首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)

  • 204人登録
  • 3.81評価
    • (19)
    • (24)
    • (31)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 竹中治堅
  • 中央公論新社 (2006年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018458

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  •  本書の要約
     一般的に一連の小泉改革は彼個人の人気・指導力によって為されたという認識が強い。しかし本書は一般的認識とは別の観点から、なぜ小泉改革が可能であったのかを説明する。著者はいかにしてポストとしての首相・自民党総裁は強大な権力を手にし、「首相支配」が実現されたかを細川政権以降の国内政治を詳しく振り返ることによって描き出している。著者は首相支配を可能たらしめた三つの要素を提示する。

     第一に選挙制度が中選挙区制から小選挙区制に変わったこと(これは90年代前半に日本中を覆った政治改革旋風を「権力の維持のみを目的とし、そのためにはあらゆる手段をとるという自民党」(山口二郎「戦後政治の崩壊」より)が利用したため実現した)により、党の公認を受けられるかどうかが政治家にとって死活問題となったことである。かつては”Under LDP rule, party fragmentation was one reason why political system was more decentralized than European counterparts”(Bradley Richardson Japanese Democracyより)と表現された派閥が無力化し、党内の権力が総裁に集中することとなった。

     第二に橋本行革によってもたらされた、法律改正による首相権限の強化である。これにより経済財政諮問会議や郵政民営化準備室などかつて管轄外であった事項も首相が直接指揮できるようになった。
    第三に総裁選での地方票が増えたことにより世論の支持が自民党総裁にとって重要な要素となった。
    以上の「公認権」「行政改革」「世論の支持」という三つの鍵概念を使うことによって著者は、小泉以降の首相も強大な権力を発揮できるであろうと主張する。

     著者の陥った陥穽
     しかし著者の予想は大きく外れる。2008年11月現在、小泉以降安倍、福田、麻生の三人が首相の座に就いたが、いずれも著者が予想に反して首相の強いリーダーシップは発揮されていない。内閣人事局設置は停滞し、郵政造反議員は復党し、(08年度公共事業費削減幅を明記しないなど)骨太の方針は骨抜きであると言われている。三人の首相が重点を置いた政策を見ても、安倍の国民投票法までは良かったが、福田の消費者庁は迷走し、麻生の給付金では閣内不一致を国民に印象付けた。ではなぜ著者の予想は外れたのか。

     私が思うに著者の失敗には二つの要因がある。第一に歴史解釈の無理である。本書の議論は「55年体制」が93年の自民党下野で終わり、94年の政治改革法案に始まる移行期を経て小泉の首相就任を以て「20001年体制」の成立、2005年総選挙を以てその定着という、著者の恣意的な歴史解釈に基づく。著者はあたかもヘーゲルが「歴史の究極目的は自由である」として歴史を認識したのと同じように著者は「細川政権以降の日本政治史の究極目的は首相支配である」として本書を著している。それはある意味とてもわかりやすい。著者の立てた命題に沿った事実のみ、あるいは沿うような解釈を施した上で政治現象の歴史を述べれば全体が一本の筋を通した様に描くことができるからだ。命題に沿わない事実は取り上げなければ良い。多かれ少なかれ社会科学の文章にはその様な性格が避けられないが(社会をあるがままに描くのは不可能)、それにしても本書はそれが強すぎたのかもしれない。現実に起きていた制度改革は小泉の様な人物が用いて初めて効果を発揮するものだったのかもしれないが、その要素を著者はそれを見落とした、或いは意図的に無視した。

     第二に、2005年の総選挙を以て定着とするのはあまりに時期尚早である。今現在に至るまで著者の言う「2001年体制」が成立してからわずか二回... 続きを読む

  • 小選挙区制導入、内閣強化、自民党総裁選における予備選導入から小泉政権の「成功」、とりわけ郵政民営化実現に至る過程を物語風に解説。あんまり細かいこと書かずにザックリと内閣機能の強化についてまとめた本なので、類書の中では最も読みやすい。首相個人の人気や能力が政権の基盤に直結するようになったため、能力のない人が首相になったら悲惨という指摘はまさにその通り。

  • 橋本さんの業績に対して大きな誤解をしていた。
    マスコミが植え付けるイメージと実態とのギャップに、今更ながら驚く。
    しっかり情報を精査しないとね。

