物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)

  • 116人登録
  • 3.86評価
    • (4)
    • (12)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 笈川博一
  • 中央公論新社 (2010年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121020673

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 著者の笈川博一氏は、東京教育大(現・筑波大)卒業後、エルサレムにあるヘブライ大学に留学し、同地に25年在住した中東近代史の専門家である。
    私は、本年1月にエルサレムを1週間ほど一人で旅をするにあたり、この街の、長く、複雑な歴史を知るために本書を手に取り、旅にも持参した。
    エルサレムという街は、世界でも極めて特異な街である。古代の重要な街道からは外れ、標高800mの岩だらけの丘陵地に広がり、水の供給にも問題があるため、農業生産力も決して高くない。即ち、地理的にも経済的にも不利な立地条件にあり、それ故に、歴史上の大部分の時間、一国家の首都ですらない単なる地方都市に過ぎなかった。にも拘らず、21世紀の今日において、世界で最も影響のある街のひとつと考えられるのは、言うまでもなく、3宗教の聖地だからである。旧約聖書の宗教がユダヤ教に発展し、それがキリスト教を生み出したが、その2つの一神教の連鎖がエルサレムを中心にして起きたのである。また、アラビア半島で生まれたイスラム教においても、ユダヤ教、キリスト教から強いインスピレーションを受けており、精神的にエルサレムを母胎としていると考えられ、現在は第3の聖地とされている。
    本書では、そのエルサレムの3千年の歴史を、聖書の時代から解説しているが、特に、オスマン・トルコによる統治以前の記述は圧倒的に詳しく(イスラエル全般やパレスチナ問題を扱った新書も読んだが)、この街の歴史に、いかに様々な国(王朝)、人種・民族、宗教が入れ替わり立ち替わり関与してきたか、そして、それ故に現在のエルサレムがこれほど多様で複雑なのだということが理解できる。
    また、エルサレム(やマサダやベツレヘム)に残る史跡に関する歴史が詳しくわかり、旅のガイドとしても大変役に立った。
    著者は、現代のエルサレムについて、「通りを一本隔てると、そこでは言葉がちがい、文化も暮らし方も、暦すら異なる。お互いに通りの向こうを猜疑心なしには見られない。・・・ユダヤ人住民はパレスチナ人をテロリストと呼び、パレスチナ人にとってのユダヤ人は圧制者だ。・・・ありとあらゆるキリスト教の宗派がそろっており、司祭たちはそれぞれ特徴のある僧服で、別々の言葉で神を賛美する。夕方になれば、数知れぬモスクのミナレットからアッラーに祈りを捧げろとのアザーンの声が響き渡る。町全体を統一するハーモニーは存在しない」と語っており、私が実際に滞在して見聞きしたことも概ね同様であった。しかし、一方で、ユダヤ教の聖地・嘆きの壁でも、キリスト教の聖地・聖墳墓教会でも、イスラム教の聖地・神殿の丘でも、穏やかで平和な時が流れていたことは事実であり、エルサレムの人々は“平和を望む”という一点を共有することにより、過去を乗り越えようとしているのではないかとも思えたのである。
    現代世界の縮図とも言えるエルサレムを知るために、一読の価値のある一冊である。
    (2017年3月了)

  • まさしく新書にうってつけのテーマですね。
    エルサレムという一都市の歴史を神話時代から現代まで一気に綴っています。
    ページ数も300と、読み応えがあります。
    著者はイスラエルの大学に留学し、卒業後はそこで教鞭をとったほどのイスラエル通です。

    エルサレムって知っているようで、全く知らないに等しいんじゃないでしょうか。
    ガザ地区?ヨルダン川西岸?インティファーダ?ハマス?ファタハ?PLO?ゴラン高原?嘆きの壁?・・・・・
    言葉では聞いているけれど、その実態を正確に説明できる人います?

