仁王―知られざる仏像の魅力 (中公新書)

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 一坂太郎
  • 中央公論新社 (2009年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019950

仁王―知られざる仏像の魅力 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • <目次>
    はじめに
    第1章  仁王像とは何か
    第2章  北海道・東北地方
    第3章  関東地方
    第4章  中部地方
    第5章  近畿地方
    第6章  中国・四国地方
    第7章  九州・沖縄地方
    おわりに

    <内容>   
    逗子市図書館。寡聞にしてこの本の存在を知らなかったが、仁王像にしぼった廉価本は初めてではないか?有名なものは「東大寺南大門」しかないジャンルだが、寺の入り口を飾る(守る)仁王は、実はよく目にする身近な存在であることは確かだ。全国のそうした優像(こんな言葉ないか)を紹介している。著者の仏像愛がに滲み出ている本。仁王はなぜ1対なのかはよくわかっていないらしい。

  • そうか、社寺仏閣や仏像好きが高じると

全2件中 1 - 2件を表示

仁王―知られざる仏像の魅力 (中公新書)を本棚に登録しているひと

仁王―知られざる仏像の魅力 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仁王―知られざる仏像の魅力 (中公新書)の作品紹介

お寺の入口に立って拳をふりあげ、カッと睨みつける仁王。股をくぐれば子どもの病気が治り、紙つぶてにツバをつけて投げれば願いが叶うという。恐れられ、親しまれてきた仏像だが、風雨にさらされ朽ちやすいため、調査研究も進んでいない。本書は、こうした仁王像について、北海道から沖縄まで約百三十箇所を踏査した、日本ではじめての仁王ガイドである。あるいは恐ろしく、あるいはユーモラスな仁王像を写真と文で紹介。

ツイートする