農のある人生―ベランダ農園から定年帰農まで (中公新書)

  • 36人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 瀧井宏臣
  • 中央公論新社 (2007年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019028

農のある人生―ベランダ農園から定年帰農まで (中公新書)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

農のある人生―ベランダ農園から定年帰農まで (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

農のある人生―ベランダ農園から定年帰農まで (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

農のある人生―ベランダ農園から定年帰農まで (中公新書)の作品紹介

土を踏みしめ、風を頬に感じる。穫りたてのトウモロコシの甘み、キュウリのトゲの痛さを知る。人間が生きていくための最も根源的な営み、脳と体をフル回転させる高度な仕事、それが農業である。だが日本の農業の担い手は減る一方だ。いまこそ農のある暮らしを始めよう。手軽なベランダ農園や市民農園から、クラインガルテン、週末農民。さらに農を極めたい人のために半農半X、定年帰農という可能性へいざなう。

農のある人生―ベランダ農園から定年帰農まで (中公新書)はこんな本です

ツイートする