    自分が懐いた一番の疑問は、なんでエルサレムなの?です。
    三大宗教の聖地なのは何となく分かるのですが、エルサレム自体は戦略的にも経済的にも要衝じゃないんじゃないか。
    なのに、現在もその所有で血まみれの紛争を続けるのか。
    単に聖地だからでは説明が付かないだろう・・・でした。

    この本はそれらの疑問に明確に答えてくれます。

    特に現代編は、著者の実体験と重なりますので、説得力があります。

    宗教に興味のある方、歴史に興味のある方、政治に興味のある方、総ての人が読むべき良書です。

  • [その聖ゆえに]様々な宗教にとっての聖地であり、その都市の性格故に絶えず統治者が変転してきたエルサレム。一見しただけではわかりづらいこの都市の歴史を、時系列に沿って、旧約聖書の時代から現代に至るまでわかりやすく解説してくれた一冊です。著者は、ヘブライ大学で教鞭をとった経験を有する笈川博一。


    その歴史を概説するにあたっては、詰め込まなければいけない要素が大変多い都市の1つだと思うのですが、ときにコラムや筆者の滞在経験を織り込みながらの魅力的な記述になっています。宗教面や政治面にとどまらず、地理的観点や社会的側面も加味した記述になっており、ともすればイメージだけが先行してしまうこの都市に関する見方がより深くなること間違いなしです。


    本書の後半部分はイスラエルとパレスチナ間の紛争にも多くのページが割かれているため、右紛争に興味があるけど何から始めて調べれば良いかわからないという方にもオススメです。この紛争がエルサレムという都市にどのような影響を与えたかと同時に、都市の側がこの紛争にどのような特色を与えているかについても触れられており、ミクロからマクロからの多角的な視点が身につくと思います。

    〜町全体を統一するハーモニーは存在しない。〜

    本日17日、安倍総理もエルサレムに滞在する予定ですし☆5つ

  • ナオミ・シュメルの「黄金のエルサレム」はイスラエルの第2の国歌のように愛されている曲で、第3次中東戦争(67年)の際に大ヒットし、私が79年に旅行した時にも耳にして忘れられない曲です。エルサレムの歴史を語る際に絶対に登場する逸話にまでなっていますね。ダビデが首都とするまでは、守りづらく、また水利が良くないとされていた。またAD70年の滅亡後の荒廃から人口が少なくて困ったこと。メルキデゼクとツァドクが元々同じ「義」を意味する言葉であり、ダビデの時代にもユダヤ人以外が多く居住していたことを物語っているなど、意外と知らないことが多くありました。十字軍が1000年目の再臨がなかったという焦りから生まれた必然性があったとか、1523年と1665年にダビド・レウベニとシャブタイ・ツヴィという2人のユダヤ人がメシヤを自称した歴史も興味深いものがありました。エルサレムとテルアビブの保守と革新(政治的にも宗教的にも)という対比は興味深いものがあります。30年前の旅行ではパレスチナ人たちの貧しい様子が印象に残りましたが、今でもむしろその比率が高まっているなど、現在の国際政治についてもかなり詳しく言及してくれており、1冊で宗教、歴史、政治まで広く理解できる本です。ヨム・キプール戦争(73年)が、休日とはいえ、ユダヤ人はほとんどが家にいる休日だったために直ぐに招集できたことがアラブには大誤算だったということなどは実に刺激的な逸話です。

  • 旧約聖書の更に昔から現代に至る聖地「エルサレム」の歴史。長大な物語を、定点観測のように淡々と綴っている。ユダヤ教・キリスト教・イスラム教が交差する世界でも極めて特殊な場所だけに、その歴史も単純ではない。戦の度に支配者が入れ替わり、政治・宗教・経済がもみ合う中で、常に被支配者たちが翻弄されてきている。日ごろ耳にする現代のパレスチナ問題は、戦後処理の延長して語られる場合も多いが、千年単位で過去を振り返ると、いつの時代にもパレスチナ問題相当のドタバタが続いている印象を受ける。複雑なパレスチナ問題を理解できたとは思わないが、こうした問題が生まれる歴史的背景・地勢的背景がなんとなく分かった気もする。ただ、長い歴史の中で、唐突にアメリカという大国がこの地に干渉してきた理由は分からない。

