物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)

  • 193人登録
  • 3.49評価
    • (6)
    • (21)
    • (31)
    • (3)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 柿崎一郎
  • 中央公論新社 (2007年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019134

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・D...
三島 由紀夫
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)の感想・レビュー・書評

  • タイの子どもたちが学校で学ぶような教科書的なタイの歴史を中心に、周辺地域との関係やタイ公式の歴史への批判を加えている。
    父の転勤で中学生時代をタイで過ごし、交通に詳しい著者ならではの描写があり、また、近代以降は世界大戦での立ち回りなどがわかりやすい。タイ王室についても詳しく書かれている。

  • 新書で読めるタイの通史。
    プミポン国王が亡くなって、これからどうなっていくのだろうか…

  • 「微笑の国の真実」というサブタイトル。しかし、19世紀以降、西欧諸国が東南アジアに進出してきたあたりからの「世渡り上手な国」の実情を知ると、「ほくそ笑み」の国と呼ぶ方が相応しいように思えてくる。タイの歴史の主なポイントは次のとおり。
    1.中国の揚子江以南に出自を持つタイ族は、漢民族の居住域の拡大により南下・西進。チャオプラヤー川の流域に大ムアン(くに)を形成する。
    2.スコータイ朝(1240年頃~1438年)は、初めて現在のタイ領をほぼ支配下に置いたマンダラ型国家であった。
    3.アユタヤ朝(1438~1767年)はスコータイ朝を服属させ、位階田制を整備し中央集権化に努める一方、ビルマとの間で熾烈な攻防を繰り返す。
    4.アユタヤは港市としても繁栄し、日本人町も形成され、有能な外国人は官吏にも登用する。山田長政はその一人。
    5.トンブリ―朝(1767~82年)はバンコクを都とし、ベトナムと勢力争いを繰り返す。同朝を開いたタークシンと同じ潮州系中国人商人の活動が活性化する。
    6.ラーマ1世は、アユタヤをバンコクの地に復活させようと考え、トンブリー朝の対岸に、現在のラッタナコーシン朝(別名チャクリー朝。1782~)を築く。
    7.19世紀には英仏による周辺諸国の植民地化という状況下で、モンクット王(ラーマ4世)は1855年にイギリスと不平等条約を強制され、王室独占貿易は崩壊。領土も「割譲」された(1909年に現在の領域が確定)。一方、タイの関税収入の増加のため代表的輸出品として位置づけたのがコメ。現在もコメの輸出量では、タイは世界1・2位である。
    8.インドシナ半島の東部(ベトナム)をフランスが、西部(ビルマ)をイギリスが植民地化。両国の衝突を避けるため、1896年に英仏宣言を発表。両国はタイのチャオプラヤー川流域を「緩衝地帯」とした。このため、タイは日本と並びアジアで唯一植民地化されなかった国となる。チュラーロンコーン王(ラーマ5世)は英仏の緩衝国として独立を維持するだけでなく、積極的に上からの近代化政策=チャクリー改革を推進し、鉄道による領域統合を進めた。
    9.第一次世界大戦が勃発すると、タイは洞ヶ峠を決め込む。戦勝国となって列強との不平等条約を改正するためである。1917年4月のアメリカ参戦により、連合国側での参戦を決める。
    10.1932年の絶対君主制から立憲君主制への革命が起きる。以後、頻繁に軍事クーデタが生じる。
    11.ピブーン首相が「大タイ主義」を掲げ、国名をシャムからタイに変更。第二次世界大戦も当初は中立を決め込み、日本と不即不離の関係を保ちながら失地回復を目論む。1942年1月に枢軸国側として連合国側に宣戦布告。しかし、宣戦布告に必要な3人の摂政の内1名が不在として、1945年8月16日に宣戦布告無効宣言を行う。
    12.米国との協調により国際社会に復帰し、米輸出により復興する。
    13.1949年の中華人民共和国の成立やベトナムの共産化の中で、反共を前面に出す。親米開発独裁政権(サリット・タノーム両政権)の下、外資導入型工業化を目指し、反共の地域協力機構ASEANを結成。これらは成功の一方で徐々に格差是正・民主化運動を活発化させてしまう。
    14.2005年の総選挙に圧勝したタックシンは、世界的なグローバル化に伴う自由化、規制緩和の潮流の中、「世界の台所」「アジアのデトロイト」などのキャッチフレーズを掲げ、国際競争力を高めようとする。しかし権威主義に起因する諸問題の発生と「売夢政策」に対する国民的不信から、2006年9月に軍によるクーデタが起き、政権が崩壊する。