  • 小泉首相が、あんなにリーダーシップを取れていた理由が解けて面白かった!即ち、法改正によって、人と金を握る人物が首相になったから。また、首相になるにあたり、それまでは派閥の力が必要だったのが、国民の人気が必要になったというのも面白かった。確かに、属人性だけであんなに強権を振るうのは無理があるよな。
    あと、責任と権力の所在が一致しているのが良いというのも、眼から鱗だった。

  • 出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介

    政治学者が戦後政治の変遷について、事実に基づき丹念にまとめた一冊。頭の整理に。

  • 小泉政権が、なぜかくあり得たか。選挙制度の変遷と、首相の支配力の強化を平易な言葉で分かりやすく示した解説本。読みやすく分かりやすい。

  • とりあえず首相権限は着実に強化されつつある。
    まぁ鳩山はどうかしらんけど。

  • 2009年の政権交代までの現代日本政治史のテキストとして最適。政治改革、行政改革の影響と参議院の果たしている役割を盛り込んで、1990年代以降の日本政治の変貌を分析し、首相の権力が強まる過程を明らかにしている。
    各章のはじめに、その章のまとめ、情景描写や政治家の発言を多用するなど、議論をわかりやすくする工夫がなされており、読みやすい。
    政治家改革、行政改革による首相への権力集中という側面は筆者のいうとおり間違いなくあるが、小泉内閣後の政治の流れを見ると、やはり首相のリーダーシップには「制度」より「人」の要素が強いのではないかという気はする。

  • 1990年代の日本政治の変貌を振り返り、首相に権力が集中していく過程を明らかにした内容。政権交代前までの政治史はおさらいできる。



    長きに渡って自民党は政権与党の地位にあった。55年体制と呼ばれるものだ。この体制の特徴はさまざまだ。衆議院の選挙制度は中選挙区であり、首相の地位を獲得する条件は派閥からの支持が不可欠だった。そもそも首相は派閥から制約されたため、強い権力を振るえず、どの程度の権力が振るえるかは派閥の領袖として保持する実力に左右された。
    行政機構としては、20を越える省庁があり、そのなかで予算・税制・金融という経済政策を担当する大蔵省が大きな権限を誇っていた。

    著者は、このような55年体制に変わる新しい体制が2001年に成立した、という。小泉内閣が成立してからだ。(2001年体制)


    2001年体制の特徴を以下並べてみる。

    1)衆議院の選挙制度は小選挙区・比例代表並立制。
    2)首相の地位獲得・維持する条件で重要なのは世論からの支持を得ること。小選挙区・比例代表制では、政党本位の選挙戦が行われ、選挙の顔として首相の人気が与党の戦績に直結する。
    3)首相の権力は自民党総裁としての権限や首相としての権限に与えられ強いものとなった。一方派閥は弱体化。派閥の領袖の実力は首相の権力を左右する条件ではなくなる。
    4)橋本政権下の行政改革の結果、行政機構は一変し、1府12省庁に再編。とくに内閣府が大きな役割を果たし、逆に行政改革の過程で大蔵省の機能が分割された。旧大蔵省=財務省の権限が縮小し総務・国土交通・厚生労働省という巨大省が誕生し、政策決定過程で発言権を高めている。

    5)参議院議員の影響力が高まった。

    こうした2001年体制と呼ばれる首相が強い地位を獲得するようになったは、90年代に行われた政治改革と行政改革のためであるという。


    政治改革は主に2つあった。
    選挙制度と政治資金制度が変わったことである。
    1つは衆院選で小選挙区・比例代表並立制が導入され、政党の公認権の重みが増した。
    もう1つは政治資金規正法が強化される一方で、政党助成制度が導入された。政治資金規正法強化で政治資金の透明性が高められ個々の政治家にとって政治資金を獲得することが難しくなる。他方、政党助成制度が導入され、政党は容易に政治資金を集められるようになる。こうなると個々の政治家は党から配分される政治資金の重要性が増してくる。派閥の資金力が低下した理由はここにある。



    なにより1995年の橋本政権の行政改革の功績は大きい。橋本龍太郎は日本政治に多大な遺産を残してくれた。
    内閣府に経済財政諮問会議を置いたことは官邸主導の源流である。小泉政権では、ここで内閣全体の経済・財政政策を議論し、意思決定を行う場となった。これは首相を補佐する体制が強化されたことを意味する。そして内閣法が改正され、内閣官房が政策の立案を担当することが認められた。また内閣府が首相直轄のかたちで設置され、首相を補佐する組織・人員が拡大された。だから首相が関心を抱く課題は、主管庁ではなく、内閣官房や内閣府に事務処理を担当させることが容易となった。まさにいまに続く官邸主導のコンセプトを具現化したものである。

