伊藤博文―知の政治家 (中公新書)

  • 219人登録
  • 3.89評価
    • (14)
    • (36)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 瀧井一博
  • 中央公論新社 (2010年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020512

伊藤博文―知の政治家 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  •  伊藤博文の国家構想や政治思想を内在的に思想史的方法をもって明らかにして、その「漸進主義」やリアリズムに一貫性を見出そうとしているが、著者の試みは失敗している。「善意の解釈」や史料根拠不明の思い込みや提灯持ち的な賞賛の文言を無視して、引用史料と事実記述だけを読めば、むしろ伊藤の状況主義的で行き当たりばったりな思考が明るみに出る。いずれにせよ、伊藤の主観的な思想や行動が、現実の政治・社会において客観的にどう機能したかがほとんど分析されておらず、歴史研究というより単なる顕彰に堕していると言ってよい。
     唯一、優れているのは、帝室制度調査局に関する部分で、ここでは著者本来の専門である法制史の知見が遺憾なく発揮されており、勉強になった。

  • 2010年刊。
    著者は国際日本文化研究センター准教授兼総合研究大学院大学准教授。

     周旋家、プラグマティスト、藩閥政治家、初代首相、韓国統監など多様に評される伊藤博文。彼の隠れた側面を、書簡・演説原稿等から紐解いていく。

     著者は「知」と捉えるが、個人的には理想主義の面に強い印象を持った。漸進主義がプラグマティストの面を際立たせるが、一方で理想主義を有していたからこそ、山県有朋のようなほの暗い面を小さくした評価になったとも解釈できよう。

     たらればでいうことはできないが、もし暗殺されなければ、戦前においも、韓国人自身による自治的統治が進んだ可能性もなしとしない。陸軍の統治下ではどうしようもなかったということはできそうだ。
     ただ、韓国統治に関して、民選の衆議院の設立と、韓国人を大臣に据えることまで伊藤が念頭に置いていた点は想定外の事実。

  • 明治元老の中で、多大な功績をあげたにも関わらず、比較的低い評価をされているように見える伊藤博文の実像を探る書。 朝鮮総督を務め、暗殺の憂き目にあったためか、正当な評価をされていない、色眼鏡をかけた研究が多い、筆者は感じており、おもに本人の言行を含む当時の一次資料を元に、伊藤の実像を分析している。松下村塾での、吉田松陰の伊藤に対する評価は必ずしも高くはなかったが、高杉新作の功山寺挙兵、英国への密航留学、語学を生かした明治新政府での対外折衝、憲法制定の主導、議会制民主主義への移行の企図等、当時の日本の近代化に多大な影響を与えたのは間違いがない。初期には早急であった改革への行動も、時流を見極めての漸進主義へと変わり、着実に近代化を成し遂げていったが、本書はその際の伊藤の言行をできる限りつぶさに広い、その意味するところを解釈し、記している。近代日本の幕開けに果たした伊藤の役割を知る上で、ぜひとも一読いただきたい書

  • 初代内閣総理大臣である伊藤博文の,生涯に渡る政治と「思想」を緻密に追った新書.本文全343頁とかなりボリューミーだが,幕末〜明治中期の政治を中心とした時代変遷をたどるには十分な分量である.

    内容は,大きく分けて以下のとおり
    渡欧・渡米での文明との出会い(~1873, M6),明治憲法制定まで(~1889, M22),立憲後(1899, M32),立憲政友会設立(1900, M33),憲法改革(1899~1907, M40),清末革命(1898, M31),韓国総監(1906~1909, M39~M42)
    明治時代の立憲政治の確立に関しては 1~3章に伊藤の考え方や,そのきっかけが描かれている.その思想とは,生涯に渡り「立憲政治」および「漸進主義」に重きをおき,国民の知の向上が文明発展のキーであると考えるような,サブタイトルの通り「知の思想家」であるといえる(*あとがき).
    そのような文明への感化や漸進主義の芽生えは,1863年の「長州ファイブ」による英国留学,そして1871年の岩倉使節団による渡米が大きく影響している.
    その後,憲法制定に向けた模索中のウィーンでのシュタインとの邂逅が,「制度の政治家」としての伊藤を決定付けている.そこでは単なる議会制度を通した民主政治のみならず,それを反映し,実際に国家へと還元するような行政の存在が,"政治"の基盤となる,と述べている.
    また,そのような行政を行うに足る人材として,"政談"で事をなすような知識人ではなく,科学技術に居した"実学"を重視するという点も,伊藤の文明観の要点の一つと言える.