  • 難しい。
    中公新書のこのシリーズは有史以来の歴史を一息に解説するもので
    もとより細かい人名や地名、年号を一読した程度で
    理解しきれるものではないのだが、
    輪をかけてこの地域の問題は複雑で難解だと感じた。

    文明と文明に挟まれた辺鄙な土地であって
    そんななかで12部族の公平な土地であったことだけが利点で
    ユダヤ教国家の中心市として選ばれたエルサレムが、
    その後キリスト教、イスラム教にとっても聖地に選ばれてゆく過程には
    「そもそも宗教って一体」という気持ちにさせられる。
    現在も続く問題の一端を知るにはよい一冊。

  • エルサレムを中心にイスラエルの通史を学べる。
    入門書的な簡単な本を読んだ後ならより良いかと思う。

    アブラハムの族長時代
    ダビデ・ソロモンの栄光時代
        :
        :
    第一次・第二次大戦
    オスロ合意
    インティファーダ

    目まぐるしく変わるエルサレム情勢を知れる。

  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教それぞれの歴史について、そしてその後の民族問題についてある程度知識のある人間にとっては、非常に興味深い一冊だと思う。予備知識がないと何の対立なのかさっぱりわからないかもしれないが、初学者に厳しいのはこの種の問題を扱う本の常であるので、致し方ない。

  • エルサレムといえば知名度の高い都市の一つである。しかし過去に遡ってみれば、街道のメインルートから外れていたり、軍事拠点とするには地形的な欠陥があったりと、合理的に考えればその時の支配者がこの都市を重要拠点としてはほとんど考えられていなかったようである。

    なぜこの都市が維持されてきたかと言えば、宗教的な情熱しかない。現代でもその神話は確実に生きているようで、なんとも気味の悪い話である。

  • エルサレムは旧約に628回、新約に142回言及されている。
    戦争に負けることは多くの場合、神の敗北と考えられた。勝った神が負けた神の属性を引き継ぐこともよくある。しかしユダヤ人の場合、神は創造の神であり、唯一神で他の神々から超絶しているはずだから、負けるのは語義矛盾。
    ギリシャ人たちはこれまで東方が知らなかった新しい考え方をもたらした。精神、肉体の療法が鍛えられるべきであるという当たり前の人間観が初めてカナンに持ち込まれた。
    エルサレムはそれまでのヨーロッパになかった新しい戦闘集団を生み出した。闘う修道士による騎士団である。
    オスマントルコはヨーロッパを追放されたユダヤ人を受け入れた。
    ユダヤ民族主義は言葉にも表れた。イディッシュ、ラディノなどのユダヤ人にしか通じない特殊な言葉を日常語とした。ヘブライ語は聖なる言葉であり、日常生活に使うべき言葉でないと考えられていた。
    ユダヤ、キリスト、イスラムが混在し、複雑に絡み合っているえっるされ無の歴史は面白い。それを凝縮している。また絶対に行きたい。

全11件中 1 - 11件を表示

物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)の作品紹介

一九八〇年代、イスラエルが占領地でユダヤ人入植を推進した際、パレスチナ人がオスマン・トルコの土地台帳を根拠に所有権を主張すると、入植者たちは旧約聖書に記された神とアブラハムの契約を示したという-。ダビデら古代の王の事績から、イスラム教徒の統治と十字軍、二回の大戦とイスラエル建国、そして戦争と和平交渉が繰り返される現代まで、聖書の記述が息づく「聖地」の複雑な来歴を、エピソード豊かに綴る。

物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)はこんな本です

物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)のKindle版

ツイートする