    橋本政権では大規模な行政改革が行われた。これは首相・橋本自身が行政改革に多大な関心をもっていたことと、自民党が政権を賭けて新進党と競争していたことが大きい。緊張感と競争が政策の質を高めた良い事例である。この橋本の行革の置き土産の上に小泉改革が花開くことになった。



    2001年体制が成立した歴史的意義は責任の所在と権力の所在が一致したことだという著者の主張には納得だ。
    55年体... 続きを読む

  • 小選挙区制・比例代表並立制のもとで、選挙戦は政党間の争いを中心に行われることになった。比例区では、有権者は政党に投票するので、これは無論のことである。小選挙区では各政党は一人しか候補者を立てず、有権者は候補者がどの政党に所属しているかを大きな判断材料として投票する。p37

    小渕内閣とその後の森内閣は、自民党の伝統的派閥政治が完全復活したかのように見える。p104

    首相の地位を獲得・維持するうえでは、派閥の支持よりも、世論の支持を得ることが何よりも重要になりつつあった。派閥の力は確実に弱体化し、この裏返しとして、首相が総裁として持つ権限は強まっていったからである。p138

    【2001年に実施された行政改革】
    内閣府や経済財政諮問会議の設置は、首相の権限を拡大させるうえで、大きな意味を持った。p141

    新しい選挙制度では、無所属として当選することが難しくなったため、総裁は個々の政治家の生殺与奪権を持つといっても過言ではない。総裁は公認権を利用して、自分の意向に従うように自民党の政治家を牽制することができるようになったのだ。p151

    「聖域なき構造改革」p160

    「骨太の方針」p162

    青木幹雄「参院は首相の解散権も及ばない。内閣はしっかり支えるが、言いたいことは言うというのが基本線だ」p200

    「改革をとめるな」をキャッチフレーズに、郵政民営化への賛否を唯一最大の争点として、総選挙を戦い抜こうとする。参議院議員の世耕弘成が中心となる「コミュニケーション戦略」チームまで立ち上げ、広報戦略にも万全を期す。p235

    政界の奇跡としての「郵政事業の民営化」p236

    【55年体制から2001年体制へ】
    1. 政党の間で競争が行われる枠組みが定まった
    2. 首相の地位を獲得・維持する条件が変わった
    3. 首相が保持する権力が強まった
    4. 行政機構の姿が一変した
    5. 参議院議員が保持する影響力が増した p238

    【55年体制とは?あらためて】
    1. 衆議院の選挙制度は中選挙区制であり、主要な政党は自民党とそのライバルであった社会党であった
    2. 首相の地位を獲得・維持する条件として重要であったのは派閥から支持を獲得することであった。首相=自民党総裁が「選挙の顔」として有権者にどの程度アピールできるかは重視されていなかった
    3. 首相はほかの派閥から制約されたため、強い権力を振るうことは難しかった。首相がどの程度の権力を振るえるかは派閥の領袖として保持する実力に左右され、自民党総裁としての権威や法律によって首相に与えられる権限は
    重要ではなかった
    4. 行政機構としては、20を超える省庁が存在し、そのなかでは、予算、税制、金融という主要経済政策を担当する大蔵省が大きな権限を誇っていた
    5. 政治過程の中心にいるのは、政権を成立させる面でも政策を立案する面でも、衆議院議員で、参議院議員の影響力は薄かった p240

    【2001年体制の特徴】
    1. 衆議院の選挙制度は小選挙区・比例代表並立制であり、主要な政党として自民党と民主党が競い合っている。この二党に加え参議院で法案の成否を握る公明党が影響力を保っている
    2. 首相の地位を獲得・維持する条件として重要なのは世論から支持を得ることである。小選挙区・比例代表並立制では、政党本位の選挙戦が行われるため、「選挙の顔」として首相の人気が与党の戦績に直結するからである。この反面、派閥の支持はもはや重要ではなくなっている
    3. 首相の権力は自民党総裁としての権限や首相としての権限に支えられ、強いものとなった。一方、自民党内では、派閥が弱体化し、派閥の領袖としての実力は、首相の権力を左右する条件ではなくなった。ただ、世論から... 続きを読む

