物語上野動物園の歴史 (中公新書)

  • 48人登録
  • 4.08評価
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 小宮輝之
  • 中央公論新社 (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020635

物語上野動物園の歴史 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • <閲覧スタッフより>
    明治5年から現在まで140年以上の歴史をもつ上野動物園。自称「動物コレクター」である元園長が、140年の歴史を支えた多くの動物たちを紹介。戦時中、人間の都合により処分された猛獣をはじめ、敵国動物とみなされ処分されたアメリカバイソンを含む草食動物たちの存在は、今後動物園が存在する上で決して忘れてはいけない歴史ではないでしょうか。
    --------------------------------------
    所在記号:新書||480.7||コミ
    資料番号:20096932
    --------------------------------------

  • 太宰治の御伽草子、かちかち山に出てくる井の頭の動物園がどのようなものだったのか分かる。

  • 子供の頃から何度も足を運んだ上野動物園だが、上野という繁華な街にこれだけの動物展示・飼育施設があること自体が奇跡のようなもの。上野動物園は日本の、ひいては日本人の近代史と並走している。

  • [ 内容 ]
    明治五年、湯島の展覧場にオオサンショウウオなどが展示されて以来、140年の歴史を持つ上野動物園。
    明治期には、ニホンオオカミやトキが飼われ、徳川慶喜がナポレオン三世からもらったウマも暮らしていた。
    戦中には猛獣殺害という悲劇もあったが、いまでは飼育種数では世界有数の動物園に育ち、教育・環境保全などでも重要な役割を担っている。
    園長自身が激動の歴史を、代表的な動物たちのエピソードとともに案内する。

    [ 目次 ]
    第1章 開園前後
    第2章 宮内省の動物園
    第3章 東京市の動物園に
    第4章 平和の回復
    第5章 復興から発展へ
    第6章 新たな百年、そして二一世紀へ
    第7章 上野動物園の目指すこと

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2010年10月4日購入。読書期間2010年10月4日~

  • 上野動物園の歴史について、読みやすくまとまっていて、お勧めです。

全7件中 1 - 7件を表示

物語上野動物園の歴史 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

物語上野動物園の歴史 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語上野動物園の歴史 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

物語上野動物園の歴史 (中公新書)の作品紹介

明治五年、湯島の展覧場にオオサンショウウオなどが展示されて以来、140年の歴史を持つ上野動物園。明治期には、ニホンオオカミやトキが飼われ、徳川慶喜がナポレオン三世からもらったウマも暮らしていた。戦中には猛獣殺害という悲劇もあったが、いまでは飼育種数では世界有数の動物園に育ち、教育・環境保全などでも重要な役割を担っている。園長自身が激動の歴史を、代表的な動物たちのエピソードとともに案内する。

ツイートする