無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 (中公新書)

  • 172人登録
  • 3.33評価
    • (6)
    • (11)
    • (32)
    • (5)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 堤清二 三浦展
  • 中央公論新社 (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020130

無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三浦さんとセゾングループ総帥だった方の対談。さくさくと読める。無印を生み出した背景とか、オルタナティブなものを目指そうとしたとか、ものすごく興味深い対談。堤さんは一昨年(2013年)に亡くなっているようなので、本当に晩年の対談だったのだなと、しみじみ。

  • 「これから、ポジティブな意味で無印な地方が再評価されるだろう。たいしたものはない、都会にあるものはない、しかしそれて暮らせる、これでいい、十分だという価値観を持った地方が再評価されるのではないか。」p.78

  • 地元の駅ビルで購入する。正直、期待はずれでした。対話が成立していないのです。両者が、一方的に持論を述べるだけです。何故、こんな対談になってしまったのでしょう。理由は簡単です。三浦さんが企画を練っていないからです。堤さんには、語るべき経験、知性があります。ただし、対談の相手がしっかりしていないと、同じことを繰り返します。また、対談相手に、無意味に迎合します。それを防ぐには、事前に、綿密なシナリオを組むことです。上野先生は、綿密なシナリオを組んで、対談に臨みました。それに対して、三浦さんはアドリブです。これでは、何も出てきません。イオンの問題は、どうも誤解があるような気がします。イオンは、商店街を滅ぼしたかもしれません。同時に、イオンがなければ、その町は滅びたでしょう。イオンすらない町に、若者は住みません。そんな気がします。

  • セゾングループの二人なのでノスタルジー対談かな?と思ったが、さまざまな未来提言を含めた読み応えのある内容であった。

  • 西武、パルコで20世紀末の消費文化を牽引した、
    提清二氏との対談。
    この人はやはり凄い。
    百貨店に代表される大量消費型のビジネスの終焉を
    冷静に眺めているような印象を受けた。
    次に来るのはもう、右肩上がりを前提としない
    静かな、しかし豊かな消費社会ではないか。

    それは日本でこそ始めやすいように思う。

    アメリカではないな、やっぱり。

  • ここのところリンク読みしているセゾン文化もの。今更ながら、堤清二という存在の「深さ」と「軽さ」に興味津々なのです。そういう意味で、本書は辻井喬名で書かれているものに比べ、自己批評性が薄く感じられました。やはり、セゾングループの総帥、堤清二とグループ企業、アクロスの編集者であった三浦展との組み合わせが、ちょっとタテの関係過ぎたのかなぁ…語られている内容はTPP問題で待ったなしになった論点の先駆けていたりして十分、刺激的なのですが、なんか全体としては、モヤッとした感じで…サブタイトルに「20世紀消費社会の終焉」とあるのですが、そう!なんか「20世紀消費社会」のお通夜で交わされる会話みたいに感じました。

  • 三浦展氏の著作は目を覆いたくなるくらい、基礎知識の不足とデータの意図的な引用が多い。

    でも、この本ではインタビュアーとして、堤氏と視点が共有されており、非常に読みやすい。

    安易な若者批判がなければ、非常に面白い本。でも、三浦展氏がそれを生業としている以上、切っても切り離せないわけで、この本でも安易な批判に逃げており、残念。

  • 色々と言われていましたが、堤清二のある一面が良く分かる本。
    消費を是とするアメリカ文化、その影響を大きく受けた世代のしがらみと、それに対するアンチテーゼ。消費を礼賛しない。ブランド信仰しない。肩の力を抜いて、「こんなもんでいいでしょう。」という生活スタイルを提案した無印。
    三浦氏言うところのファスト風土化する日本は、今後どっちに向くべきなのか。
    画一化と多様性とを対比すると、概して多様性に共感する意見が多いが、一面、多様性とはどこに居ても何でも手に入り、広がりを基本とした形態だが、そこではローカリティがどんどん希薄になっていく。反対に、ある意味排他的な画一性こそがローカリティの基礎になるのではないか。

  • 面白かった。堤を知るほどこの人の目指した戦後日本の理想を知りたくなる。セゾン崩壊以降の社会はある種の文化空洞化って感じるのは俺世代くらいで終了してると思うけど。

  • 「「あれがいい」、「これがいい」、「みんな欲しい」、という物欲主義から、「これでいい」、「これで十分だ」、という無印良品的価値観に急速に変わっていきそうな予感がします」(P11)
    「二〇万円の自転車のもたらす満足感の方が、二〇〇万円の車のもたらす「どうでもいい感」よりも、はるかにハッピーだということです」(P12)
    「先進国が新たな巨大市場を求めて民主化を進めさせようとしているだけじゃないか」(P55)
    「さまざまな市井の人々の愛着の積み重ねが、シチズンシップなんだろうと思います」(P62)
    「東京の都市構造の中に埋め込まれた階級性を無邪気に珍しがっている箇所が『東京から考える』の中にあって、唖然とします」「フィールドワークなしに日本を語っても、それは抽象化された日本にすぎないではないか」(P65)
    「日本の零細小売こそ、ヨーロッパの専門小売店ですから、そういうところにこそ、個性が息づくはずなんです」「個性の集合としてのローカリティ」(P76)
    「日本のカメラはみんな1/2000くらいまでついてるけど、これはむだなんだよ」(P94-95)
    「銀座や新宿の飲み屋で一番嫌われている男はどういう男だと思いますか。これが、日本青年会議所、JCの男」(P128)
    「日本人はGDPの割に生活満足度がすごく低い」(P132)
    「ほかの土地の暮らしを真似しなければ、地域の多様性は出ます」「じつは国民の六割ぐらいは、多様性を求めていないような気もするんです」(P149)

全27件中 1 - 10件を表示

堤清二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 (中公新書)の作品紹介

T型フォードの発売からリーマン・ショックまで一〇〇年。自動車の世紀だった二〇世紀が終わり、消費文化は大きな曲がり角を迎えている。大流通グループ「セゾン」を牽引し、無印良品を生み出した堤と、地域の文化の衰退を憂慮する三浦が、消費の未来、日本の将来を語る。「これがいい」ではなく、「これでいい」という「無印」の思想は、企業主導ではない個人主体の生き方を勧めるものである。本当の消費者主権とは何か。

無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 (中公新書)はこんな本です

無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 (中公新書)のKindle版

ツイートする