大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)

  • 136人登録
  • 3.76評価
    • (5)
    • (6)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 天野郁夫
  • 中央公論新社 (2009年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020048

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の大学の設立の経緯、特に東京大学がどのような経緯で誕生し、国立と私立がどのように位置付けられていたのが良く分かる。大学論考える上では必須本だなぁ。

  • コメントは下巻にまとめて

  • 教育社会学の第一人者の手による,日本の高等教育の本格的な通史.上巻では帝国大学の誕生から講座制の導入,それらに対抗する私学の動きを追う.

  • 日本の大学がどのように成立していったか,丁寧にまとめられていて,おもしろかった。新書とはいえ,2冊で重厚な内容ではあるが,大学職員なら読んでおくべき。

  • 【推薦文】
    これはもしかして大河小説かも?!日本の大学はどのように誕生したのか、帝国大学、私立大学に続いて、東京職工学校=東京工業大学などの専門学校はどのように生まれ大学へと発展したのか、現在に連綿と続く高等教育の歴史を知る上で、お勧めの本です。

    【配架場所】
    大岡山: B1F-一般図書 377.21/A/1
    すずかけ台: 3F-一般図書 377.21/A/1

  • 東京大学が帝国大学になり、また東京帝国大学になっていった背景でなぜ変遷を辿ったのか、その中で、教育とは?大学とは?で英米仏独など各国の大学を参考にしようとした背景・・・興味深いものがあります。そして明治時代の帝国大学の士族・平民別の学生構成割合などは当たり前でしょうが、士族が多いということに改めて新鮮な印象を持ちました。そして法学校が明治・中央・法政と誕生したが、各々が米・独・仏法を専門としていたということは全く初耳で、これも面白かったです。帝国大学以外の専門学校群が大学となる経緯も今から考えると不思議な気がします。帝国大学以外では札幌農学校と東京高等商業専門学校の2つが学士資格を与えていたという歴史も面白いですし、何から何まで勉強になる本でした。著者は各大学の「○年史」を引用しており、迫力があります。

  • 和図書 377.2/A43/1
    資料ID 2011200182

  • [ 内容 ]
    日本の大学はどのような経過をたどって生まれたのだろうか。
    本書は、その黎明期のダイナミックな展開を二巻にわたって、つぶさに描くものである。
    上巻では、明治一〇年の「東京大学」の設立と一九年の帝国大学誕生の成立から説き起こす。
    その後、帝国大学が自己変革していくさまと、帝国大学に対するかのように生まれる官立・私立の専門学校の隆盛へと物語は進んでゆく。
    人と組織が織りなす、手に汗握るドラマ。

    [ 目次 ]
    プロローグ 帝国の大学
    第1章 帝国大学以前
    第2章 帝国大学の発足
    第3章 帝国大学の整備
    第4章 専門学校群像
    第5章 「私立大学」の登場

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 通常の教科書ではほんの数行で済ませる過程を長編小説のように描いた大学制度のドラマ。
    大正7年に大学令が発布され、帝国大学以外の官公私立大学の設置が認められるまでが、上巻と下巻で書かれている。

    大日本帝国の財源が乏しい中、急速に高等教育制度を奇跡的に整備できたことが、臨場感を持って味わえる。

    最初はフランス・ドイツ・アメリカの大学のいいところ取りだったそうだ。

    わが社はたどっていくと当時でいう「低度大学」か。歴史は冷酷だな。


    日本型グランゼコールというネーミングがおもしろいと思う。
    グランゼコールはもちろんフランスの制度。

  • 読みたい。

全14件中 1 - 10件を表示

天野郁夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)の作品紹介

日本の大学はどのような経過をたどって生まれたのだろうか。本書は、その黎明期のダイナミックな展開を二巻にわたって、つぶさに描くものである。上巻では、明治一〇年の「東京大学」の設立と一九年の帝国大学誕生の成立から説き起こす。その後、帝国大学が自己変革していくさまと、帝国大学に対するかのように生まれる官立・私立の専門学校の隆盛へと物語は進んでゆく。人と組織が織りなす、手に汗握るドラマ。

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)はこんな本です

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)のKindle版

ツイートする