  • 細川内閣における政治改革から小泉首相までの、日本政治の変革がわかりやすく書かれている。参議院という存在をどう考えるかということが今後大事になりそうだ。

  • 小泉政権で首相のリーダーシップが叫ばれたが、それは細川政権の選挙制度改革、政党補助金、橋本政権の行政改革、加藤の乱などの歴史があってこそ、首相に権力が集中し、世論を味方につけた政治が可能であったことを証している。

    ただし、歴史的にはそこで終わっているのが問題である。

  • 細川内閣から小泉内閣まで
    当時の政局状況を中心に
    述べている本。


    序 新しい政治の幕開け
    1 自民党の政権復帰と新進党の結成
    2 橋本内閣と行政改革
    3 新進党の崩壊と民主党の台頭
    4 小渕恵三・森喜朗内閣
    5 小泉純一郎と首相権力の確立
    6 参議院という存在
    7 郵政民営化と権力の行使
    終 権力の一元化と2001年体制の成立

  • 現・政策研究大学院大学准教授の竹中治堅による55年体制以後の政治過程論概説。

    【構成】
    序 章 新しい政治の幕開け
    第1章 自民党の政権復帰と新進党の結成
     1 細川内閣の崩壊
     2 自社さ連立政権
     3 新進党への結集
    第2章 橋本内閣と行政改革
     1 新進党の脅威と自民党総裁選
     2 第一次橋本内閣
     3 始動する橋本行革
     4 大蔵省の機構改革
    第3章 新進党の崩壊と民主党の崩壊
     1 揺れる新進党
     2 新進党の解散
     3 新・民主党の誕生
    第4章 小渕恵三・森喜朗内閣-過渡期の政権
     1 1998年の総裁選
     2 本格政権化と突然の終焉
     3 「加藤の乱」と公認権
    第5章 小泉純一郎と首相権力の確立
     1 2001年の総裁選
     2 強まる自民党総裁の権限
     3 「聖域なき構造改革」
     4 与党審査制への挑戦
     5 経済財政諮問会議の二重構造化
    第6章 参議院という存在
     1 日本国憲法と参議院
     2 1989年以降の影響力拡大
     3 首相の限界
    第7章 郵政民営化と権力の行使
     1 郵政民営化とは何か
     2 法案化と反対派の抵抗
     3 衆参両院での審議
     4 「郵政解散」と首相の権力
    終 章 権力の一元化と2001年体制の成立
     1 55年体制から2001年体制へ
     2 新体制の成立と定着
     3 歴史的意義

     既に何人もの人がレビューで述べているように本書の結論は、1993年以降の政治改革・行政改革によって、2001年体制が成立し、その体制の特徴は以下の5つであると主張する。

     1、政党の間で競争が行われる枠組みが定まった
     2、首相の地位を獲得・維持する条件が変わった。
     3、首相が保持する権力が強まった。
     4、行政機構の姿が一変した。
     5、参議院議員が保持する影響力が増した。
     
     55年体制が崩壊した1993年、それ以降の流動的な政治過程についてどれほどの人が正確に記憶しているだろうか?本書はそのような曖昧模糊とした記憶に対して、2001年に至る明瞭な道程を提示している。ジャーナリズムでは小泉純一郎という人物のパーソナリティやカリスマ性、あるいは独断専行的な所行に目を奪われて、それ以前に醸成された構造変化については言及されることが少なかった。その意味で、本書の第2章の橋本行革、第6章の参議院の影響力拡大の視点は興味深かった。惜しむらくは、橋本行革による大蔵省改革と小泉政権時の経済財政諮問会議との連関性への言及が十分でなかった点であろう。
     「2001年体制」というものが実際に確立されたのかどうかは、今後の政治過程の動向を見極める必要があるが、「ポスト55年体制」を語る概説としては非常にわかりやすくまとめられている。

  • [ 内容 ]
    細川連立政権崩壊から一〇年以上が過ぎ、日本政治は再び自民党の長期政権の様相を呈している。
    しかしその内実は、かつての派閥による「支配」とは全く異なる。
    目の前にあるのは、一九九〇年代半ばから進んだ選挙制度改革、政治資金規正法強化、行政改革などによって強大な権力を手にした首相による「支配」なのだ。
    一九九四年以降の改革のプロセスを丹念に追い、浮かび上がった新しい日本の「政治体制」をここに提示する。

    [ 目次 ]
    序章 新しい政治の幕開け
    第1章 自民党の政権復帰と新進党の結成
    第2章 橋本内閣と行政改革
    第3章 新進党の崩壊と民主党の台頭
    第4章 小渕恵三・森喜朗内閣―過渡期の政権
    第5章 小泉純一郎と首相権力の確立
    第6章 参議院という存在
    第7章 郵政民営化と権力の行使
    終章 権力の一元化と二〇〇一年体制の成立