    以下,漸進主義を踏まえた,君主制・民本制を両立できるような立憲制度の考え方や,政党の在り方(単なる徒党ではなく官民融和し最終的に国家に還元できるような存在),韓国総監時の「文明の伝道師」としての側面等が述べられている.

  • ○この本を一言で表すと?
     伊藤博文の考えた構想と実績について、様々な資料で裏を取って肯定的に評価した本


    ○面白かったこと・考えたこと
    ・歴史の教科書や幕末・明治に触れた本などで重要人物と扱われながら賛否両論の評価をされている伊藤博文という人物について、その実績だけでなく、どういう構想の基にどういう活動をして、どのようなことに繋がっていったのかが書かれていて、伊藤博文に対する印象が大きく変わりました。元々歴史上のキーパーソンの一人だと個人的にも捉えていましたが、「知」の方向からそう捉えることができたのは大きな収穫でした。

    ・伊藤博文の後年の談話で吉田松陰よりも長井雅楽を評価しているのは、漸進主義を自分のベースとして活躍したことを妥当だなと思いました。P.7の「伊藤の伊藤たる所以は、松陰の影響から脱却した時点から始まると言えよう」という記述も、本全体を読み終えてから振り返るとまさしくと同意できました。(第一章 文明との出会い)

    ・伊藤博文が大久保利通とともに条約改正交渉をして外国に有利な片務的な条約にするつもりだったのがバレて危うく社会的に抹殺されるところだったこと、それから仲が良かった木戸孝允との仲が一時決裂し、急進的な自己を漸進的に変えていって信頼を取り戻したというのは、自己改革としてはすごいことではないかと思いました。(第一章 文明との出会い)

    ・章末で伊藤博文が外国と日本の差に気落ちする外遊メンバーの中で外国を恐るるに足りない発言したのは日本がどう変わってきてどう変わっていくのかをある程度見通せていたからかと思いました。(第一章 文明との出会い)

    ・漸進的に立憲国家への道を進もうとしていたところに大隈重信の急進的な意見書が提出されて加速化されたこと、「立憲」ということが憲法を施行することではなく、憲法を土台とした行政の行為があってこその「憲政」が重要であるというウィーンのシュタインの考え方に出会って確信を持てたというのは、すごいタイミングでベストマッチの考え方に出会えたものだなと思いました。(第二章 立憲国家構想)

    ・憲法を作るという目標があったという話は教科書や他の同じ時代を取り扱った本でも出てきますが、最初から行政のことも考慮して国家構想をしていた伊藤博文はかなり視野が広かったと思います。シュタインの受け売りだとしてもそれを日本に適応できるように落とし込めたのは伊藤博文の「知」だと思いました。(第二章 立憲国家構想)

    ・欽定憲法として超然主義という建前を置きながら実質としては民主的な体制にしようと最初から考えていたというのは、現状とあるべき姿のギャップである「問題」を解決する問題可決する能力が卓越しているなと思いました。(第二章 立憲国家構想)

    ・「国家はなぜ崩壊するのか」という本で包括的な制度と収奪的な制度の違い、それぞれの国家の違いについて書かれていましたが、権力者のインセンティブが健全な方向に向くか自己の権益の方向に向くかの違いがあるとされていました。同様に収奪的になれる立場でありながら国家のあるべき形を構想して包括的な制度にする方向に動けた伊藤博文の人間性も凄いなと思いました。(第二章 立憲国家構想)

    ・ある機関が専横に陥らないような制度設計とその運用を目指し、不可避的な政党内閣への流れがある中で、全国で憲法についての啓発するための行脚をして、ハードとしての立憲制度とソフトとしての国民政治を備えた文明国への道を目指すという構想は壮大だなと思いました。(第三章 一八九九年の憲法行脚)

    ・国民が自分の業と政治への関わりの両方を行える、実学による国民の創出をめざし、国民が自分の業に専念することで国家の運営に資する政策知も生まれ、国民が政治に関わりを持つことでその政... 続きを読む

  • これまでの研究史を十分踏まえた上で、著者は、これまでとはまったく逆の伊藤博文評価を試みている。やや伊藤を持ち上げすぎのようにも感じたが、一次資料に依拠した非常にすぐれた分析であり、説得力があった。

