私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)

  • 335人登録
  • 3.52評価
    • (17)
    • (32)
    • (61)
    • (6)
    • (0)
  • 50レビュー
著者 : 増田直紀
  • 中央公論新社 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018946

私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三角形の安定さ。
    つながりの先にある関係の見極め。
    現代のハブは移動性があると見ている。強固なハブを持つものが新たなハブを非連続に生み出しては消える。
    そのネットワーク状態で継続できたものが評価され、新たな社会を作るのがインターネット時代の人間関係生。
    コストの低いつながりに思う。

  • スモールワールド(6次の法則)、クラスター、スケールフリー。また今度繰り返し読む必要がある本

  • 改めて、今読むことで考察を深められるとおもう書籍。
    facebookは6次の隔たりどころか3.7次の隔たりになっている。という記事も、最近あったが、ネットワークはインターネットだけの話ではないし、むしろインターネットだけでネットワークの理論を活かし続けるのは勿体無い。リアルでのネットワークも6次の隔たりから3.7次の隔たりになるぐらいの取り組みが発生してもいいものだと思う。とは言いつつ、リアルでもそのぐらいしか隔たりがないとしたら、それはそれで困るのかなぁ〜。

  • ソーシャルキャピタルのことかと思ったらそれよりミクロな話、個人にとってのネットワークについて分かりやすく書いてある。教養としても面白い。

  • ネットワークというものがどういうものか、それに関連する概念と用語の意味は理解できるように解説している。が、知りたいことまでは到達できなかった。

  • 軽く読めて良かった。

  • ネットワーク分析の基本的な概念についてわかりやすく丁寧に書いてある本。ソーシャルワークを専門とするOYさんの紹介で購入。数式を使って定量的に評価できるようになりたいという意欲をかき立てられる。著者の哲学、というか真摯さや優しさがにじみ出ており好感を持った。対人関係や自分自身について考えだす、そういう時期の若者にも勧めたい。

  • 教養として読んでみた。
    ノードの繋がりを6連鎖まで追跡すると、大統領にも繋がるとか云々。

  • 「新ネットワーク思考」がかなり難解だったため、先にこっちを読んだ。
    スモールワールドネットワーク、スケールフリーネットワークについて、直感的に分かるよう書かれており、理解しやすかった。
    素晴らしいのは、理論だけでなく、得た知識をどのように日頃の生活に応用すれば良いかにまで言及している点。
    友達とのちょっとした会話や飲み会のネタとしても使えるかも(笑)

  • 人脈ネットワークの研究成果を一般向けにわかりやすくまとめた入門書。詳細はEvernoteの共有ノートブックを参照されたし。

全50件中 1 - 10件を表示

増田直紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)の作品紹介

人は出会い、つながる。会社や友人関係、地域社会も、個人と個人が結びつきネットワークを作ることで成り立っている。それでは私たちはどのように他人とつながっているだろうか。私たちのネットワークの上では何が起こっているだろうか。本書は、スモールワールドやスケールフリーといった最新のネットワーク科学を、毎日の生活に活かそうと提言する。

私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)のKindle版

ツイートする