院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)

  • 88人登録
  • 3.62評価
    • (0)
    • (13)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 美川圭
  • 中央公論新社 (2006年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018670

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 院政の始まりから、治天の君の成立あたり(鎌倉末期)までの横断的な本です。

    一般的な、白河、鳥羽、後白河などなども出てくるので、比較的読みやすい本です。

  • 院政の成立から確立を中心にしながら、平安時代から南北朝時代における朝廷についての概論のようなイメージでした。

    やはり、白河~鳥羽~後白河~後鳥羽上皇が中心です。

    院政=所謂古代的な体制における最後の抵抗という旧説の払拭という感じで論じられています。

  • 院政―もうひとつの天皇制 (中公 院政、という言葉で連想するのは、多分後白河法皇であると思います。しかし、院政の真の始まりとは…?とかそんな話題からはじまって、院政という体制を分析・解説した1冊。中世の朝廷システムに興味がある方は読んで損はないかと思います。

  • 古代以来の天皇が譲位するシステムから、後三条天皇を経た院政の開始、とりわけ最盛期であった白河、鳥羽、後白河、後鳥羽天皇の院政(当該期の崇徳、二条、六条、高倉天皇も譲位している)を経緯、システム、政治史を含めて集中的に解説。今回の大河ドラマ『平清盛』の内容にかぶるので、よくわかると思う。

    院近臣たる藤原摂関家の支族が登場して名前が覚えられない・・・。摂関家は王家(皇室)と婚姻関係すら持てなくなり、藤原氏も五摂家に分裂して摂関政治は形骸化する。一方、天皇の母方ではなく、父、父方の祖父・曾祖父である治天である上皇(太政天皇)、法皇が権力をもつのが院生。

    白河-堀河-鳥羽-崇徳-近衛-後白河-二条-六条-高倉-安徳-後鳥羽

    道長-頼通-師実-師通-忠実-忠通-基実-基通-家実
                                 兼実-良経-道家
    天皇と摂関家嫡流の流れを記憶から。婚姻関係とか含めたらややこしい!!                           

    院政に権力があったのは別として、江戸時代後期まで上皇・法皇がいてたことに驚いた。昨今、天皇定年制の議論があるが、伝統と先例を生かすのであればそろそろ明治憲法から解き放荒れていいと思う。

  • [ 内容 ]
    院政とはすでに譲位した上皇(院)による執政をいう。
    平安後期には白河・鳥羽・後白河の三上皇が百年余りにわたって専権を振るい、鎌倉初期には後鳥羽上皇が幕府と対峙した。
    承久の乱の敗北後、朝廷の地位は低下したが、院政自体は、変質しながらも江戸末期まで存続する。
    退位した天皇が権力を握れたのはなぜか。
    その権力構造はどのようなものであったか。
    律令制成立期から南北朝期まで、壮大なスケールで日本政治史を活写する。

    [ 目次 ]
    第1章 摂関期までの上皇
    第2章 院政の開始
    第3章 院政の構造
    第4章 白河院政から鳥羽院政へ
    第5章 保元・平治の乱から後白河院政へ
    第6章 後白河院政と武家政権
    第7章 後鳥羽院政と承久の乱
    第8章 鎌倉後期の院政

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 『院政―もうひとつの天皇制』(美川圭、2006年、中公新書)

    本書は、平安~鎌倉時代の院政について主に述べたもの。院政とは、直系子孫に皇位を譲位した院が父権を行使して間接的に政治的権力を握る政体です。細かいところまで書いてあると思うので、歴史の復習や教養のために良いんじゃないでしょうか。

    (2010年12月18日 大学院生)

  • タイトル通りだが、知ってるつもりで良くわからなかった院政について平安から鎌倉にかけて集中的に分析している。

    何となく院政とは、摂関家から政治権力の主導権を取り戻し、自ら主導的に政治を行おうとした数人の天皇(上皇)が作り出した、ある時期に限った特異な政治システム、という認識だったので、
    ここまで長期間にわたり院政が行われ、現実政治に不可欠なシステムにまで定着していたことに驚いた。

    ただ、当時の系図は複雑怪奇で出てくる名前も似通った人物が続々登場するため、相当混乱させられる。

  • 日本史で絶対習う内容にもかかわらず、具体的にはよく知らない院政という制度について、時代とともに検証している。政治の現場が、天皇政治(内裏)から上皇政治(院御所)に移ったと思われているが、そんな単純ではないものだということがしっかりわかった。

全9件中 1 - 9件を表示

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)の作品紹介

院政とはすでに譲位した上皇(院)による執政をいう。平安後期には白河・鳥羽・後白河の三上皇が百年余りにわたって専権を振るい、鎌倉初期には後鳥羽上皇が幕府と対峙した。承久の乱の敗北後、朝廷の地位は低下したが、院政自体は、変質しながらも江戸末期まで存続する。退位した天皇が権力を握れたのはなぜか。その権力構造はどのようなものであったか。律令制成立期から南北朝期まで、壮大なスケールで日本政治史を活写する。

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)はこんな本です

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)のKindle版

ツイートする