日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)

  • 756人登録
  • 3.83評価
    • (60)
    • (87)
    • (89)
    • (6)
    • (0)
  • 70レビュー
著者 : 飯尾潤
  • 中央公論新社 (2007年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019059

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 民主党政権以前に書かれた本なので現状に即していない部分もあるが,それまでの政治機構改革の流れを中立的に大きく捉えることのできる良書。積まれた新書を消化するキャンペーン⑨。

  • 憲法の本では、議院内閣制は行政と立法の共働が予定=権力が一元集中化され、機動的政策決定が可能とある。ところが、日本の現実では、議院内閣制が政策機動性のなさの要因に転化(故に、直接民主制的な大統領制への憲法改正が論点に)。こんな理念と現実の乖離が生じた理由は何?。本書は①戦前から続く国務大臣の強い行政分担管理原則(内閣法)、②統一性を欠いた各省設置法、③人事・予算獲得等で、各省庁割拠と呼ぶにふさわしく、国務大臣はこれら省庁の代弁者に過ぎぬ、その他に由来すると調理してみせる。一方、民意反映の実現如何?。
    これら議院内閣制の諸問題を、主に55年体制における国会・内閣の模様から解読して見せる(与党・政府間の政策調整、野党に花を持たせられた国会運営←国会の会期制の反映、中選挙区制など)。さらに、国会・内閣の関係に関する英米など諸外国の紹介と史的変遷を踏まえ、将来像も開陳。良書とは、鋭い問題提起、丁寧な説明と比較分析、そして未来への展望のリアリティにある。最後の点を多少甘く見れば、本書も十分高得点をつけ得る書といってよいかと。著者は政策研究大学院大学教授。2007年刊。
    議院内閣制だから政策決定の機動性が欠ける等といった稚拙な議論の良いカウンターか。大統領制をとろうと行政・立法間の捻れがあれば、政策実行の機動性が失われ、討論と妥協、再修正が必要なのは、米国オバマ政権・大阪市橋下市長を見れば明らか。

  • 議院内閣制の詳しい仕組みの理解に。

    今から目指すべきは

  • 1990年代の政治改革以前の日本政治が、官僚の力が強い官僚内閣制、各省庁の利権 を代表するような政治家・官僚がいる省庁代表制であり、自民党の一党体制が長らく続いたことにより、政権交代が起こらない特異な議院内閣制だったことについて論じた本。
    そういった中で、同じ自民党なのに、内閣と与党を巧みに使い分けて責任逃れするような体制となっていたこと、選挙で敗北したはずの野党が政策に対する影響力を持つことで利益の再配分が行われ、それが自民党の政権を長期化することに一役買っていたことなど、なるほどど思う視点満載。
    そういった中で、より実質的な議院内閣制を実現するために、1990年代以降一連の政治改革が行われ、首相の権限が強化されたことが分かった。
    ただ、この首相権限に対する民主的統制として、総選挙において、政党・首相候補・政策の3点がセットで選ばれることが望ましいことなどについて論じられていた。
    てか、現実生活にも応用出来そう。
    改めて、政治学って、面白い!
    ちなみに、文章はペダンチックです。

  • ■省庁の枠組みは人事をベースとしながら予算や組織運営手法でも,それぞれ自律性を主張する単位となる。そのため公共事業の分野別予算比率が長らく一定であったように,局ごとの予算枠や,局ごとの運営手法などを守ろうとする強い力が働く。
    ■予算に関しては,毎年,わずかな増減を付けて調整する「漸変主義的」編成が基本。
    ■予算を確保することが次へとつながるため,自らの予算を減らさず,少しでも増やすことを第一目的とする行動を生む。これは官僚制の一般的特質で,どこの国でもあること。
    ■日本の省庁では所轄権限が極めて重要な意味を持つため,いわゆる「権限争議」という,自ら所轄権限を確保しようという省庁間の争いが一層激しくなる傾向がある。
    ■こうなると仕事の中身よりも,予算枠や権限を確保することに関心が集中し,獲得した予算の使い道や権限の行使には,あまり関心がないという倒錯的な現象すら起こる。
    ■日本政府は省庁連邦国家として把握することができる。
    ■とりわけイギリス,アメリカなどの国は「後法は前法を破る」「特殊法は一般法に優先する」といった概念をもとに法令の有効性を判断して,法令相互に矛盾を気にせず,最終的には裁判による判例の蓄積で問題が解決される。日本は条文に異様なほど細かいチェックがなされ現行法令全体の整合性が保たれている。
    ■もともと中央省庁のキャリア官僚は短い期間で官職を渡り歩くため,その間に新規施策を作ることに関心を集中することが多い。言い換えれば既存の政策の管理に情熱を傾ける官僚は少ない。
    ■財政における国民負担率からすれば,日本の政府規模は先進諸国の中で,かなり低い水準にある。
    ■欧米国家は社会における市場の失敗の除去を図る「規制指向型国家」であり,日本など東アジアでは国家が「発展指向型国家」として,社会の発展を目指し,社会諸集団と協力関係に立ちながら,社会を指導していくところに特徴があるとした。(チャーマーズ・ジョンソン)
    ■イギリスなどでは,官僚が大臣など上司にあたる政治家以外の国会議員と直接接触することが禁じられている。「与党」で官僚が政策を説明するのはどこの国にもみられることではない。
    ■政官関係の3つの規範
    ・統制の規範
    ・分離の規範
    ・協働の規範