  • クメールが最初は大国を築いていて、タイはその後。
    スコータイ誕生。
    北部チェンマイは、タイの主軸にはならず、北部の国としてその前からある。
    スコータイをアユッタヤーが呑み込み、さらにバンコクへ。インドシナ半島全域の巨大国家。
    いつしかカンボジアのクメールは滅び、二度ほどタイを征服した強敵ビルマも後にはイギリスの属国に。東はイギリス、西は後からフランスがベトナム、ラオス、カンボジアを吸収し、植民地の時代に。フランスが押してくるが、土地はガンガン譲渡し絶対戦わない。ギリギリで英仏の緩衝地帯として残る。
    そのうち第一次世界大戦。終戦近くに参戦し、ちゃっかり戦勝国。
    その後の国内は、おもしろいほど各国と同じ流れをもつ。ナショナリズムの高揚、共産化との戦い、第二次世界大戦。
    日本軍がタイを要所として進軍するも、通す。しかし、同盟はしない。逆らえずに、、、という言い分で加担しない政策。慎重。そのため、戦後は敗戦国とはなるが軽いもので済む。
    戦後は、東南アジアの共産化に対抗する最後の砦として、西欧諸国のパートナーに。
    総じて見ると、絶対に損をしない外交ができる国と言える。軽率な決定はしないし、パートナーは戦局がもつ限り考えて慎重に決める。

  • 2016/10/13 かねてより高齢・体調不良で心配されていたプミポン国王が亡くなった。カリスマ的な国王が亡くなった事での政治的混乱が心配されていたが今のところ平静を保っている。しかし2013年から続く軍事政権の民政への移行の遅れも取りざたされている。

    というわけでタイと言えば、微笑みの国、ムエタイ、観光・遺跡、マッサージ、歓楽街、"親日"的、山田長政、日本への不法入国者などなど良くも悪くも色々なイメージが付きまとうが、ちゃんと歴史を勉強したことがなかったので、本書を手に取ってみた。

    列強の植民地時代・2回の世界大戦を乗り切った「世渡り上手」な外交は、一方的な「親日国」のイメージとは全く異なる。「失地」回復の野心(大タイ主義)と日本の野心とがあくまで合致した結果。

    またこの東南アジア地域で見るとタイは今も昔も大国・経済的先進国であり、周辺国との軋轢は日本と周辺アジアとの軋轢を想起させる。

    もう少しタイの近現代史や経済開発の歴史を読んでみたいと思った

  •  国王をはじめとするタイの王室は、タイ国民から深く敬愛されているが、これは「新しい伝統」であると言えよう。(中略)国王一家は頻繁に地方行幸を行い。国民の辛苦を見てまわった。国王自身も僻地の地域開発に大きな関心を示し、自らの博学を活かして具体的な施策を低減することもあった。この精力的な地方行幸が、国民と国王や王室との距離を縮め、国民の敬愛度を深めることになった。(中略)この「伝統」は、幼い頃から国王とともに各地を巡幸してきた皇太子や王女にも引き継がれている。現在でも夜八時からは各局とも王室関係のニュースを流しており、その日の王族の公務状況が報道されている。(pp.98-100)

     タイの第一次世界大戦への参戦は、「世渡り上手」な国タイの外交姿勢が現れた典型例である。すなわち、そこには「危ない橋は渡らない」「最小の負担で最大の利益を得る」という発想が存在した。(p.140)

     タイの首都バンコクは東南アジアでも有数のメガシティーへと成長した。バンコクを訪れる人は誰でも、多数の高層ビルが立ち並び、高速道路や都市鉄道が延びる近代都市の姿と、その狭間に残された伝統的な寺院や住居に囲まれた低層の空間のコントラストを目の当たりにするであろう。現在のバンコクは一面では東京やニューヨークなど他のメガシティーと同じ様相を持ち、伝統的な景観は徐々に薄れつつあるものの、市場や繁華街の独特の「活気」は依然として健在である。

  • タイを含めインドシナの国々へ、いつか行ってみたくて、
    その成り立ちや構造の仕組みを理解する一助とすべく。

    外国との関わり合いのなかでうまく立ち回ってきた、アジアの優等生、という著者の評価は、
    たしかにあの笑顔のタイ人たちに、とてもよく当てはまる言葉だと感じさせます。
    カンボジアやミャンマー、ラオス、マレーシアとの違いはどこにあるのか、といえば
    それらの歴史に根ざしたアイデンティティにもないことはないのかも、と思いました。

