3.79評価
    • (37)
    • (49)
    • (60)
    • (4)
    • (0)
  • 74レビュー
著者 : 酒井邦嘉
  • 中央公論新社 (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018434

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))の感想・レビュー・書評

  • お…おもしろかった!
    私の科学に対する憧れをますますかき立ててくれた1冊です。
    これから研究を始める大学生や、研究者を志す人にもおすすめしたい本でした。

    アインシュタイン、ニュートン、チョムスキーなどの偉大な研究者の言葉を引きながら、科学者として生きることの喜びや難しさ、研究をする際の心構えなどを説いています。
    特に第6章の研究倫理の話は、STAP細胞の1件についても考えを巡らせながら、大学生のうちに読んでおくといいのでは、と思います。

    朝永振一郎の「科学の芽」の言葉はとても好きです。
    平易な言葉で科学の喜びを伝えており、朝永先生の優しさと科学への愛情が滲んでいます。

    それから、研究成果を人に伝えることをテーマにした第5章がとても勉強になりました。
    よい研究発表をするための条件として紹介されている「デルブリュックの教え」と「堀田の教え」は、研究発表に限らず、人前に立って話すのであれば心にとめておきたいことです。
    私もメモメモ。

  • たくさん引用される科学者たちの言葉をヒントに,自然科学を学び研究する人に,その心得を教えてくれる本.講義中の余談がこの本を書くきっかけになったと著者が書いてある通り,自然科学を学ぶ学生が知っていてほしいと著者が考えるこの世界の常識が書いてあって,多くのヒントを与えてくれる.私もこういう本と学生時代に出会いたかった.
    ただ,この本の性格上,どうしても科学の研究の厳しい面に話が向きがちで,p.240 のピエール•キュリーの生き方などは,もはやほとんど修行僧のようである.

  • 科学とは何かということはもちろんであるが、その科学に向き合う科学者とはどのような職業なのか、科学者は科学に対してどのような姿勢で向き合っているのかなどを通して、科学者という職業の楽しさ、厳しさを述べている。その際、先人の科学者の言葉や研究を事例として持ち出しているので、科学者のイメージがしやすい。

    また、この本には科学と教育の関係について述べている部分があるが、そこから大学という場所がどういう場所なのかを考えてみるのも面白い。

    この本は科学に携わる(研究する)上でのテクニカルなことが書かれているというより、研究に従事する人が持つべき道徳や信念などが中心に書かれている。そのため、科学者という人種がいつも何を考えながら、何に熱中しながら生きているのかを理解したい人におすすめ。

  • 2006年刊。言語脳科学者たる著者が、研究者(主に理工系)について、その哲学、創造性の源泉、研究者としてのありよう、磨くべきセンス、倫理等多様な視点から説明。特に「研究のセンス」がいい。抽象化の程度、審美眼、理想化の程度、切り捨てるべき事項など、絶妙なバランスの上に成立している研究者の立ち位置を知ることができる。また、本書で書かれる社会貢献を肯定的に見れない人には、科学者といわれる立場に立ってもらいたくない。科学者の功績は、これまで生命・世界を左右してきたし、今後も左右するからだ。本書はこんな気にさせる。

  • 科学とは何か?
     今日、日常生活の中でも“科学的”という言葉をよく見聞きするようになってきました。では、どれだけの人がその意味をきちんと理解して使えているでしょうか。本書では、科学者とはどのような職業であるか、科学とは何かについて、初学者にもわかりやすく解説しています。また、アインシュタインやニュートン、チョムスキーといった著名な研究者の人物像についても紹介されており、彼らがどのような姿勢で研究に取り組んでいたかを知ることもできます。
    これから研究を始める、科学者の卵を目指す人に是非とも読んで欲しい1冊です。いま現在科学研究を行っている方にとっても、本書を読むことで研究という取り組みそのものを見直す良い機会になると思います。

    OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00659208&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 科学的であるとは、検証ができ、また反証ができることである。例えば、「お化けが存在しない」ということを証明することは難しい。「お化けが存在する」ことは、検証も反証もできないので、その存在を信じることは非科学的である。逆に、「お化けが存在しない」ことは、お化けが見つかれば反証できるので、科学的である。このように、科学的仮説を検証と反証を繰り返しながら発展させていく、ことが科学者の仕事である。
    科学者にとって、「何を研究するか」よりも「どのように研究するか」がより重要である。「どのように研究するか」は、模倣の段階である。そして、「何を研究するか」が、創造の段階である。科学者は、模倣から創造へ移行していくことで成長する。
    科学者自身が、個を磨き、不思議へ挑戦し、それを発表するという形で伝えること、すべてが科学者の仕事である。その際、研究の倫理を身につけ、後進を指導し、社会貢献をすることも、同時に考えていく必要がある。

  • この先生の本は本人にもらったヤツ読んでて面白かったのでこれも読んでみたんだけど、科学者のあるべき姿などを実際に結果を残してきた科学者をもとに論じていてとても面白い。

  • 大学教員には教育者・科学者・研究者の側面があり、これらを場面に応じて演じ分けているイメージを持っている。また大学職員は、学生の様相を考えることの他に、教員の生態を了解していくことがわりに重要なのではないか、と以前から思っていた。言い換えれば、教員の研究に対する思い入れや、当座の関心事を事前情報としてわかっていることで、コミュニケーションが良好になるという発想である。こうした仮説を持って本書を読み始めてみたところ、改めて気付かされる点が多かった。以下にそれらを少し抜き書きした。全般を通じて興味深いことは、科学や研究を説明する際のメタファーとして、クラシック音楽の楽曲事例、作曲家の作風、楽器職人の気質を引いてくることだ。思いのほか、音楽と科学の距離は近く、共通する点が多いことがよくわかる。自分自身が比較的抵抗なく、大学院で学ぶことができたのは、少し音楽を勉強していたことも要因の一つとしてあるかもしれない。

  • 著者の専門は脳生理学であり本書の内容も理系分野に偏るが、独創的な科学研究に携わる点においては理系・文系の区別はないのだと実感。突飛な例かも知れないが、読んでいて幕末の志士吉田松陰を思い出した。
    当時の教育システムは先ず四書五経の素読であり、松陰は幼少の折より家学である山鹿流軍学をも学んだ。しかしこれはいずれも単なる「模倣」であり、「知る」ことにとどまる。彼はこれに飽き足らず、脱藩して各地の人士と交わり、独創的な思想を育んでいった。そして「知る」だけではなく「分かる」ために、米国密航まで企てるのである。その迸るような好奇心と行動力には圧倒される。
    そして重要なことは、彼は優れた教育家であったことである。彼は研究や実践活動に身を置きつつ熱心に後進の指導に当たり(というより共に学び)、明治維新の原動力となる人物を輩出した。その過程ではまさに激烈な議論が交わされ、伝えるセンスというものは日々培われていったのである。
    「科学者という仕事」は、まさに人間と社会についての深い洞察を伴う「志」あってこそ成し遂げられるものだと痛感した。

  • 【配架場所】 図・3F文庫新書 岩波新書 1843 
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=112948

  • 研究者、教育者としての意識を徐々に芽生えさせながら、更に科学者であることを成長のマイルストーンとして意識して自己の中に生成していくように努めたいと感じる内容の書籍であった。

  • 科学者という仕事は何か?
    科学者達はどのように仕事をすすめているのか?
    過去の科学者達の話。


    この本は分厚い内容だと、思う。引用、引用文献共に沢山出てくる。


    でも、かいつまんで有名な科学者達の苦労や栄光、リアルなぶつかった話が書いてあって面白かった。
    ニュートンの虹の話は興味深い。
    終盤のK・ローレンツの話は印象的。

