サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)

  • 48人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (9)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 本川達雄
  • 中央公論新社 (2008年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019530

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 『サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系』(本川達雄、2008年、中公新書)

    エメラルドグリーンの海、色とりどりの魚。珊瑚。
    いったい珊瑚とはどのような生き物なのだろうかという基本的なことから、珊瑚と共生している他の生き物、珊瑚を取り巻く環境の変化と危機(いわゆる白化現象)まで、珊瑚にかかわる多様なトピックをわかりやすく解説されています。

    (2009年11月16日)

  • 生物種同士殺しあうのは人間だけだというけど、
    サンゴも殺すんだね!

  • 歌う生物学者本川先生の最新作。サンゴやサンゴとともに生きる生物のお話です。いろいろと発見があり、とても楽しく読んだのですが、ひょっとすると本川先生が書きたかったのは、最終章「サンゴ礁の保全」のことだったのかもしれません。現在、地球温暖化などが原因で、サンゴが生きていけない海になってきているそうです。サンゴは暖かい海に生息しているはずですが、暑すぎるのもよくないのです。その理由は本書をしっかり読んでください。そしてサンゴがいなくなると、共生しているたくさんの生き物のすみかがなくなり、生物の多様性が失われていきます。著者はぜひサンゴの海に潜るようにとうったえます。観光に行くことでも、サンゴの海を守ることになるのだといいます。また、著者は、長い間沖縄で研究生活を送った中で感じた南の発想と北の発想の違いを説きます。大量生産、大量消費、みなの生活レベルを上げる、みなが同じようであるべきだ・・・そういった北の発想。対して、当時所得は日本で最下位であったにもかかわらず、泡盛を片手にのんびり、ふわふわした生活をしている、そんな南の島々の人の発想。日本も十分に豊かになってきた。右肩上がりの先を急ぐのではなく、のんびりと南の発想で生きてみてはどうだろうか。私も大賛成です。サンゴの海にも潜ってみたいけど、ちょっとこわいんだなあ海は。何が出てくるか分からないし。

  • 続・サンゴについて知らなければいけない状況に追い込まれたので手に取りました(謎)
    サンゴ本2冊目。何故そんな状況なのは僕に会った時にでも聞いて下さい。ある目的があって読んでいるわけですが、何かヒントがあるのではないか…というしがみつくような感じです。ちなみに関連でまったく違うジャンルの本も買ってるんですが。

    本書は、多少の図はあるものの基本的に文字です。名称が沢山出てきてカタカナが多く、日本の神様とか古事記関連の本を読んでる時の感覚になりました。

    本書を読みながら宮古島でシュノケールした時のことを思い出していました。その時はサンゴが何に分類される生物なのかもしらず、あの塊?郡?の中はそんなことになってるのかーと、驚きました。

    サンゴと共生する生物についても書かれているわけですが、様々な習性の話しはけっこう面白いです。海の生物って群れをなしたりする認識はありますが、ただ泳いでるだけみたいなイメージじゃないですか。ぜんぜんそうじゃないんですよね。小さい生物もいろんな知恵をもっている。

    知人の知人がサンゴを飼ってるらしいです。飼おうとまでは思わないですが、サンゴに魅かれるのはちょっとわかった気がしました。

  • サンゴとサンゴ礁について、超!詳しくなれます。
    もっと写真があれば、中学生高校生にも興味をもってよんでもらえそう。

  • 好奇心でワクワクさせられる本です。個人的には、理系文系とわかれる前の小学生高学年あたりに読んでもらって好奇心を育てて欲しい本。

    多様性、共生についてサンゴを通じて学べます。サステイナビリティを考えるキッカケにもオススメ。

  • [ 内容 ]
    多くの生物がそこに住み、互いに助け合って生きるサンゴの森。
    エビ、ウニ、ナマコなど、さまざまな種類の生物が密接な協力関係のもとに暮らしている。
    しかし多様性と共生がキー・ワードであったサンゴ礁が、危機に瀕している。
    地球温暖化によって海水温が上昇し、共生を保てなくなったサンゴが死滅しつつあるのだ。
    本書は、生物たちの絶妙な関係を紹介し、海を守るサンゴ礁のこれからを考える「自然の教室」である。

    [ 目次 ]
    1 教えて!サンゴ礁(サンゴに関するQ&A サンゴ礁に関するQ&A)
    2 もっと!サンゴ礁(褐虫藻との共生 褐虫藻をもつさまざまな生物 サンゴの進化 サンゴを棲家とする動物たち 魚たちの共生 危機のサンゴ礁 サンゴ礁の保全)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • サンゴ礁を中心とした生態系や生物多様性の話。

  • 2010/02/22:サンゴとはどういう生物なのかサンゴ礁を取り巻く多様なそして共生しあう生態系を構築しているのか、そして現在地球温暖化や環境の変化によりどういった危機に瀕しているのかなどサンゴとサンゴ礁について幅広く解説されている本です。
    読んでいるとサンゴ礁の生態系の豊かさを見に行きたくなります。
    (もっともインドア派な上に潜れませんが…)

  • サンゴのことが良く解る!

全12件中 1 - 12件を表示

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)の作品紹介

多くの生物がそこに住み、互いに助け合って生きるサンゴの森。エビ、ウニ、ナマコなど、さまざまな種類の生物が密接な協力関係のもとに暮らしている。しかし多様性と共生がキー・ワードであったサンゴ礁が、危機に瀕している。地球温暖化によって海水温が上昇し、共生を保てなくなったサンゴが死滅しつつあるのだ。本書は、生物たちの絶妙な関係を紹介し、海を守るサンゴ礁のこれからを考える「自然の教室」である。

サンゴとサンゴ礁のはなし―南の海のふしぎな生態系 (中公新書)はこんな本です

ツイートする