日本の子どもと自尊心―自己主張をどう育むか (中公新書)

  • 86人登録
  • 3.37評価
    • (3)
    • (3)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 佐藤淑子
  • 中央公論新社 (2009年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019844

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
國分 功一郎
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の子どもと自尊心―自己主張をどう育むか (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自尊心、自己主張をほめること
    日本はめんどさい国だなぁ…
    C1236

  • 新しい知識が手に入る本。子どもだけでなく、大人にも言えてくることだと感じた。他社評価に対して、人は人と本当に割りきれない僕には、本文にあった、Who could do it ? がもの凄く良い言葉だと感じた。
    大事にしたい。
    本文の内容は、割と難しく、大学で児童心理学を習った今時期で良かったと感じた。

  • 自己主張、出来る事だけが良い事か…
    自尊心、高いだけが良い事か…
    日本の社会との兼ね合いまで考えて考察。
    データ沢山の、とっても理性的な本。

  • 素晴らしいの一言!子育て中の方、また今後子育てを予定している方には必読です。なぜ子どもが集団の中で自己主張しないか、どうすれば自己主張する可能性が広がるか...明確に回答されてます。

    佐藤先生ありがとうございます。

  • 本当におもしろい!!
    良いも悪いもなしに、日本人の意識について深く考えさせられます。
    日本文化論的なものと並行して読んでみるとなおさらおもしろいと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

日本の子どもと自尊心―自己主張をどう育むか (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の子どもと自尊心―自己主張をどう育むか (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の子どもと自尊心―自己主張をどう育むか (中公新書)の作品紹介

自分の頭で考え、はっきりと意見を言える子どもに育ってほしいというのは親の自然な願いだろう。しかし、自己主張の発達と深く結びついている「自尊心」は、謙虚さが賞賛される日本において、常に歓迎されるとは限らない。そこに矛盾があるとしたら、自己主張できる子を育てるためにはどうすればいいのか。日本人独特の自尊心を考察し、教育学の視点から、保護者の価値観の影響や、子どもの成長との関わりを明らかにする。

日本の子どもと自尊心―自己主張をどう育むか (中公新書)はこんな本です

日本の子どもと自尊心―自己主張をどう育むか (中公新書)のKindle版

ツイートする