シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)

  • 86人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (13)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 桜井啓子
  • 中央公論新社 (2006年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018663

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 【180冊目】シーア派研究の入門書。記述は2006年で止まっているので、アフマドメジャニ大統領の登場や、核合意、シリア・イラクにおけるISISの台頭とそれへのイランによる対処については書かれていない。また、長引く内戦とそれへの台頭、ロシアへの接近等によって国際社会からの注目を浴びることになったシリアのアサド大統領はアラウィー派とされ、これはシーア派の一派だとされている。何より、今やアラブ世界は2011年の「アラブの春」を抜きにしては語れない。そういう意味で、せっかくの2016年再版なので、この点についてアップデートしてほしかったなぁ……

    とはいえ、とても勉強になった。特に勉強になった点を簡単に3点。
    (1)シーア派とは何か、発生学的に・スンニ派との比較的で語ってくれる点:スンニ派とそんなに違うのかと常々疑問だった、だって、教科書的には第四代カリフ・アリーまでの正統性を認めるのかどうかだけが違うと書かれていて、なぜそれが現代まで尾を引くのかよく分からなかった。でも、たぶん大事な違いは、ウンマを率いる者や政治的指導者の正統性をどこに求めるのかっていうところにあるんだろう。
    (2)「イスラーム法学者による統治(ヴェラーヤテ・ファキーフ)」について:筆者が、ヴェラーヤテ・ファキーフは教義の解釈にの1つに過ぎないという点を強調している点が興味深い。1979年以降のシーア派しか知らないぼくとしては、むしろ政教分離が長いシーア派の歴史の大半だったのではないかということは意外だった。
    (3)なぜイランがあんなに嫌われているのか、1979年イラン革命後の「革命の輸出」の観点から説明。:なるほど。まぁ、ソ連時代の共産主義みたいなことですな。

    あと、シーア派に独特の宗教税(フムス=五分の一税)が、宗教的権威の独立性を保持するのを助けていたという話も大事なポイントかな!

  • イスラム世界で少数派シーア派についての概説書。
    シーア派の基礎知識をまず提供。
    1) シーア派はムハンマドの従兄弟のアリーの子孫しか指導者(イマーム)として認めない。
    2) 12代目のイマーム(868年生まれ)11代目のイマームの葬儀に現れて以来姿を消し、お隠れになっている。
    3) 3代目イマームのフサインはカルバラの戦いでウマイヤ朝との戦いに破れ、殺害された。カルバラに墓はあり、聖地となる。
    4) アリーの墓はナジャフにあり、やはり聖地。ナジャフはシーア派の教育都市だった。

    そして、中近東諸国におけるシーア派の状況について解説。

    イランが詳しい。下記のことが意外だった。

    1)イランの宗教家はホメイニ師の唱えた政教一致路線を支持しているのだと思っていた。しかし、宗教界の権威=マルジャア・アッ・タクリードの多くは政治に宗教が介入することに否定的。
    2) ホメイニ師の後継者のハメネイ師はマルジャア・アッ・タクリードではなかった。憲法上、最高指導者の就任要件はマルジャア・アッ・タクリードだったが、ハメネイ師を最高指導者にするためこの要件をはずした。
    3) 第四代大統領、第五代大統領のラフサンジャニ、ハタミーは穏健派で、いずれも対米関係の改善を目指していた。ハタミーにいたっては言論の自由を尊重しようとした。
    4) この本は2006年の記述で終わっている。現在のロウハニ大統領は穏健派、議会も穏健派が多数。イランは革命後のアメリカ大使館占拠事件や、ヒスボラやハマスの支援、さらには核開発疑惑と過激なイメージが強い。

    穏健派がかなりの勢力を持っていることとこうした外交のイメージはどう整理すればいいのか。さらに勉強してみたいと感じた。

  • シーア派の起こりを丁寧に説明しつつ、
    その後各地に分散してゆくシーア派の
    それぞれの境遇と歴史的ふるまいを説明するもの。
    こうした本はなれない専門用語が多く戸惑うことが多いが、
    丁寧に注釈が入っており置いてきぼりになることは無く好感が持てる。

    シーア派は相対的に見れば少数派であることに違いは無いが、
    長い歴史を持ち、絶対数から言えば相当な数を有している。
    決して一枚岩の団体とひとくくりにできるものではないことが分かった。