  • 良書。現在読書中ですが、書いちゃいます。

    第二次大戦中なぜあのような責任体系が不明確なまま、戦争に至ったかの1つの原因が、1885年に取り入れ明治憲法にもその存在が明記されないまま続けられた、戦前の内閣制度にある、とした点は明瞭でした。

    志向していたイギリス流の議院内閣制の基礎となる、政党内閣がその権限が非常に弱められ、本来とるべき責任の所在の取り方 ”有権者→国会議員→内閣総理大臣→大臣→官僚(任命責任は大臣にあるとする考え方)” という体系が、議院内閣制であったにもかかわらず取られなかった。
    体制上では東条英機内閣でさえも、各大臣という「指導者」の意思をも集約できず、しかし責任はあいまいなまま決断が遅れ、残された選択肢では対米開戦等の決定しか選べなかった。

    戦時中またはその前からも、どうして責任のあいまいな政治体制が続いたのか、第1章を読んだだけで目からウロコでした。昭和初期の犬養内閣が五一五事件で倒れるまで続いた、「政党内閣風」を表面上吹かせ続けてきた議院内閣制、ひいてはとことんまで議院(議会)という責任委託先に拠れなかった内閣制度というのが、とても新鮮でした。

    とはいえまだ途中なので、また読んだらアップしようーっと。完全に現時点での備忘録になってまつ。。。

  • 非常にわかりやすく勉強になった。さくっと集中読み

  • 初版は2007年、議院内閣制確立のために「政権担当政党が時により交代する事態が起こり、その期待が定着するのが最も有効である。だが、それはなかなか実現しない。」(p209)と言われた時代である。国民は、自民党内における擬似政権交代によって、劇の観客としてカタルシスを味わっていたにすぎず、民主的統制を行うことはできなかった。(p112、179)一方、小選挙区制度下の小泉政権は、従来の派閥政治を破壊し、政治と国民との距離を近づけた。特に首相選びは派閥のパワーゲームでしかなかったが、小選挙区制で初めて国民は政権選択の権利を得たのである。
    この後、マニフェストによる政権選択選挙によって民主党政権が誕生、選挙による政権交代が起きた。 残念ながら民主党政権による政治は、そのような「期待」を定着させるには至らなかった。現在でも安全保障政策における意見集約が始まったばかりで、「期待」には程遠い状況であると言える。
    一方、官邸の権限強化は大胆な「改革」を可能にした。従来は官僚内閣制下の各省庁積み上げ方式のため、機動的な政策決定が不十分であったが、柔軟な方針転換、分野横断的な政策が可能になったのである。(p178)その中で安倍政権は金融緩和、農協改革、TPP、保守信条において強力なリーダーシップを発揮している。まさに、選挙結果がダイレクトに政策に反映されるようになった。これはある意味政権選択選挙の裏返しとしての、国民の「リスク」とも言える。
    本書では衆議院選挙による政権選択選挙の実現と、内閣総理大臣(首相)の強化を説いているが(p182)、そのいずれも実現された。一方、首相の強化に見合う権力監視装置があるとは言い難い。現在民主党への根強い不信があるなか、国会にそのような機能は求められない。また、監視機能を弱めようとする政権側の動きもでてきている。政権選択選挙の担保のためにも、監視機能の充実が以前にも増して求められるだろう。

  • 312.1||Io

  • 読了。

全70件中 1 - 10件を表示

飯尾潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
遠藤 周作
三島 由紀夫
宮部 みゆき
J・モーティマー...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)に関連するまとめ

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)の作品紹介

独特の官僚内閣制のもと、政治家が大胆な指導力を発揮できず、大統領制の導入さえ主張されてきた戦後日本政治。しかし一九九〇年代以降の一連の改革は、首相に対してアメリカ大統領以上の権能を与えるなど、日本国憲法が意図した議院内閣制に変えた。本書は、議会、内閣、首相、政治家、官僚、政党など議院内閣制の基盤を通し、その歴史的・国際的比較から、日本という国家の統治システムを明らかにするものである。

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)はこんな本です

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)のKindle版

ツイートする