ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)

  • 69人登録
  • 3.70評価
    • (6)
    • (7)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 土田宏
  • 中央公論新社 (2007年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019202

ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  •  ケネディファンの方向けの本でしょうか。amazonで高評価であったために手に取りましたが、ネットがあればどれも拾える情報ばかりで、あくびがでました・・・。

     ケネディ大統領はとても人気のある大統領で、憧れる方も多い。ケネディ大統領に関して内容が詳しく、かつ新書のように簡単に知れるのは本書ぐらいでしょう。

     ケネディ大統領のよさをぱっと新書で知りたい方にはおすすめです。特にオフラインか、調べる時間のない方向け。

     弱者や貧民に対し優しかったという評価がありますが、本当に弱者に優しいというのなら浮気・不倫・愛人を作ったりされません。愛人を持ったりもされないのです。黒人に対しては優しかったけれど、果たして女性や子どもに対して優しかった大統領なのかは疑問符です。

     甘いマスク、ハンサム、イケメンなどの評価もみましたが満たされている人間だったら家族や家庭を大事にされます、まず何より。敵を作りやすい行いも慎むようになるので首をかしげるばかりでした。

     高評価とは裏腹な女性への態度は本書を読んで少し推察できるようになったと考えます。

     女性関係の乱れは幼少期の児童虐待ともとれるようなしつけ、両親や家庭の不和、兄弟への劣等感、病気、母親や父親からの愛情不足などが彼をとても苦しめたのが一因だったかもしれません・・・。兄弟と比べられたら辛いし、親が冷たいのも苦しいね。

     自由と平等であるはずのアメリカでいまなおつづく黒人差別に真っ向から闘ったのは尊敬に値し、世界でも絶賛され続ける大統領ですが。

  • ケネディの業績だけでなく、彼の個人的な歴史、病弱な身体、出自なども取り上げられており、ケネディを知りたい人にとっては最良の一冊。ハルバースタムのベスト&ブライテストと併せて読むと良い。

  • 所在:展示架
    資料ID:10702225
    請求記号:289.3||Ts26||1920

  • 死後、神話化されてるケネディも一人の病弱で非社交的な人間だった
    しかし、貧困などの社会問題に自ら目を向け、不正を正し現状を克服していこうとした大統領としての英断は今なお評価に値する

    タイトルの通り、ケネディの神話と実像を知るには最適の一冊
    アメリカの歴史や政治、その背景などを知る上でもよかった

  • [ 内容 ]
    一九六一年、四三歳で米大統領に就任し、三年後、凶弾に倒れたジョン・F.ケネディ。名家に生まれ、海軍士官、下・上院議員として活躍し、一気に頂点に登り詰めた彼は、理想を追い求めた政治家として「神話」化されている。
    だがその一方で、家族、宗教、女性、病魔といった問題に常に苛まれていた。
    本書は、虚弱だった成長期から繙き、米ソ冷戦下、政治家としてどのように時代と対峙し、生きようとしたか、その実像を描く。

    [ 目次 ]
    第1章 「ケネディ家」の次男
    第2章 「戦争の英雄」から下院議員へ
    第3章 下院議員時代―リベラルと保守の狭間で
    第4章 上院議員時代―結婚・入院・外交
    第5章 大統領への道―予備選、ニクソンとの戦い
    第6章 大統領の一〇〇〇日
    第7章 暗殺
    終章 女性スキャンダル、病、そして遺産

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ケネディについてのレポートを書こうと思ってとりあえず手に取った。
    非常にケネディの「偉大さ」を理解するために良い本だと思う
    しかし、これだけを文献とするとケネディ大好きなレポートになりそうなので注意しようかな笑

  • その死によって過剰な神格化がされているのは事実だろうし、正直著者のケネディへの肩入れがひしひしと伝わったが、それでもやはり魅力的な大統領だと改めて思った。たとえ虚構だろうと、こうした希望の象徴となる指導者の存在は悪いことであるはずはない。と思う。

  • 12/14
    ケネディ礼賛に近い内容となっているものの、高校時代ケネディ兄弟に憧れ政治学を志した自分を思い出し、アメリカ政治への興味が再燃。

全10件中 1 - 10件を表示

ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)の作品紹介

一九六一年、四三歳で米大統領に就任し、三年後、凶弾に倒れたジョン・F.ケネディ。名家に生まれ、海軍士官、下・上院議員として活躍し、一気に頂点に登り詰めた彼は、理想を追い求めた政治家として「神話」化されている。だがその一方で、家族、宗教、女性、病魔といった問題に常に苛まれていた。本書は、虚弱だった成長期から繙き、米ソ冷戦下、政治家としてどのように時代と対峙し、生きようとしたか、その実像を描く。

ケネディ―「神話」と実像 (中公新書)のKindle版

ツイートする