  • 時系列でシーア派の歴史が概括されている。視点はイラン/イラクのシーア派中心地にほぼ絞られている。植民地時代や冷戦期など、欧米諸国の影響とのかかわりについてはほとんど触れられていない。
    紙幅の関係上駆け足になるのは仕方がないが、第1章「シーア派成立の歴史」は、名前の羅列と王朝の変遷を追うばかりで、読み続けるのが困難。
    第2章「政治権力とシーア派」は、宗教学院に足を運んで研究した著者の面目躍如か、説明は分かりやすかった。第3章「近代国家の成立とシーア派」第5章「ポスト・ホメイニーと多極化」は、国別に歴史的出来事が紹介されているので、どの話だったのか、用語の意味はなんだったかなど、思い出すのがやっと。
    第4章「イラン・イスラーム革命と「革命の輸出」」は、イランを巡る国際関係を理解する上で大変役に立った。ただしここでも、同じ人物(特に、マルジャア・アッ=タクリートのうちの何人か)が何度も出てくるが、何にせよ馴染みのない名前なので、だれのことを話しているのか、ついていくのは困難。
    入門書としては良書だと思う。編集側でもう少し、読みやすくする努力をしてほしい。

  • シーア派がスンナ派と分かれるところから年代記的にシーア派の歴史が叙述されている。スンナ派との違いや近現代では各国におけるシーア派の置かれた状況、そしてイランにおける革命とシーア派など、全般的によくまとまっている。

    ただ、ウラマーやマルジャア・アッ=タクリードなど、上部層に偏っていて、普通の庶民と宗教の関係が弱く、庶民にとってのシーア派がどんなものなのかが分からないところが残念。

  • [ 内容 ]
    イスラーム教の二大宗派の一つだが、信者は全体の一割に過ぎないシーア派。
    しかし、イラン、イラク、レバノンなどでは多数を占め、挑発的な指導層や武装組織が力を誇示し、テロリズムの温床とさえ見られている。
    政教一致や民兵勢力といった特異な面が注目されるが、その実態とはいかなるものなのか。
    彼らの起源から、多数派のスンナ派と異なり、政治志向の強い宗教指導者が君臨するシステムを解明し、その実像を伝える。

    [ 目次 ]
    序章 台頭するシーア派
    第1章 シーア派の成立
    第2章 政治権力とシーア派
    第3章 近代国家の成立とシーア派―20世紀~
    第4章 イラン・イスラーム革命と「革命の輸出」
    第5章 ポスト・ホメイニーと多極化
    終章 シーア派の行方

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ★少数派を軸にイラン・イラクを解剖★イスラム主流派のスンニ派に対し、シーア派は少数派の代表として知られる。イスラム諸国でシーア派が大勢を占める主な国はイランとイラク。アラブでもなく(ペルシャ)、カリスマ宗教指導者がそのまま政治も支配する独自の形態を遂げた(かつ限界も生み出した)イランと、シーア派が多数にもかかわらず対イランとの関係で「シーア派=アラブでない」という構図が生まれてフセインを代表とするスンニ派が実権を握ったイラク。シーア派の成り立ちとともに、この2国を分かりやすく説明してくれる。イランもイラクも原油をきっかけとした日本企業の進出が動き出すだけに、その背景を理解するのに役立った。

    ●過去のメモの追加●フムス(5分の1税)によりバザールなどを基盤として宗教の自立がなしえた。ムジュタヒド(法解釈の有資格者)が増え、アーヤトッラー・ウズマー(大アーヤトッラー)のなかで信徒向けに「諸問題の解説」を執筆した人が最高権威「マルジャア・アッ=タクリード」というトップになる。
    イラクのバアス党は内部党争の末、ティクリート地方出身のスンナ派が権力を握る。バアス党は世俗的なアラブ民族主義を掲げ、イラク領内のスンナ派とシーア派をアラブの名の下に団結させる可能性を持ちながら、対イランの汎アラブ主義となり、シーア派をイランと一体視して、自国のシーア派に反アラブの疑いをかけ、シーア派の社内的上昇を妨げた。

  • イランの核問題やイラク情勢の悪化でしばしば耳にするイスラムの宗派「シーア派」について、その成り立ちから、「スンニ派」となんで仲が悪いのかといったあたりから現代の情勢をまとめた本。大学の講義で使われるような「教科書的」なまとめ方でちょっと退屈ではあるものの、中東情勢のお勉強するにはぴったり。あとがきにちょこっと出てくる著者の体験談あたりは別の本に期待かな。