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 派閥領袖による権力分立時代からいかにして首相権力が強まり、小泉政権に象徴される"強いリーダー"が生まれたか、その原因・過程を示す。
    予備知識としては、細川・羽田政権、そして村山政権で自民党が政党復帰する周辺の動き(小沢離党など)に詳しいと面白く読める。

  • 『首相支配―日本政治の変貌』(竹中治堅、2006年、中公新書)

    本書は、55年体制以降はじめて自民党が下野した細川政権の頃から、小泉首相の郵政解散までの日本政治史を詳細に研究した書である。この間の政局や政界再編の流れを詳しく見ることができる。

    (2010年5月17日 大学院生)

  • <a href="http://bbs1.sekkaku.net/bbs/?id=mitosemi&log=2409">【三戸ゼミ掲示板】にて、佐々木さん(16期生)にご紹介頂きました。</a>

  • 小泉政治をどのように評価するか、というのは非常に難しい問題だが、この本では、その意義が明確に描かれている。小選挙区制・省庁再編と大蔵省解体によって出来上がった「制度」を最大限に活用した最初(で最後?)の首相としての小泉純一郎。それが単純なポピュリズムにしか見えないのなら、そんな国にこの制度は不要だ。
    しかし、「日本政治の変貌」と銘打ったものの、実際には首相や大臣のリクルートメントやトレーニングが追いついていないことがすでに「小泉後」によって明らかになった。それをどうするか、は明確な回答がない。
    著者のように、海外でトレーニングを受けてくる、といったことが文系の学問では未だに盛んである(すでに理系は「日本で英語の論文を書く」事が出来るのだが)。まさか古代ローマのように、政治家も留学してくるのがいい、なんてね。あ、安倍氏も麻生氏も一応留学組か(笑)

  • ぶっちゃけ学校の課題で読んだ。竹下さん〜小泉さんまでの政治の移行が作者の見解を交えつつうまく説明されてる。個人的に安倍さんに対する専門家の本も読んでみたくなった。

  • 丹念に歴史を拾ってます。新書という読みやすい形式もGOOD! 政治の節操の無さが分かる一冊かも。

  • これは分かりやすいし、面白いですよ!!総選挙や総裁選やら、そういう政治のイベントに物を申したい人のうち、僕みたいにあまり物を知らない人はこれを読むべきです。簡単に言うと、小泉政権は今までとどう違っていて、どうやって確立されたのか、ということが書いてあります。彼は55年体制を意識して、2001年体制と名づけた上で、小選挙区+比例代表であること、派閥が弱くなって首相の権力が強くなったこと(公認権と政治資金配分において)、大蔵省が弱くなったこと、参議院が強くなったこと(ただし小泉が裏技を発明した)・・・あれ、あとなんだっけ?手許にないから分からん。これらは全て互いに結びついているわけです。参議院の影響力が強くなったのはどういうわけかについて知らなかったので勉強になりました。また、橋本政権が新進党のもたつきに乗じて政治改革を行ったおかげで今の小泉体制ができたって話も相当面白かったです。政策というより政局好きな僕にとってはたまりませんでした。これくらい簡単だと僕でも面白いです。

  • 現在注目される大蔵省出身の若手政治学者による、日本政治の変動を著した本。本書では1994年以降の政治の流れを見ながら、橋本行革や小泉政権を経て、強力な首相を前提とする「2001年体制」が成立したとする。小泉政権下で首相の権力が増大したのは間違いないと思われるが、今後それがどうなるかは不明である。しばしば55年体制に代わる「〜年体制」という名称を提示する本を見かけるが、少し急ぎすぎているような気がしてならない。実際に2001年体制なるものが成立したのかどうかは後の歴史が証明するもので、現時点ではなんともいえない。

全26件中 1 - 25件を表示

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)の作品紹介

細川連立政権崩壊から一〇年以上が過ぎ、日本政治は再び自民党の長期政権の様相を呈している。しかしその内実は、かつての派閥による「支配」とは全く異なる。目の前にあるのは、一九九〇年代半ばから進んだ選挙制度改革、政治資金規正法強化、行政改革などによって強大な権力を手にした首相による「支配」なのだ。一九九四年以降の改革のプロセスを丹念に追い、浮かび上がった新しい日本の「政治体制」をここに提示する。

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)のKindle版

ツイートする