    副題にもある通り、伊藤を「知の政治家」としてとらえる視点は、韓国統監としての植民地統治の場面にも一貫している。ややもすると伊藤のような政治家は、その行動面だけで変節だとか妥協だとかいう説明がされやすいのだが、あくまで思想・理念をもった人物として描ききっているところが挑戦的でもあり、久々に知的興奮をともなう読書であった。

    途中、やはり知の巨人である福澤の顔が何度もちらついたが、最後に著者は、「(伊藤が掲げる知とは「実学」であった)この点において、伊藤は福沢と通じるものがあると言えよう。とはいえ、両者は実学的知のあり方をめぐって分岐する。福沢が官と民の峻別に固執し、官を排した民間の自由な経済活動を自らの足場としたのに対し、伊藤は知を媒介として官民がつながり、ひとつの公共圏(*それがフォーラムとしての政党=政友会につながる)が形成されることを追い求めていた」とまとめることによって、見事に私の疑問に答えてくれた。

    政友会のあり方についての伊藤の考え方・立場も今までこれほど明快な解釈を読んだことがなかったので、目から鱗が落ちる思いであった。

    蛇足ながら、第4章はどこぞの政党の党首にも熟読していただきたい。

  • 2010年度・サントリー学芸賞受賞。伊藤の考えていた政友会のかたちについて頁を割かれることが多かったので興味を引きました。政友会の時代への対応が気になっていたので、創立時には何を期待されていた党だったのか知る一つの手がかりになりました。
    やや伊藤ヒイキ気味に感じる部分もありますが(※伊藤の甘さもちゃんと指摘されてはいます)これも一つの解釈として参考にしたいと思います。

  • 明治史上最も著名な人物でありながら、アカデミズムの世界では消極的な評価しか得られていない伊藤博文を、「知の政治家」と位置づけ、一貫した漸進主義者と評価する。キーワードは「文明」「立憲国家」「国民政治」である。その試みは、新書でありながらできるだけ依拠している史料を示しながら論証するという手続きも含めて、興味深いものである。

    史料が多く提示されているので、読むのにそこそこ骨が折れるが、とりわけ1907年憲法改革のところはほとんど知らなかったので勉強になった。ただここはどっちかというと有賀長雄の研究のようでもあったが・・・。

    僕は、歴史研究者が、ある人物を「低く評価する」とか「高く評価する」とかいう方法論にあまり魅力を感じない。だから、「実は伊藤は一貫した漸進主義者で、立憲国家の建設と維持にこだわっていた」という部分までは「そうだなあ」と思うが、歴史研究者の仕事というのはそこまでだと思ってしまう。

  • 伊藤博文の思想を業績に触れながら読み解く。

    何を考え何を成そうとしたかに焦点を当てて主に維新後を扱う。制度に対する考え方と漸進主義は面白い。洋行に対する見方も新鮮だった。

  • 伊藤博文による政治とその再評価をするための本。

    これまでの歴史的な評価だと伊藤ってわりと一貫性のない、フレキシブルな(っていうと聞こえがいいけど、まあ尻の座らない)政治家というイメージで語られがちですよね。
    でも作者によると実はさにあらず。
    伊藤の頭の中には、世人の計り知れない深慮遠謀があった!
    つまり、(現時点では政党政治とか無理だけど、いずれは実践していくべきだよね)とか(軍部の権限をできるだけ制御して、内閣中心の政治をおこなっていくつもりだけど、軍部と話し合いしてある程度お互いに妥協するのも大事だよね)とか・・
    漸進的で平和主義的な伊藤らしい政治のかじ取りの仕方だと思います。
    そういう伊藤の政治的スタンスや思惑を、筆者は、莫大な史料から読み解いている。

    時代時代にあわせた政治の在り方をプレゼンしていってるイメージですね☆彡
    気まぐれや適当な判断で動いてるわけではないんだね☆
    幕末の多幸症やんちゃ坊主がここまで成長するなんて・・木戸さん天国から見て泣いてるぞ俊輔☆☆彡

    それにしても腹心の伊東巳代治や、原敬からも(日記の中で)糞みそに言われたりして・・・かわいそうな伊藤博文wwでも、そこがかわいいんだけどね!