  • イスラーム教の二大宗派の一つだが、信者は全体の一割に過ぎないシーア派。しかし、イラン、イラク、レバノンなどでは多数を占め、挑発的な指導層や武装組織が力を誇示し、テロリズムの温床とさえ見られている。政教一致や民兵勢力といった特異な面が注目されるが、イスラム教の偶像崇拝の厳格なる禁止が、シーア派には禁止事項とはならず、預言者を殉教者として崇拝し、また偶像礼拝がシーア派独特のものであり、殉教の意義が預言者崇拝とどのように重なり広まっていったかを「歴史的」にも示している。墓霊参詣もシーア派独特のものであるが、その点も取材しているところが、桜井の現代性でもある。
    「シーア派独特の儀礼
    さて、血統を重んじるシーア派にとって預言者ムハンマドの子孫は、特別な存在である。
    とくに預言者ムハンマド、娘のフアーチィマ、その夫で預言者の従弟でもあるアリー、それにこの夫婦のあいだに生まれた二人の息子ハサンとフサインの五聖人、あるいは、このあとに続くイマームたちも含めた一四聖人は、無謬で神聖な存在とみなされ、熱烈に崇拝される。
    彼らは、「お家の人びと」 (アフル・アル=バイト) つまり預言者ムハンマドの一族とも呼ばれ、歴史的存在を超越した宗教的な存在となっている。
     これほどまでに特別な存在でありながら、一二人のイマームたちの生渡は、不条理なまでに悲劇的である。預言者の血筋を引く崇高な存在であるにもかかわらず、歴代のイマームたちは、悪と不正に満ちた現世を支配する暴君たちによって迫害され、軟禁され、殉教を遂げた。なぜ聖なる人びとがこのような運命に晒されるのか。シーア派によれば、預言者ムハンマドの一族が引き受けてきた不幸と悲しみは、彼らの信仰の証であり、彼らはこの世での苦難と引き換えに、来世での安寧を約束されているのである。
     シーア派独特の儀礼
     シーア派は、前記の一四人に加え、預言者ムハンマドの孫にあたるハサンとフサインの男系子孫を、とくに「サイイド」 (「預言者の子孫」の意)と呼んで崇めてきた。サイイドにあたる人びとが社会的な成功着であるとは限らないが、預言者ムハンマドの血統を通じて、神の恵み(バラカ)を受け継いでいるとみなされ、免税や減刑の対象となり、困窮するサイイドの生活支援にフムス 「五分の一税)が使われてきた。
     氾濫するイマームの肖像画
     厳格な一神教で知られるイスラームは、偶像崇拝に対してことさらに厳しい態度をとることで知られている。アッラーはもちろんのこと預言者ムハンマドでさえも、絵画や彫像として具象化することは許されない。同様の信仰から、モスクの装飾に人物柄を用いることを禁じており、代わりに「アラベスク」と呼ばれる幾何学文様や装飾文字が発達した。こうした考え方は、スソナ派とシーア派に共通のものではあるが、シーア派はスソナ派ほど厳格ではない。
     たとえば、イランの国定教科書の挿絵では、預言者ムハンマドや歴代イマームは、具象化を避けるために、輪郭をおぼろげに描くにとどめている(一五ページの写真参照)。ところが巷では、歴代イマームの人物画、とくに初代イマーム、アリーと第三代イマーム、フサインの肖像画が氾濫している。なかには、預言者に選ばれる前のムハンマドの肖像を描いた特殊なものまである。
     肖像画のほかには、一二人のイマームや五聖人をまとめて描いたもの、カルバラーで殉教した第三代イマーム、フサインの悲劇を再現したものなどが多い。油絵や絨毯などの工芸品から路上販売のポスター、ステッカー、カードにいたるまで、その種類は実にさまざまである。
     理想の指導者アリー
     神の絶対性・唯一性を強調するイスラームにおいて、本来は神以外を崇拝することは禁じられているのだが、実際にはイマームたちは、神聖な存在として崇められてきた。その資質について一... 続きを読む

  • イスラム教に関しては少し本を読んだこともあるが、やはりこれだけ長い歴史を持った宗教なので今までにいろいろあったようだ。名前がなじみの薄いものなので分かりにくいことも多かったが色々と参考にできる。辞書形式の索引も使いやすく良いアイデアだと思う。

  •  シーア派を扱った概説書だが、後半よりイラン革命とシーア派ネットワークの関係性、革命の波及的効果、イランとシーア派の関係変化などの分析に重点が置かれる。非常におもしろかった。特におもしろかったのは以下の点。

     1)実はシーア派は後継者を巡りスンナ派から分派したが、血統に拘っていたのはシーア派だった。スンナ派ワッハービズムが原理主義思想を持っているにも関わらず、後継者の血統を重視していなかったのは意外!2)イスラム教の影響力拡大と言えば、イラン革命やホメイニをイメージし、彼らが原理主義のような影響を受けるが、現在イスラム教の内部抗争の被害者はシーア派。3)シーア派は全体の3割にしか及ばず、実は過激派のほとんどはスンナ派。4)シーア派の政教一致の考えは実はイラン以外の国では受け入れられていない。などなど。大変興味深い。

全11件中 1 - 11件を表示

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)の作品紹介

イスラーム教の二大宗派の一つだが、信者は全体の一割に過ぎないシーア派。しかし、イラン、イラク、レバノンなどでは多数を占め、挑発的な指導層や武装組織が力を誇示し、テロリズムの温床とさえ見られている。政教一致や民兵勢力といった特異な面が注目されるが、その実態とはいかなるものなのか。彼らの起源から、多数派のスンナ派と異なり、政治志向の強い宗教指導者が君臨するシステムを解明し、その実像を伝える。

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)はこんな本です

シーア派―台頭するイスラーム少数派 (中公新書)のKindle版

ツイートする