    また、先進国の中に名を連ね、近隣諸国や西欧各国との関係性を見直すべき地点に立っている、という点で、
    日本との共通点が見出せます。

  • 物語シリーズ面白い。身近なアジア諸国に行くときに読んでおきたいものね

  • タイの歴史を学ぶことはメコン流域の歴史を知ることだな、と思った。当該地域全般がよくわかる。特に、列強諸国の取扱い方(つまり外交)にたけた様子も理解した。
    鉄道等(国際)インフラについて記述も詳しい。

  • タイの通史が分かりやすくまとめられており、世渡り上手に立ち回って独立を維持してきた歴史を描いている。高校の世界史だと東南アジア史はほとんどやらないから、ありがたい一冊。タクシン政権の崩壊までしかカバーしていないが、現在の情勢を理解する一助になる。

  • タイの歴史を概観できる良書。登場人物の名前や地名がなかなか覚えられなくて読むのに苦労した。たびたびクーデターが起こり政情不安定な印象だが、それも民意の現れと見ることもできる。それぞれの国でそれぞれの歴史を踏まえてそれぞれの今がある。歴史を学ぶことは面白い。

  • タイがインドシナで先進国となったことは、タイからの人、物、金が周辺諸国に大量に流れ込むことを意味した。1960年代の日本のようなもの。
    優等生タイの出現の背景には世渡り上手なタイの姿が存在している。

  • ○この本を一言で表すと?
     タイ族国家の成立からタックシン政権崩壊までの歴史について書かれた本


    ○この本を読んで面白かった点
    ・タイの成り立ちや王国としてのあり方、クーデターやタックシン政権のことなど、ニュースでぼんやりと聞きかじったことの背景をある程度知ることができてよかったです。

    ・タイが列強進出にさらされた東南アジアで唯一独立を保った国ということを世界史や地理の教科書で昔から知っていましたが、なぜそうなったかがずっと疑問でした。その経緯をある程度知ることができてすっきりしました。

    ・ドゥヴァーラヴァティー、シュリーヴィジャヤ、真臘、クメールなど、様々な国が東南アジアで勃興し、現在のタイがある地域は周辺国として各王国に支配されているところから、タイでスコータイ朝が成立し、アユッタヤー朝がスコータイを併合して成り代わったという経緯を初めて知りました。なんとなくですが、中国の歴史より古代の日本の歴史(邪馬台国などの時代)に似ているのかなと思いました。(第1章 タイ族国家の勃興)

    ・掲載されている写真の「タイの古代の英雄=象に乗っている」というイメージは面白いなと思いました。(第1章 タイ族国家の勃興)

    ・大マンダラ・中マンダラ・小マンダラとして各国家が規模の小さなマンダラを修めていく仕組みは、「もういちど読む山川地理」で見た大きな都市圏がそれより小さな都市圏を支配下にするというクリスタルラーの中心地理論に似ているなと思いました。(第2章 マンダラ型国家の隆盛)

    ・名前だけはよく知っている山田長政がアユッタヤー朝で重用されていたこと、アユッタヤー朝は外国人でも有能なものを抜擢する文化があり、山田長政が特別だったわけではないことなどを知ることができて良かったです。(第2章 マンダラ型国家の隆盛)

    ・アユッタヤー朝が一度ビルマの属国になり、また地位を回復した後ビルマに滅ぼされ、タークシン王がトンブリー朝を築いてまたタイ族の国家を築くも一代で失脚し、現代に続くラッタナコーシン朝が継承したこと、カンボジアを支配し、ベトナムとも争っていたことなど、現代の東南アジアに繋がる国際情勢が理解できたような気がします。(第2章 マンダラ型国家の隆盛)

    ・タイがビルマの敗北で西欧諸国の強さを知り、開国することになって不平等条約を締結、という流れは、日本が清の敗北で西欧諸国の強さを知り、開国することになって不平等条約を締結、という流れと似ているなと思いました。(第3章 領域国家の形成)

    ・西からのイギリスの進出と東からのフランスの進出で領土が削られ、英仏の緩衝国という地政学的な位置にあったこと、「もういちど読む山川地理」で日本の明治維新並の改革をやり遂げたと書かれていたチュラーロンコーン王(ラーマ5世)のチャクリー改革で近代化をやり遂げたこと、第一次世界大戦で戦勝国側に立ったことなど、立ち位置も日本に似ているなと思いました。(第3章 領域国家の形成)