  • 中央公論から出ている『伊藤博文』読了。内容が濃くて二週間では読めなかったけれど、大変面白かった。
    外国の真似ではなく自国の歴史文化に根ざした憲法を制定したことはやはり歴代の総理大臣の中でも最強の功績だなと改めて思った。
    急進的な改革を良しとせず漸進主義を掲げていたことや、政局屋による政治を批判していたことなど、やはり元老出身の人物はあくまでリアリストであり、それが自由民権派には越えられない壁だったんだな〜など。
    昨今の議論には戦前の悪しき憲法といったイメージを付与されがちだが、この辺から辿って帝国憲法と向き合わないことには本当の意味での憲法論議は出来ないのでは、なんて思ってみたりもする。

  • 難しかった。学術論文と言って良い文書であった。伊藤博文が合理的な考え方を持った人だったことが分かった。

    初代総理大臣になるまでのところは、立身出世物語になりそうだ。

  • 伊藤博文を国家制度構築の高いビジョンを持った
    思想家として見た評伝。
    そのビジョンは極めて理想的であるが、
    残念ながらそれは日韓両国で失敗し、
    かつ現時点においても成功しているとは言い難い。

    本自体は分かりやすく書かれており
    伊藤の行動を説明づけるものとしては納得がいくもので、興味深い。
    一点あえて疑問に感じた点をあげるとすれば、
    伊藤博文ほどの人間がナショナリズムに理解が薄かったとは
    考えにくいのではないかとも思う。

  • 筆者が15年の歳月をかけた研究の集大成的な新書。伊藤博文ビギナーの自分にとってはいきなりのフルコース。伊藤博文は、ひろーい幅の(何色も色をもちうる)思想をもって、うまくその時代時代の政治家や知識人と手を結び、明治憲法制定、政友会、韓国統監と渡り歩いたのだというイメージを得た。幅がとても広いだけに節操がない、政治家としての理想がないとの評価をまま受けるそうだけれども、この本は、伊藤博文には理想がないわけでなく、その理想がひじょーに柔軟であるがゆえだということを明らかにしたものと理解した。そして、一般に言われているらしい図に乗りやすいというかお調子者みたいな人物像の一方で、この本がテーマにしているように、人一倍、いろんなことを学ぼうという努力をしている知・実学の政治家だったようだ。なんだかんだ言ってもこれだけ後世に著名な政治家、ある意味ではやっぱり成功ということになるのだとは思う。
    とくに合点がいったのは立憲政友会設立の話。それから東大の前身は、官僚育成を念頭に置いて設立されたのだということは在学中から聞いたことはあったが、数々の文献に裏打ちされて実際にそうであることが分かった。そしてここにも伊藤博文が表で噛んでいたようだった。

  •  本書では「伊藤博文」を「知の政治家」と高く評価している。
     明治の著名な政治家である「伊藤博文」については様々な評価があるが、本書はその中でもプラスに評価している最右翼の本であると思った。
     とにかく「伊藤博文」の政治活動を現在から見てもわかりやすく考察している。
     そもそも明治期の「政治情勢」はわかりにくい。「憲法」や「政党」が政治の中心にある現在から、それが存在しない当時の政治風景をみても理解しにくいのだ。
     「大隈重信」が失脚した「明治14年の政変」にしても、どのような政治主張の違いがあったのか。
     国会開設が2年後と9年後との主張の違いがなぜ国を揺るがすような争いになったのだろうかと思っていたが、本書を読んで「国家」が「憲法」を持つ意味が少しはわかるようになったような気がした。
     「伊藤博文」は「憲法」をドイツで学んだあとに日本に導入し、「議会政治」が機能するように全力を傾注したことが本書でわかるが、現在の私たちはその後継者として成果を上げているのだろうか。
     現在、「憲法」については「改正」をめぐり議論百出し膠着状態のようにも思えるし、「政党政治」は、「財政」にしろ「年金」にしろ必要な改革は延々と先送りとなっていて、どううみても「伊藤博文」が意図した「文明」や「国力の増進」が実現されているとは思えない。
     本書を読んで「憲法」や「議会政治」「政党政治」を使いこなすことはたやすいことではないと思えた。
     その視点から本書の「清末改革」「韓国統監」を読むといろいろと考えさせられる。
     本書で読む「伊藤博文」は「理念を維持しつつも柔軟な対応に終始しつつ」結果的には失敗した政治家なのではないか。
     新書にしては厚い本であるし、硬い内容だが、飽きずに最後まで興味深く読めた。
     本書は、歴史を現在から見ても理解できるように深く考察した良書であると高く評価したい。