    著者は言う。
    「科学が社会に開かれたものとして受け入れられるようになるには、市民一人一人が科学技術の価値や脅威を正しく受けとめて、良識に従って判断をする必要がある。
    科学研究者だけでなく市民もまた科学の進歩を支える人達なのである。
    その意味で、研究者と市民の対話がとても大切になっている。」

    僕も科学の事は全然分からないけど、現代に生きる者として、様々な科学によって生まれた製品に日々囲まれている生活をしている者として、少しでも理解したい。

  • ・自然を理解しようとするときの一つのやり方は、神々がチェスのようなすぐれたゲームをやっているのを想像してみること。こうした観察からゲームのルールやコマの動きがどうなっているかを分かろうとするわけです:ファインマン

  • 科学とは何か、研究とは何か、研究と教育の違いとは何かなど、研究者が直面する様々なトピックが網羅されている。各章にはアインシュタイン、ニュートンら偉大な科学者の言葉やエピソードが豊富に盛り込まれており、これが本書独特の臨場感を生んでいる。筆者の生き生きとした語りを通じて「科学者という仕事」を垣間見ることができる好著だ。社会科学に関心を有する人にも薦めたい一冊。

  • 個人的にはとくに新しい発見はなかったが、研究する人たちの姿勢を知ることができる良書なので学生にはぜひ読んで欲しいと思う。

    一つ気になったのが、研究者を職業とすることについて、p15の「よほど贅沢な暮らしがしたいのでなければ、食べていけることだけは間違いない。」というところ。ポスドク問題のことが言及されていないが「よほど贅沢な暮らし」とはどれくらいないのことを言っているのだろう?

  • 進路支援図書「はたらく人びと」
    2010/12/27更新 051号 紹介図書
    http://www.nvlu.ac.jp/library/workers/workers-051.html/

  • 4章までは5章からはちょっと説教じみてきて面白味がなくなった。ただ、各章のはじめにある偉人の紹介は全て面白かった。
    企業の研究者として、改めて気持ちを整理するにはちょうどいいかも。

  • 研究というもの、研究者というもの、について、いろんなトピックで綴っていく。よくいえば多面的、悪くいえば支離滅裂な文体。
    何かを主張しようとしているというよりは、先人たちの言葉をたくさん並べようとしているだけに見えて(=参考文献を増やすことが目的化しているようにさえみえて)そこのところは若干不満。
    また「科学」を「社会性なきもの」ととらえているようにみえる点も、少々気に食わない。

    とはいえ、「創造と模倣」論や、「孤独」「脳」「研究室」の話など、関心を引く話題もちらほら。

  • 2013年度【請求記号】402//S【資料ID】91060769【配置場所】工大君に薦める

  • 科学者、研究者になろうとする大学生必読の書です。科学者として研究を行う厳しさや楽しさが書かれており、独創性の大切さにも気付かされる。
    鹿児島大学 / 水産学部 
    教員名 野呂 忠秀

  • ふーん、って感じだった。。

  • 科学者ということを説明する場合,この本では,科学者である著者の研究背景やその専門性が,文と文のすきまからにじみでている.これは著者がその分野ですぐれた科学者である証拠だと思う.そういう背景を感じるからこそ,文章からは説得力が生まれており,内容に迫力を加えている.

  • 軽い気持ちで購入したが、良い意味で期待を裏切られた。卓越した先人達の言葉を交えながら、筆者の研究者観が語られる。研究者を志す大学院生・学部生に是非読んで欲しい良書。

  • 1-1 科学論・科学史

全74件中 1 - 25件を表示

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))を本棚に「積読」で登録しているひと

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))の作品紹介

多くの研究者には、共通した考え方や真理に対する独特のこだわりがある。アインシュタイン、ニュートン、チョムスキー、朝永振一郎、キュリー夫人らが残してくれた、真理を鋭く突き、そして美しい言葉を手がかりに、独創性がどのように生まれるかを考えてみよう。科学者という仕事を通して科学研究の本質に触れることは、「人間の知」への理解を深めることにつながるだろう。第一線の研究者によるサイエンスへの招待。

ツイートする