    ・クーデターによる立憲革命、「シャム」から「タイ」への国名変更、ピブーンによる独裁、日本の圧力による枢軸国側での第二次世界大戦への参戦、宣戦布告無効宣言による敗戦国としての立場の回避、コメの供給による国際的な立場の回復など、一つ間違えば国家として不利な立ち位置になるところをうまく回避していてすごいなと思いました。(第4章 シャムからタイへ)

    ・戦後のピブーンの復帰と失脚、クーデターによる開発独裁、プレームによる80年代の調整型政治、チャーチャーイのビュッフェ内閣(利権あさりの政治)など、かなり大きな政策や体制の変更を経てきているのだなと思いました。(第5章 国民国家の強化)

    ・1992年の軍事政権への反対運動に対する弾圧(五月の暴虐)、アジア... 続きを読む

  • そのなのとおり、タイの歴史を物語を読むが如くざっとしることができる。
    好きだけど殆ど知らなかったタイの歴史。
    スコータイ、アユタヤ、シャム。時代によってヒーローがいるところが気になった。
    近代ではあるが、外交が巧みであることに驚いた。大国とは呼べないかもしれないが、大国との付き合い方がうまい。
    また、温厚な国だと思っていたがしょっちゅうクーデーターが起きていてもはや笑える。

    うらやましいなと思ったのが下記の内容。

    農村地区は貧しいので都会や国外にでていった子供の仕送りに頼る。だけど、その子供が仕事に失敗してもそこに戻ればいい。なぜならば、米が豊かにできるので貧しいかもしれないが食べることには困らない。農村がセーフティネットになっている。

  • 「物語~の歴史」シリーズ初の東南アジア本。

    何となく「西側諸国所属の東南アジアの優等生」のようなイメージがあったタイだったが、最近のタクシン・反タクシン派の争いや、クーデタのニュースを見るにつけ、実際のところどんな国何だろう、と興味を持って読んでみた。

    読んでみると、近代以降、想像していた以上に波乱万丈の歴史を持ちながら、大国間でのバランスを保ち、一方では国民国家の確立を目指しながら、他方では経済成長も目指すという要領の良い一面が垣間見えた気がする。

    その一方で、選挙の度に頻発するクーデタと、未だ憲法すら作っては捨ててを繰り返している(!)という、優等生とは到底言えない側面にも少なからず驚かされた。

    しかし、この波乱万丈の歴史を乗り越えながら、しっかりちゃっかり成長を遂げているこの国と国民のたくましさはなかなか学ぶところが多いなとも思わされた。

    そんな感じで学ぶところが多く、期待していた以上に面白い本だと思いました。

  • 夏休みのタイ旅行を楽しむために購読。タイの歴史がよくまとめられた良著。でもタイ人の名前が全然憶えられなくて僕の理解は今ひとつ。

  • 物語、というには物足りないけど、通史は学べる。
    近代史は分かりやすいが、古代王朝は教科書的で面白くはない。残念。

  • タイの通史。インドシナ半島とのかかわりにも触れつつ、近代、現代の比重高く、帝国主義列強からの侵略危機をしのぎ、先の大戦での枢軸・連合への綱渡りを演じた様子に初めてふれることができた。クーデターによる政変は時に国際的なニュースになるが、それもまた歴史的な背景あってのことなのだと納得。

  • [ 内容 ]
    日本と同時期に近代化を歩みはじめ、東南アジアで唯一独立を守ったタイ。
    時代に翻弄されながら生き残ったタイ民族一〇〇〇年の興亡史。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ブンミおじさんの森観た。二回観た!でもまだ分からん!猿の精霊になった息子が見た「写真」さいごのほうブンミおじさんの記憶は写真とともに語られる ナマズ パラレルな世界

  • タイの歴史が、コンパクトにわかりやすくまとまっている本だと思います。
    タイに関連する歴史の概要を知るには、良い本なのではないかと思います。

  • タイの通史をざっと勉強するには好適の本だと思う。新書なので分量も適当。現在のタイの成り立ちを理解するのに役立つ。

  • 図書館で借りた。断片的にしか知らなかったタイの歴史を古代から近代まで俯瞰することができる一冊。

  • タイ人と触れ合う度に、タイ人の根底にあるモノの考え方が気になった。

    仏教への厚い信仰、マイペンライな精神・・・・・・。

    知った気になりたくないけど、なんとなく少しだけタイ人に近づけた気がする。

全27件中 1 - 25件を表示

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)を本棚に「積読」で登録しているひと

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)はこんな本です

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)のKindle版

ツイートする