  • 知の政治家としての伊藤博文の見直しがようやく始まったといえる一冊

  • これまで,伊藤博文といえば良いイメージの評価が少ない政治家であった。著者曰く「戦前の日本の韓国支配をシンボライズする人物」としても捉えられてきた。

    だが,著者は伊藤の演説等の詳細な分析を通じて,その思想を浮かび上がらせ,伊藤が知を媒介とした漸進的な秩序形成を試みていたとし,再評価をしている。

    特に,伊藤が韓国統治を本国の憲法改革と連動して捉えていたとの指摘は興味深かった。

  • 伊藤博文の再評価。書簡などの史料をもとに、これまで「哲学なき政略家」、「思想なき現実主義者」と思われてきた伊藤が実際にはどのような思想を持っていたのか明らかにしていく。「知の政治家」というサブタイトルには最初は違和感を持つが、読み終わると意味が分かる。新書というよりは論文に近く、手軽には読めない。私生活のことなどにはほとんど触れておらず、政治家・思想家としての伊藤のみにスポットを当てている。

  • ・伊藤博文が単に何を為したか、という事実の羅列だけでなく、彼の行動における政治思想を記されていることから、読んでいても頭の整理がつく。
    ・明治時代に、新たに政治の枠組み、制度を創る立場にある政治家として、当然のことながら自らの軸をはっきりと有していた。
    ・理想を追うだけでなく、現実、詰まり、実効性を念頭に置いてきたところが伊藤博文を大政治家とする所以だろう。
    ・先ずは行政力を高め、その為に教育を重視し、帝国大学を創設した点は、伊藤が近代日本の礎を築いたといっても過言ではない。名実共に大久保利道を志を継いだのだろう。

  • 読了。

    伊藤博文というと、よく言えば柔軟性があるのだが、理想がない節操な政治家みたいなイメージがある。

    それを180度変えてくれる内容がこの本。

    彼の立憲主義にかける情熱は同時代のどの政治家よりも熱かったことがわかる。

    特に帝室制度調査局総裁として、天皇及び皇室の国家への機関化をはかり、内閣官制によって強固な立憲政治の基礎を作ったことはもっと評価されてしかるべきだろう。

    特に本書の白眉は軍部の帷幄上奏権に対し、内閣官制において軍機軍令に関する件を内閣総理大臣の副署を必要させた件であろう。

    山縣を始めとする軍部の猛反対によって、それは譲歩を余儀なくされたが、ここに伊藤の持つ国家と立憲体制に対する冷静な見方とそれに対する危険を取り除こうという強烈な意思を感じ取ることができる。

    日本の立憲政治の確立を概観するのにもいい内容であるし、その後の軍部の暴走、政治介入の歴史を投射することもできる好著である。

  •  やっとこさ読み終える。
     最後まで疑問符だらけの本だった。
     テーマは絞られていたが、背景説明が不足でかなり読み辛い。また、日清戦争がスッポリ抜け落ち、またビヘイビアの変遷が説明されていないのはよろしいのかと。

  • 読めるところだけ読みました^^;
    世間的にはともかく、アカデミズムでも低評価なのか・・・。
    確かに伊藤はもっと評価されていい人物だと思う。

    司馬遼太郎の「世に棲む日々」を読んでいる限り、俊輔(伊藤博文)の評価は司馬遼好みのタイプではないにせよ、けして低くないと思うんだけどなあ~。

  • 「立憲制度の要諦は運用にあり、それが首尾よく行われれば国家の発展をもたらすが、そうでない場合はその解体を帰結する。」p.284

    「シュタインとの邂逅によって、伊藤は立憲体制の全体像のみならず、その制度的基盤たる行政に開眼したのだった。(中略)だが、彼がシュタインから受けた影響はそれにとどまらない。シュタインを通じて、伊藤は制度とは知によって成り立ち、知によって動かされるものという視点を得ることになる。」p.65

    感想
    序盤では伊藤が「漸進的改革」を志向した政治家だという点が強調されており、興味深かったです。

全34件中 1 - 25件を表示

伊藤博文―知の政治家 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伊藤博文―知の政治家 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伊藤博文―知の政治家 (中公新書)の作品紹介

幕末維新期、若くして英国に留学、西洋文明の洗礼を受けた伊藤博文。明治維新後は、憲法を制定し、議会を開設、初代総理大臣として近代日本の骨格を創り上げた。だがその評価は、哲学なき政略家、思想なき現実主義者、また韓国併合の推進者とされ、極めて低い。しかし事実は違う。本書は、「文明」「立憲国家」「国民政治」の三つの視角から、丹念に生涯を辿り、伊藤の隠された思想・国家構想を明らかにする。

伊藤博文―知の政治家 (中公新書)のKindle版

ツイートする